« インフォメーション○○○~目指せアンノ夫妻! | Home | 「パパの逆襲」に会う娘たち―ちょっとまじめに。 »

2008/09/25

「お姉さんみたいな人が好みなんやけど、どこのお店なん?」

それはある日の昼下がり。
9月23日秋分の日、ビーズの稲葉さんの記念すべきお誕生日の日(誰も聞いてない?)

ちぃは真昼間、ひとりで新宿区役所の裏通りをつっきり、
西武新○駅へと何も考えずに向かっていたのでございます。
そんなとき。
かかったお声でした。

一瞬、なんのことやらわからなかったちぃですが、さすがに四捨五入して三十路も近く
ございます。ご主人さま一筋ですからわかりません、なんてことは申し上げますまい。
そんな女が、魑魅魍魎の跋扈する大手町ではとても働くことなどできるはずもない。

しかし。
ちぃは今まで、メイド喫茶の勧誘や、原宿での写真撮影などは実は、ある程度手慣れたものとして
受け止めてきておりました。
そのようなオーラをちぃが醸し出していることは、服装、雰囲気からも明らかな時代が、当然あったのでございます。
が、その日。
確かに回りを見渡せば、「昼キャバ」。
夜の風情の男性、女性が闊歩し、さながら夜の歌舞伎町。
ですが、ちぃはその日、見るからに地味とはいわなくとも、会社にそのまま行っても問題のないような、
そこそこ「ファッション誌をそのまま着てみました」スタイルでおりました。
はっきりといえば、カーディガンにワンピース。
しかもひざ丈。

となりますと、ちぃは二点考えました。
①お姉さんみたいな人=ちぃ=ご主人さまに尽くす純粋な乙女を欲している
②日ごろからスーツを着て闊歩するようなキャリア風女性が好みで、ちぃの昼間での
コスプレならぬガラスの仮面ばりの演技が功を奏し、成りきっていたので、
キャリア風の女性にいじめられたい欲望をそそった

という二点です。
①に関しては、やはりひとりでいたとしてもちぃはご主人さまのもの。
目に見えぬ首輪がその方に見えていたということでもございましょう。
心の目で見ることこそ、その人の本物の証。本能の街歌舞伎町は只者ではない。

②に関しては、ちぃはかくありたいと思っておりますが、うまくいっているか正直不明です。

しばらく逡巡しましたのち、丁重にお断りをして帰路につきました。
さてご主人様にご報告。
それは、もちろん報告義務があるから、ということもありますが、何より、
「たとえ初老の、父よりも年上でも、男性に声かけられたってことをいいたい」
という欲望があったにほかなりません。

ご主人様に魅力ある人だと思われたかったからなのです。

しかしてご主人さまの反応は。

…

………

「で?」
無言がなんと、1分ほど続きました。ちぃには1日千秋のような気持ちです

「いえ、どう思いますか、と思ったまでです・・・」
ちぃは声がだんだん小さくなりました。
「歌舞伎町、キャバクラって昼間もやっているんだな。休日の昼間、いいかもな」

ご主人様はぶつぶつと呟かれていました。
ご主人様は確かにしっかりと聞かれていました。
ちぃの話に耳を傾けていなければ、昼キャバなど出てこない言葉です。
が。

話の中心はそこではありません。ちぃの気持ちです

それなのに。
ご主人様ときたら、他の女の子を考えているのです!しかもちぃの話をだしにして。
いつかまっすぐ、ご主人さまがやきもちを焼いてくれないかなあ。
とため息をつくちぃでした・・・


Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>