« ご主人様に深夜、甘い声で | Home | インフォメーション○○○~目指せアンノ夫妻! »

2008/09/13

本日、ちぃはご主人様と代々木公園へ。
午後からちぃはお仕事だったのですが、ご主人様がお仕事の関係で代々木公園にて
ロケハン(ロケーションセッティング準備)のため、カメラを持っていくから午前中はデート。
ついでだけどデート。
ついでのデートが出来る関係。
それは結構幸せな間柄だなあ、と安いちぃは思います。
そのために時間をとってもらう必要なんてないのです。幸せは、あくまで、
「呼吸するように」そばにいられること。
なんていうお話をしたのですが。

さて、今回ちぃはふと、ご主人様について批判的な気持ちになったのです。
なんと。

最近ご主人様は、帰りは毎日12時近く。
ちぃもかなり仕事はたてこんでおりましたが、何しろ21時過ぎると頭が働かない体質なもので、
基本的に最近は効率を考えて、また明日のことを考えて21時を過ぎて会社にいることは
ほぼありません。

よくよく話を聞くと、ご主人様、一人で23時まで残って作業をされているとのこと。
しかも、土曜日もこうしてロケハン、という作業を一人でされている。

それって、おかしなことではないでしょうか?
なぜ、ご主人様ひとりにそんなに仕事を振るのだろう?

ちぃは前回もお話しましたように、ご主人様のお勤めになっている会社に怒りを覚えました。
「ちぃはあくまで、ご主人様に飼われている身分ではございますが、
ご主人様の会社に対して、クレームを申し上げたい気分でございます」

「俺がその前にキレると思うぞ」

が。
続いてご主人様。

「俺、他のメンバー信用できない。俺より仕事できる奴なんていない気がする」

ご主人様…!
ご主人様はお仕事が出来る方。確かにそうかもしれません。
一人で生活すること、生き抜くこと、すべてにおいて確かにご主人様は人より長けているように
ちぃには見えます。
器用に物を作ることも出来る。相談すると、とても理路整然と相手を納得もさせる。
それは、客観的に見ても、確かにそのような方に見えます。
いや、客観的に見ることなど出来るわけがないのですが、ご主人様を慕う男性方も、
そのような「回転の早い人」とご主人様を評価してくださっているように見えます。

けれど、ご主人様のその発言から、ちぃは重大な欠点があるように思えました。
それは、「スタンドプレー」である、ということです。

ちぃの会社は割と人数の多い企業です。
そのため、一人で仕事をするなんていうことは、基本的にありえません。
そして、ご主人様だってきっとそうなのです。
仕事を振りさえすればいい。
そうでなければ、ご主人様がいなければまわらない組織と化してしまいます。
けれど、組織としてそれは間違っている。

「出来なくなっちゃった!」というときに、誰かにふり、業務そのものがまわりさえすれば、
会社はそれでいい。逆にいえば、責任を一人で背負う必要もない。
そのことを、ご主人様はうまく使えていないのです。

「それって、ご主人様、仕事が出来ない、ということだとちぃは思います」

ご主人様にそのように申し上げました。
すると。

「そうなんかも。だから、もうやめるよ」

仕事を

だから、ちぃ、ちゃんと働いて俺に尽くしてね。

…!!
ご主人様の思う壺。ちぃは、やはりご主人様に尽くす人生が待っているようです。


Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>