« 新年明けましておめでとうございます(今更) | Home | ◆婚活について語るわ20代後半突入(2) »

2009/01/24

ちぃです。
さて、今はやりの言葉ですが、「婚活」。
お客様に、「婚活って知ってる?」という言葉を聴くことがこの一週間、
2度ほどありました。
ちなみに、既婚者であり、かつ30代~40代後半のオジサマに、です。

そして、先週の日曜日に久しぶりに集まった大学時代の同期との会話も、
そのようなものでありました。
そもそも、「婚活」。いったいどういう定義なのでしょう?

ちぃ自身も知らなかったのですが、ちぃの同期たち。ちょうど、「20代半ば」が
多く、そろそろ結婚…という話が増えてまいりました。
具体的にいうと、「今付き合っている彼と結婚していいの?」
という20代半ばの女性陣に、「まだ結婚なんて…」という男性陣。そんなメンバーで、話題に上った「婚活時代」…。
メンバーの女の子の一人は、おそらく名前をいえば誰もが知っている
化粧品会社勤務なのですが、この本、その女性同僚のなかで回して読んだ、と
いうのです。
メンバーは、この本を読んだことがなかったので思わず興味深々。

「で。何が書いてあったの?」「それがね…

女の子の晩婚傾向は進んでいるけれど、男の子の結婚年齢が変わってない。
だから、女の子は婚活したほうがいい。

って書いてあるんだけど

…
……
どうしたら結婚できるか、具体的な話があんまりないんだよ。」

ええ。
対策がなく、ただ、女の子に不安を与えるだけの本、ということなのでしょうか。

さて、ちなみにここに、厚生労働省大臣が出している結婚年齢の資料があります。

20090125.jpg
「人口動態統計」厚生労働省大臣官房統計情報部より抜粋

確かに、男性も女性も、結婚年齢が上がってきています。
けれど、明らかにわかることがもうひとつ。
それは、男性の結婚年齢の上昇より、女性の結婚年齢のほうが、
上向いてきているのです。
と、いうよりも。

年の差カップルが平均的には減ってきている。
身近なちぃの回り、会社、大学を見回しても、「大学の同級生」と付き合って、結婚する
パターンが増加しています。
なので、男性が覚悟を決めてくれなければ、女性だって結婚できないわけです。

その場にいた女性陣。
決して結婚願望がないわけではありません。
よくいわれる、未婚の女性の6割は彼氏がいない、という言葉を
ひっくり返してしまうほど、なんと10割彼氏持ち。

しかし。

その彼氏たち。
なかなか結婚を決意しない。

と、いうわけで…なぜ結婚に踏み切らないのか。
ということを喧々諤々と語り合ったわけです。
というよりも、その場にいた男子(うち一人は既婚で新婚でした)
を苛め抜いた、というわけです…。

(続く)

2009/01/24 09:00 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>