Home > 4月, 2009

2009/04/24

先日の記事を改めて読みますと、ちぃのテンション。

なんだか低い…。
握りっぺなんて、なんて、絶対ご主人様の秘密。
書いちゃいけないのに、書いちゃってるのに、なんだかとっても暗いです。

そう、ちぃは本当に今も、なのですが、あふれんばかりの仕事量に
正直完全に困惑しています。
一日外出していて、戻ってくるとメールが降り積もり、
電話には留守電だらけ、机には伝言メモ…。
だんだん、こうなってくると自分が何をしているのやら、
わからなくなってきてしまいます。

ご主人様は、なんだか、妙に優しくて、ちぃは正直、涙もろい状況です。
つらいつらい、といっていても仕方がない。
やるしかないのですが、そんなとき、ご主人様がごはんを作っていてくださったりするだけで
涙がほろりと出てきてしまうのです。

ちぃは、こういうときに読み返す漫画が2つほどあります。
心が折れそうな時、自分がますますセンチメンタルにはまるのですが、
そんなマゾヒスティックなちぃの欲望を満たしてくれるコミックです。

『彼氏彼女の事情』(11)(12)。
あくまで、11と12のみです。
アニメにもなりましたので、かなりご存じの方もいる名作だと思うのですが、
ちぃは津田先生が、この「カレカノ」を純化させたのは、この11、12だと思っています。
脇役キャラが主役になるのですが、脇役をここまで丁寧に描かれる作家さん、
珍しいですね。
ちぃは、このコミックのセリフを一言一句詠むことができます。

「G戦上ヘヴンズドア。」
これは、ご主人様と出会ったころ、ご主人様に紹介されたコミックです。
何か迷っている時、悩んでいるときに読むと、とても苦しいですが、
力をくれるコミックです。
漫画はここまでいけるんだ、と思ったほど、ちぃは強い感銘を受けました。
「嘘を作る、夢をつくることで食べるひと」はぜひ読んでほしい。
そう思う一冊です。

というわけで、G戦上ヘヴンズドアを読んでおりましたら、
乗り過ごしてしまったちぃでした。

2009/04/17

皆様。いかがお過ごしでしょうか?
少し、更新があいてしまいました。もし、ごくわずかな方でも、
このちぃの書かせていただいております、文章を好ましく思っていただく方がおりましたら、
とても嬉しく思います。

実は、未曽有の忙しさを体験し、なんと週に3回タクシー帰りとなってしまいました。
ちぃはここまで忙しいことを感じたこともなく、
自分だけがここまで仕事が遅いのか、と泣きたくなること、
いえ、実はご主人様の前では泣いたりしていたのですが、
こういうときは本当にご主人様の存在にたすけていただきました。

いつ、いかなるときでも、ご主人様はご主人様であることを変えられません。

すぐそばで、握りっぺをして、ご主人様の香りをすぐそばに置いてくださったり。
脱ぎたての靴下を顔にすりつけてくださったり。
あら。

なぜか、ご主人様のにおいネタばかりですね。
でも、これもすべて愛です。

なぜなら、ちぃが以前、ご主人様のきておられたワイシャツをはおり、
その香りが、妙に優しく感じられて幸せです。
とお伝えして以来、香りでご主人様はちぃを幸せにしてくださるのでした。

香りと匂い。
そこの言葉には、大きな違いがあります。

以下のような文章を考えてみましょう。

「ふと、彼が出かけたあと。
脱いでいったワイシャツを見て、思わず抱きしめると、
ふんわりと彼の香りが漂って、涙が出てしまう。」

ちぃは乙女なので、ご主人様の香りを感じて、包まれていたい。
部屋とワイシャツとわたし、を思い描いて幸せを感じる。
のですが。

もし、この香りが、にぎりっぺだったら。

皆様、いかがでしょうか。
そこは、きっと期待とはまったく違う展開になることでしょう。
ご主人様はすでに、30目前。
加齢臭もおありかと思いますし、何より、一日の疲れを抱えた靴下をはいているので、
熟成された納豆のようなうま味があります。

その、ご主人様。
一日のうま味を伝えてくださるべく、癒しを求めるちぃに靴下とにぎりっぺをご提供。

すてきですね。
すてきなエピソードです。
疲れにはご主人様の握りっぺ。

2009/03/31

春は別れの季節でもありますが、出会いの季節でもありますね。
ちぃは、なんとチームで入社三年目にして「最長老」になってしまいました。

ちぃのチームは、現在6人体制。
課長、ともいうのでしょうか、そういったポジションの方を筆頭に、
現場が4人、そして内勤をしてくれているお姉さまが1人います。
ちぃはなんと、今回の人事異動で、現場
最長老  になってしまったのです。

最長老って、いわれたのは、何も自分でいったわけではありません。
周りから、そういわれてしまったのです。

確かに、課長クラスの先輩も、1年前にきたばかり。
そんなわけで、ちぃは気付くと裏番長と呼ばれてしまいました。そ、そんなぁ。

でも、人事異動ってそんなものですよね。

ところで、新しくきた、5年上の先輩。
以前から知っておりましたが、それはそれは美形
ほんとうにきれいな顔立ちをされているのですが、少々今流行の草食男子
なのでしょうか、関西弁の奥様のお話をされるときは、
本当に半分おびえが入りながらも、嬉しそうに語られる。

「なんで帰ってこーへんの?」

と、奥様にいわれると、もう飲み会もそっちのけ、一目散に奥様の下へいかれます。
というより、今回新しくきた先輩諸氏。
なぜか
新婚の方が多いのです。

これは、偉大なる会社の部長にいわれたのですが、去年、本当に環境が厳しくなり、
苦しい労働環境を強いられたサラリーマンが多い中、
心くじけたサラリーマンたち

家庭に安らぎをもとめ、結婚された方が多いのだとか

結婚のきっかけは、とても落ち着いているか、とても苦しいか。
ちぃの会社は、後者が理由で結婚されるメンバーがとても多く、
現状の金融不況を示しているようです。

逆に言えば。
このチャンスを逃してしまうと、ちぃは婚期を逃しますよ、
と周りからなんだか連呼されるようになりました。
ご主人様。

「ちぃ、今会社がすごく忙しくて辛いんです」

そうお伝えしましたところ。

「たっぷり稼げ。俺のために」

そういわれてしまいました。
金融不況もなんのその。ご主人様が現在読まれているのは、
「吉原大百科」…。
泡に沈んでもいいぞ、とまでいわれてしまい、なんのことかわからなかったのですが、
指差された本は風俗求人誌。

「でもま、お前の年齢じゃ無理か」

手ひどい、厳しいお言葉。
ご主人様に最後の最後でお役立ちも出来ないようです。
できれば、不景気の間に、ご主人様とより景気のよくなるようなこと、
させていただきたいのですが…。