« ◆婚活について語るわ20代後半突入。 | Home | 営業ウーマン、涙する~春は別れの季節 »

2009/01/25

日経ヴェリタスの発刊日である日曜日、ということで、まじめに婚活話が続きます。
なぜ婚活と経済。
いえいえ、ちぃは某外資系金融機関の毎年実施している、新春経済討論会に出席など
しましたが、そこでも、少子化問題については触れていました。

婚活。
それは日本の経済を救うかもしれないのです。
余談ですが、「対策方法の掲載されていない『婚活時代』」ですが、
この書籍を取り上げる「CLASSY」「Oggi」といった、キャリア女性向け雑誌では、
「誠心」http://www.seishin.net/
「O-Net」http://onet.jp/chance/index.html
さらには、キャリア女性のバイブルともいえる日本経済新聞
朝刊15段広告でさえ、結婚相談所の広告が…!!

つまり、完全にターゲット、というわけです。
むしろ、婚活時代の回答は、「結婚相談所」にいく、ということなのでしょうか。
どうやら、まだ読めていない本のことをあれこれ書くのはどうか、と思うのですが、
この『婚活時代』にも、そのようなことが書いているようです。
結婚相談所に行くべし…。
マスコミの広告収入には大きく寄与しているような、気がしないでもないですが…。
やま★しろさんのおっしゃるように、広告の世界はとても厳しいこと、よく伺います。

嗚呼。
婚活の回答=結婚相談所=広告収入の増加=景気対策
なのでしょうか。
しょせん、この世はお金なの…??

いえいえ
ちぃは断固として伝えたい!
結婚は愛です!!!!

ご主人さまへの愛を貫いてみせましょう、と思うのですが、肝心のご主人さまに
結婚、なんて伝えられないちぃです。
(いえ、ここ、ご主人さまも読んでいるんですけれども…)

その場にいた24歳~28歳の男女の会話です。
みんな、まだまだ男女ともに夢見がちですが、それでも、
女性は出産、ということを考えるためか、男性よりも現実的です。
少なくとも、ちぃの回りの女性陣、皆さん男性なみにバリバリと働いていますが、
子どもはほしいし、結婚に夢もあこがれもある。

しり込みしているのは男性なのです。
というわけで、世の中の男性方。
覚悟をばちっときめて、自由を語るのもよいけれど、
「子どもができたらなんとかなる」の精神で、家族を持ってみては?
という意見が女性陣の総意でした。

女の子は、今多くが働いているから、自分たちでなんとかできる部分もあるのです。

ちなみに経済的に言うと、勝間和代さんなんかもおっしゃっていますが、
「人口が減っている国家に経済アナリストとして、投資をしようとは思わない」
のだそうです。
消費、生産、ともに物理的に冷え込んでいきます。
お金の節約もよいですが、使わなければ、ものは流れません。

日本から、多くのお金が流れ、弱体化していくのを指を
くわえてみていられるでしょうか。
ちぃはオタクですから、漫画、ゲーム、たしなみます。
けれど、その漫画を支えてきたのはやはり少年少女たちの夢だったと思うのです。
彼らが減っていく国で、新しい夢も希望も生まれません。

というわけで、急に愛国者のようになってしまいましたが・・・。

婚活。
するのもよいですが、まず、男性の皆皆様。
覚悟をきめて、やっぱり女の子を幸せにしてほしいなあ、と思った次第でした。
案外、女の子、逞しいですから、いざとなれば、どーんと、構えて、
悩みも受け止めてくれるとそう、思うのですけれど…。

何より、愛があれば。

2009/01/25 06:03 | 未分類 | 2 Comments

Trackback URL
Comment & Trackback

結婚したいなら自分からいえばいいのに・・・
と思ってしまうわたしは、オンナとして最後の
プライドを捨てているのでしょうか?笑

Posted at 2009.01.25 23:13:39 by yuu

基本的に結婚の決め手は女の押し、だと
聞きますが…

yuuさんがおっしゃるように、ここは女のプライド、
なのかもしれません。
最後には男にいってほしい。

もちろん、納得して結婚してほしい、
というタテマエもありますが 笑

Posted at 2009.02.1 11:19:23 by author
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>