Home > 11月, 2009

2009/11/21

皆様。

恋愛小説って、お読みになられますか?

ちぃは、恋愛「マンガ」は本当によく読んでいたのですが、恋愛を主題にした小説は
人並みには読んでいるのですが、ちぃの絶対評価的には割合が低いと思います。
パーセントでいうと、おそらく20%程度かと思います。
どちらかというと、推理小説、エッセイ、歴史小説、と来て、恋愛小説、といったところでしょうか。

ですが。
最近、「恋愛小説」で一番ぐっとくるのはなんだろう?
と考えて、インターネット(モバイルAll A●out)で検索をさせていただきました。
恋愛小説ベスト10…。
そして、何気にちぃは、1位から10位のうち、1作品を除きすべて読んでいました(汗)
やっぱり、ちぃは妄想家。
恋愛小説も読みこんでいるのかも。

ちなみにその検索では、以下のような小説が挙げられていました。

片山恭平先生の「世界の中心で愛をさけぶ」
江国香織先生の「冷静と情熱のあいだ」
等々、あまり読書フリークではなくても知っているタイトルばかり。
そんななかで、ちぃが拝読したのは、唯一読んでいなかったもの。
辻 仁成先生の「キミトイツカ」、でした。

そもそも、なぜ急に恋愛小説を読みたくなったのか…。
それは、自分の今歩んでいる道へのゴールが見えず、カタルシスのような解放感を
小説の人物に投影させてみたくなったから、かもしれません。
20代半ばの「ちぃ」は、時々、こうして「女性」としての迷いが顔を出すわけです。

けれど、この小説。
主人公同士は、ある意味「魂の深いところ」でつながるけれど、
ハッピーエンドと呼べるかどうか。
それはわからない。

最近、ちぃはよく迷います。
結婚がある意味、恋愛のゴールとされているし、世間でもそうされているけれど、
人の生きる道にゴールなんてあるのでしょうか?
仕事をしていると、ゴールはとりあえず、小さく小さくやってくる。
けれど、人の一生はちぃが何もなければ、おそらく、80年あまり。

すごく長いトンネルに迷い込むような気もします。

恋愛小説は、そのゴールを描いてくれるのかな、とちぃはいつも期待しながら、
結局裏切られています。
誰か、ゴールのある小説。
ご紹介いただけませんか?笑
できれば、少しハッピーになるくらいで…。

2009/11/07

最近、肉食女子、とか、草食男子、とか、いろいろな言葉を聞きます。
ちぃは、いつだって「もしゃもしゃ」と穀物を食べる豚さん、という生活をしている、
とご主人さまに言われることがしきりなのですが、
驚くことに周囲の方からは(仕事、学生時代の知人など)
「肉食女子」の栄光ある評価を受けています。

そのことを、ちなみに九州にいる母はとても嘆いています。
「おしとやかな娘を育てたはず」だと…。
ちぃは、仕事をしているときは、おしとやかに生きたい、
と思っていても、男モードになってしまっているのか、はしたないまでに言葉が
男勝りになったり、椅子を足でよけたりしています…。

そして、肉食女子である、ちぃのゆえん。
それは、
今回のタイトルです。
「人を愛することを躊躇わない勇気」ということ。

この言葉、ちぃらしく、ある名作漫画のセリフからです。
総領冬実先生の中期傑作「3-THREE」。

この漫画は、音楽をテーマにティーンエイジャーの恋を描いた作品です。
主人公の理乃はアイドル予備軍なのですが、彼女はまっすぐで、
一生懸命で、何より「人を愛すること」をためらわない女の子です。
そのことを、漫画のなかで理乃に対して
「君は人を愛することをためらわない、それはすごい力だ。
だから、人は君に惹かれずにいられない」というようなことを伝えるシーンがあるのです。

ちぃは、その言葉を今でも大切に思っているのです。
誰かを一生懸命好きになったり、愛したり、
そういうことってとても勇気が必要だと思うのです。

だけど、その心を躊躇って生きるということは、ちぃにとっては「死ね」
といわれていることに等しい、そう思うことさえあるのです。
誰かを好きになって、傷ついて、そんな気持ちさえもすべて自分の得たもので、
そういう風に生きている人は、ちぃから見ても、とても魅力的に思えます。

ご主人さまは、ちぃのことを”愛してない”といつもいっておられ、
傷つくことしばしばですが(涙)
それでもご主人さまがすごくあたたかい言葉をかけてくださるとき、
ご主人さまはご主人さまの気持ちをちぃにストレートにぶつけてくださっているのが
わかります。

ストレートに気持ちを伝える勇気…。
あるときから、ちぃはそれを何よりも大切だ、と思うようになりました。

草食男子の皆様。
人を好きになって、愛している、ということを自分から伝えると、
世界が変わると思うのですが…。
いかがでしょう?