« ご主人様、ヌルヌルパラダイスに行く | Home | ご主人様に深夜、甘い声で »

2008/09/10

突然ですが…

ご主人様による、チーム801への暴言リストを並べます

※”801”=やおい。やまなし、おちなし、意味なし の略。
これは語源でしかない。現在の用いられ方は、男性同士の恋愛を書いた
コミック、ライトノベルのことをいいます。少なくともちぃはそのように
ご主人様と使用しております

エピソード1 よしながふみ先生の巻

ふらりとちぃが買ってきた『大奥』『きょう、何食べた?』『フラワーオブライフ』
『西洋骨董洋菓子店』がいたくお気に召されたご主人様。

よしながふみ先生の著作をどんどん読みたいと、ちぃに仰せになりましたので
営業先の蒲田で立ち寄ったBOO● OFFにて購入しました
『こどもの体温』『ソルフェージュ』そして『それをいったらおしまいよ』

楽しみに読まれたご主人様
すすっとちぃのそばによってきて、「801ページ目に記載されてる」
とのご発言。

それは、男性の●●を、男性が●×△されているリアルなシーン。

ご主人様は繰り返し、

「801ページに801回かかれてる」

などと、意味のわからない発言を繰り返されています。
そういって、ちぃを馬鹿にされるわけです

エピソード2 Gackt著『自白』の巻

引越しにあたり、ご主人様にちぃの持っていたものはほぼ、
明らかにされてしまいました。恥ずかしい過去、801グッズ。

そしてカバーをかけていたのに見つかったのが、Gackt氏の自伝「自白」。
そのなかで、gackt氏が最愛の男性の一人、とおっしゃっているHYDE氏(ラルクアンシエル)の
テーマについて語られておりました。
そこになんと『読み癖』がついていたのです…!

まず、この書籍を所持していたこともちぃにとっては恥ずかしいことでした。

二次元(コミック)等の話であるならばまだいい。

が、ナマモノ(※実在の人物をテーマに萌えること)で見つかってしまうことのほうが、
なぜか数倍も恥ずかしいように思われたのです。
なのに。

「なんだかこれさ、読み癖ついてるみたいなんだけど」
ささっとそのページを目の前に突きつけられてしまいました。

そこは、まさにGackt氏が「HYDEはなぜ女じゃないんだ!チクショー」
(原文ママではありません、あしからず)といっている部分。

「ごっごっご主人様…」

これ801ページ目なんだよね、といいながらご主人様は「売るべき本リスト」の中に
『自白』を載せられたのですが、ちぃはやはり捨てられず、こっそりとカバーをかけて戻しておいたのです。

が、目が覚めると、その書籍は食卓テーブルの上にさらされていました。

「今日って8月1日だっけ、あ、もうすぐ8時01分。」

ご主人様の開口一番のお言葉.

そんな折、JunkStageと入力しようとすると、イメージ検索
(Google)で出てくる書籍は「純情ロマンチカ」…
これは私が悪いのでしょうか 涙。


Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>