« 世の中を動かしているものについての洞察 | Home | ちぃ、ナイキジャパンにクレームをいう。 »

2008/11/23

11月21日。

行われた、サルサイベントに
http://www.junkstage.com/event/?p=7行ってまいりました^^

廣川さん。
エイミーさん。
リツさん。
ユウさん。
そしてJunkStageのスタッフ軍がそろいまして、夜の大塚を大暴れしました。

ちぃはサルサダンス初めてだったのですが、その日大変辛い会議があり、
何と夕方の17時から23時30分まで「数字のツメ」をさせられていました。
ちぃも営業です。
さちこさんと同じく、営業数字のツメの会議が行われ、そこで何処まで自分が達成できたか、
ということを聞かれるのです。
その日は「ばかやろう!」その他もろもろの司の怒声もプラスされ、意味があるのかわかりませんが、
わたしたち部員に恐怖を植えつけることで仕事をさせることは出来たようです。
(すべてを否定はしないけれど、恐怖は決して部下を伸ばさない、とちぃは感じます)

そんな日のサルサダンスでしたから、ちぃは本当に楽しかったです。
終わり5分に駆け込んだのですが(ご迷惑をおかけいたしました)
皆様、テキーラを片手に踊り狂っていて、ちぃはサルサのベーシックステップを学びました。

そこでもステキなオジサマとの出会い。
「サルサは8つのステップから成り立っている、さあ、やってみて」

「OKだよ!OKだ、君はきっと明日からはサルサクィーンになれる」

「なんて美しいんだ サルセーニョ」

という言葉に浸されて、ちぃはびっくりしました。
これはすべて日本語です。
お話されているのも日本人の方なのですが、そこ、大塚では、
日本はブラジルになっていました。

キス、ハグ、そしてキス。

それが普通なのでしょうか。ちぃは若干ご主人様に「遅くなります」
メールをし、それに対して「あい」という可愛いメールが返ってくるものの、
罪悪感を拭いきれなかったのですがここは日本ではない、ということで思いなおした次第です。

ちなみにそこでは男性同士の競演もありました。
ちぃは始めてみたのです。

仕事帰りの男性陣、スーツを少しゆるめに脱いで、けだるくしながら
サルサに身を酔わせ、男性同士で踊り続ける姿。
これは、これは、今からこのお二人に何かが始まる予感でしょうか。
JunkStageにも、このようなスタッフがいらっしゃるのね、とちぃは感慨に耽りました。
スタッフの方からは「スタッフ内は恋愛禁止なのよ」といわれていたのですが、
ちぃの顔に免じて

「男性同士はOKにしませんか?」

2008/11/23 08:00 | その他, 殿方の恋 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>