Home > 2月, 2009

2009/02/28

ちぃの会社は、3月1日に大きな人事異動があります。
ちょうど、今日はそうして異動される方の最終出勤日でした。

ちぃの企業は、いろいろな意味で特殊で(といっても、多くの皆さんが
きっと、自分の会社は変だ! と思っていると思いますが。)
そんななかで、外の企業から出向してきてくれていた先輩がこのたび、
出向元に戻ることになりました。

ちぃは、この一年ほど、会社でいろいろなことがありました。
ここでは書ききれないけれど、ご主人様によるデーブイなども温かく見守ってくれていた、
本当にすばらしい先輩でした。

その先輩を見ておりますと、ビジネスマンとして必要なことの必須科目、
特に上に立つ人間の必須項目について、改めて考えるようになりました。

それは、
「愛される」
ということです。

ちぃに出世欲はあまりないのですが(ご主人様第一主義、とでもいいましょうか)
上に立つな、と将来思う人たちは、どういう人か。
それは、社内で、彼自身、彼女自身はおっちょこちょいでも、
「彼のために何かをしたい!」と思える人がどれだけいるか、ということなのです。

企業にもよるかもしれませんが、ちぃの回りには、本当に何もかも
自分で解決し、秘密主義な人もいます。
けれど、そういう人よりも、たとえ部下であったとしても、
仕事をふって、任せられる人。
そういう人が、いずれは上に立つ人、つまりマネジメントができるのだ、と思います。

今回、移動される方も実は、そういう人でした。
ちぃから見ても、「おいおい 大丈夫!?」と思うことがしばしばあったのですが、
それでも彼の問題はほとんど大きなことにはなりません。
なぜなら、彼は仕事に愛を持っていて、関係する人みんなは、彼を愛していたから。

ちぃはそう思っています。
きれいごとのように思えますが、その人は本当に誰よりも働いていました。
粉骨砕身、体を壊すのではないかと思うほど。
そんな彼を見ていると、やっぱり頑張りたい。
そう涙が出るほど思いました。

そんな先輩が、出向元に帰ること。
本当にさびしくて、泣きそうになりました。
けれど、その会社に大きなつながりができた、と思うとまた楽しみも増えると思います。

その人の、ますますのご活躍をお祈りしております。
そして、拙い2年目の女の子の面倒を見てくださいまして、
この場を借りて、ではありますが。
改めて、御礼を申し上げたい、と思っています。

本当に、いい先輩にあえてよかったな。
と思います。

2009/02/22

拝啓 天沢聖司様。

お元気でいらっしゃいますでしょうか。

さて、私は1995年、もう14年前になるのでしょうか、貴方様にお会いしてから、
思い出すたびにあなたの映像を眺めては、今、ご主人様はいらっしゃるにもかかわらず、
思いをはせていました。

きっと、私だけではないでしょう… 
貴方のことを思い焦がれた日本中の女の子。

当時、私は小学生。
そして、貴方はすでに高校受験を前に、イタリアへの留学を目指していらっしゃいました。
日が昇る前に、愛する雫さんのところへ向かわれるあなた。

「雫、大好きだ!!」このセリフに心を奪われてしまった女子の皆さん。
きっと多かったことでしょう…すでに時は流れ、貴方は変わらず10代のまま。
それでも私はあなたに会いたくて、もう一度。

「耳をすませば」と検索してしまったのです。

嗚呼、カントリーロード。 この道 ふるさとへ ゆけば・・・・・・・・・・・・・
…・・・・・・・・・・・

行っても、ちぃにはこんなの、なかったなあ。
嗚呼、聖司君に会いたい。

とまあ、『耳をすませば』は、多くの腐女子、二次元の王子様を求める女子たちの
心を揺さぶってやみません。
思わず、手紙を書いてしまうほどに。

ご主人様。
そんなちぃの日曜日、youtubeを見る奇行を見ておられたようです。

一言「ヤバい」と呟かれました。
ジブリを見てたら、老けるぞ、と一言つぶやかれてどこかへ行かれてしまいました・・・。

聖司くんは、きっと女子たちの夢を背負っているのです。
ちょっと、意地悪で、イケメンで、けれど、主人公には心を開いていて、
最後はストレートに思いを伝える、夢を持った男の子。
そんな子に女の子はだれしも思いをはせるのです。

ふと、ちぃは考えました。
ご主人様はどうでしょうか。
意地悪で、ちぃには心も体もある意味全開、ストレートに物をお伝えになっています。
「腹減った」と。夢も、たぶん持っている、はず。
夢はなんですか、とお伺いすると、とりあえず

「ヌルヌルパラダイスに行きたい」。

そうか、ちぃは白馬の王子様、夢はかなったのですね。
幸せなことです・・・もったいないくらいに。

2009/02/21

さて、営業ウーマンの皆様。

オフィスで、外国人の方からお電話を受けること、ありませんか?

ちぃは、ベル●ッツにかつて行っていたにも関わらず、
お電話での英語の応対は苦手です。
かろうじて、実際にお会いすれば、身振り 手振りでなんとか
伝わること、また、日本人らしく、
受験勉強的なライティングはそこそこ得意なので、
筆談することで今までの人生、乗り切ってまいりました。

ところが・・・・
実は、ちぃの会社。
そこそこ 外国人の方からお電話がかかってきます。
そんなとき。

「Hello! Mr.●●●● Please?」

突然、お電話がかかってきたのです!
ちなみに、このお電話。部長宛でした。
部長の名前が聞き取れ、おそらく、

「●●さん、いらっしゃいますか」

といっていることはわかったのですが(それ以外に電話の意図などないので)
相手が何者であるかがよく分かりません。
というよりも、彼女はいきなり部長を呼び出したので、日本人であれば、
まず、相手の所属、名前を名乗っていただかなければなりません。

「失礼ですが」

というのが日本語の通常ですが、こういうときに思います。
なんて日本語って省略が多いのでしょう!

“would you tell me your name?”

どうにかしてこの言葉をひねり出したのですが、
そもそも、これはあっているのか、ちぃは混乱しました。
しかも。
最初に聞いた言葉が
”What’s your name?”

です。

もしかしたら、問題なかったのかもしれませんが、
ちぃはその瞬間、頭がぐるぐると回りました。中学校で学んだ英語教育。
そう、英語にも失礼な表現というのがある、と。
もしかしたら、ちぃはこの人に、

「こらぁ 名を名乗りやがれ!!」

くらいのことをいったのでは、と不安になりました。
もしかしたら、部長にとっては大変に大事なクライアントかも
しれないのに、ちぃのこの対応が大切な商談を壊したら…!!

汗がだらだらと出てきてしまい、電話の向こうで色々いう外国人の人に
とりあえず

”Thank You! Just A Moment Please”

とだけ告げ、部長に取り次ぎました。

「部長! 外国の方からお電話です!!!!」

とだけ告げて。
部長は苦笑しながら受け取られたのですが、英語は必要ですね…
しみじみ思いました。
言語の壁って本当に大きいです。
もし、英語が理紀さんのように流暢に使えたなら、こんなにちぃは
汗をかくことも、なかったのでしょうね…。

半年のベル●ッツ、もう一度チャレンジしようと思いました。

2009/02/20

ここのところ、ちぃは悩んでおりました。
さちこさんの記事にもありましたが、世の中「THE 不況」です。

営業という名前のつく職種の必要性が疑われるほど、
消費は落ち込んでいます。
当たり前なのだと思います、企業はお金がなく、赤字を埋めるために
当然ながら消費を減らしているので。

そんなとき、もちろん企業のトップ、社内のリーダーにもよるのだと思いますが
ちぃの上席の方。
残念ながら、全員がみずから、その不況を前向きに乗り切ろう、
というわけではないようです。
社内は閉塞状態、お客様の会社も、かなりの不況にあわせた人事体制を組まれているとか、
いないとか。

そんなとき、なぜか、企業というのは内にこもろうとする傾向にある気がします。
第二次世界大戦に似ているな、とちぃは思いました。
国家総動員法、大政翼賛会
名前しか覚えていませんが、一丸となって戦うために、わかりやすい仮想敵を
作ったのです。
そして国は一つになりました。

企業体という小さな集団であっても、それは同じで、一丸となるためにか、
上司たちは小さなコミュニティを作り、派閥を作っています。l
けれど、そこに意味はない。
こんな小さなコミュニティを守っても、得られる利益は小さいのに。
すごくそう感じることが多いです。

そんな気持ちで暗澹としていたところ、本日は地方に転勤する同期たちを
送別いたしました。
入社二年目、次で三年。
地方転勤がはじまる時期なのです。

全員、部署も違う。やっていることなど、ほとんど知らないような状態なのですが、
久し振りにあった同期たち。
それぞれの場所でそれぞれに、地獄を見ながらも頑張っている。
彼らと作りだすもののために、頑張ることは、まだ、この会社でやっていける。

素直にそう思えて、ちぃは送別をされるわけでもないのに
涙が出そうになりました。
同期はいいものですね。

ちぃは正直、会社のために、というのはできないのですが、
この同期たちの作ったサービス、ものを売るためにがんばる、
ということはできる気がします。
彼らも、本当に苦しいながら頑張っている。

それでも、現在将来の岐路に立っている気がして、
改めて考え直そう、と思ってはいるのですが、
逃げではないところから考えをスタートさせたい。
そう思います。

ちなみに、こんな本読みました
姜尚中『悩む力』
http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4087204448/ref=sib_dp_pt#reader-link

ちぃにとって、本当に尊敬する社会学の巨匠、
マックス・ウェーバーと、文豪 夏目漱石を事例にとって説明されています。
とても興味深く、今の自分の状況は100年前と変わらないんだな、
と思うと少し楽になりました。

2009/02/16

続くのか、わからないのですが 笑
ちぃは、ご主人様、というよりも、知人の家にいってそこの本棚を見ることが好きです。
その人の趣味、過去、のぞき見ることができるような気がしませんか?

ご主人様の書籍も、かなり多岐にあふれていらっしゃいます。
ご主人様も、ちぃとは分野が違いますが、立派なマニア でいらっしゃるので。

今回は、そんなご主人様の本棚から、ご主人様が表れている一冊をご紹介。

「シグルイ」
こちらは、秋田書店から発売されており、現在も続いております。
原作は、直木賞作家 南條範夫氏の「駿河城御前試合」という小説なのですが、
絵を描かれている山口貴由氏の脚色がかなり入っているとのことです。

内容は、二代将軍徳川秀忠の二男、徳川忠長の御前試合で、
慣例では木刀を使うにも関わらず、忠長の一存で真剣を使うことを命じられます。
そこから、凄惨な殺し合いが始まる… という、残酷物語 なのですが、
ちぃは、残念ながら 描写のあまりのリアルさに一巻も読めませんでした。

というのも、ぜひ、各書にリンクしたamazonを見ていただきたいのですが、
もし「快感フレーズ」が、少女漫画一 くさいセリフがでる漫画
だとすれば、
「シグルイ」は、日本における漫画一 「内臓が飛び出る漫画」
だとちぃは思います。

真剣の勝負を描いた漫画は、井上雄彦先生の「バカボンド」をはじめとして、
かなり多く存在していると思いますが、それでもここまでリアルに内臓ばかり書いた
漫画を他にしりません。
というよりも、筋肉、血液、内臓、腸 といった、まさに細胞が生きているような
描写力だけ、どこか作者の狂気じみた思いが感じられます。
それだけで、この一冊は買う価値があるのかもしれません。。。

ですが。

ちぃは、レバーも食べられなければ、内臓も苦手です。
この書籍、現在12冊もあるのですが、出来れば近くに置きたくない
そう実感しております…。

2009/02/14

皆様は、「自虐の詩」という書籍をご存じですか?
最近、中谷美紀と阿部寛 主演で映画にもなったので、知名度は高い と思います。

かつて、ちぃは後輩Yに、

「先輩のところって、自虐の詩みたいです!」といわれたことがありました。その頃、ちぃは自虐の詩、という漫画を知らなかったので、
「え、どういうものなの?」
と聞いたところ、

「イサオっていうすぐちゃぶ台をひっくり返す男がいて、
奥さんっていうか内縁の妻のユキエは、ひたすらイサオが好きで、
惚れてて、ちゃぶ台ひっくり返されたり、働かないでパチンコにいっても
ひたすら尽くしてるんです。
でもなんか、二人の間に愛があるっていう…

わたし泣いちゃいました!
映画にもなったんですよ!」

というわけで、彼女に猛プッシュされるので、
今更ながら、サイトを検索、調べてみました。

「自虐の詩」

映画では、元ノンノモデルで今をときめく実力派&イケメン俳優阿部寛さん。
しかし、見た目はすでに「パンチパーマ」でいかにも「ヤクザ」…
そしてご主人様もひそかに大好きな中谷美紀さんがいわくの「ユキエ」でした…。
(かつて二人で「LOFT」という黒沢清監督の映画を見に行ったこともあり、
ご主人様は試写会で生の中谷さんを見たことがあるそうです)

思わず、ちぃはご主人様にお話してしまいました。

「ご主人様、ちぃの後輩に『自虐の詩』のイサオみたいと言われてますよ!」

ご主人様。
作者 業田良家氏を知っており、自虐の詩 そのものはなかったのですが
「詩人ケン」
は自宅にありました。
手渡されながら、ご主人様。
ちぃの見ていた、映画の公式サイトにある「ちゃぶ台ひっくり返し」ゲームに
目をつけられました…!

ちゃぶ台ひっくり返しゲーム
うまくタイミングをあわせてクリック、ちゃぶ台をひっくり返すゲームなのですが・・・

20090222.jpg

ちぃは、やっぱり、というべきか…
「服従大回転」
という技しか発揮できませんでしたが、ご主人様。

なんと、ちゃぶ台が1000回まわらないといけない、
もっとも強い技である「イサオの愛」という技をお出しになりました…!!

画面キャプチャが取れないことが残念ですが。

これもご主人様の愛なのかと思い、とても嬉しいちぃです。
白馬の王子様はパンチパーマでした
というポスターが、たくさん実施すると出てくるのですが。
ちぃの王子様は今のところ、パンチパーマではありません。

だんだん、苦労されて減ってきてしまった髪を気にされ、
「サクセス 育毛トニック」を買ってこられておりますが…。

2009/02/09

続々とこの金融不安のなか、決算短信が報告されております。
耳慣れない方も多いと思うので、たまには真面目に経済のお話。

といっても、ちぃも経理担当ではないこともあり、そこまで細かい情報は理解できていないのですが
以下のように理解しています。

株式等の取扱いなどを行う方にとって、
特に大きなものとしては、決算情報には、おもに以下の二種類があります。
・決算公告…会社法が定める、法定情報開示
・決算短信…証券取引所(民間組織)が、取引所に上場する企業に対し、求める情報開示

つまり、後者は上場していなければ極端な話不要。
現在続々と出ている決算短信は、「平成21年3月期 第3四半期」の決算です。
おもに、企業の平成20年4月~12月までの成績を出しています。

この成績が現在、どこの企業も世界同時不況の影響か、
あまりよくない、ということでかなり話題です。
コンビニエンスストア業界、食品メーカーなどはかなりよい成績をあげているようですが、
ソニー、パナソニック といった電気メーカーの不振は、リストラに繋がっています。
不動産など、業界6位の日本綜合地所の民事再生法申請など、冷え込みが激しい。

そんな折、ちぃが注目したのは、まじめなわけがありません。
とある朝の日本経済新聞朝刊「企業面」における「オカモト」の決算短信記事。

こういったとき、やっぱり残るのは人間の欲求なのではないかと思いまして
食品の好調に続き、「性欲」…
以前、写真家 ヒロトさんに勧められて読んだ本が
「世界の下半身経済が儲かる理由―セックス産業から見える世界経済のカラクリ」

でした。

といったところもありましたので、
避妊具シェア1位のオカモト、決算 気になるところ…。
と思いましたら、
全体としては不況のあおりを受けるものの、避妊具の売れ行きは好調

とのことでした…。
ちなみに最近、日経新聞では新聞小説、「甘苦上海」という、50代女性の
若い男性との恋愛が連載されており、なんとも不似合いな単語が、
かつての「失楽園」のように連発されております。

新聞も不況だと聞きますが、ここにも、「下半身が経済を支える」と信じて、
日本の経済新聞は努力されているのでしょうか…。
まだちょっと、思い切り朝、熟読できない20代のちぃです。

2009/02/07

ちぃは統計をとってみたい。
と思うことがあります。
それは、皆さんに「恋人」なるものができたとき、

麗しい、あの衆道への思いを捨てるのか。
たとえば、東京都 N区在住 ちぃさん(アラサー世代)の場合。
20090209.jpg

※ちぃさんのご希望により、20代前半、アラトゥエン(アラウンド20)
のころのお写真を加工しています。

ちなみに、衆道とは、wikipediaさんを参照させていただきましたが、
かつての日本での男性間の恋愛のことです。
このあたりに対する思い入れは、他のものよりもはるかにあるのですが、
それはさておきまして(語り始めるとおそらく10スクロールくらい語りそうです)
かつて、ちぃのご主人様、非常にわれら腐女子に対して興味を持たれ
(生態に)、自ら「チーム801」と命名をされていることはお話をいたしました。

そのようなご主人様ですから、すぐそばにいる、ちぃという名前の
「チーム801 アラサー世代」をほおっておくわけがありません。

そもそも、隠しようもありませんでした。
同居させていただくにあたり、ちぃの持ち物はありとあらゆる面で暴露されてしまったのです。

そもそも、ちぃがこの分野を愛するようになったのは、
文学少女(もう少女という言葉すら使えないことが泣きたくなります)の
派生形。

森茉莉氏のなんとも怪しい世界、あの大御所竹宮惠子氏にも連なる
麗しの欧羅巴的デカダン・・・!!
デカダン、なんていう言葉も早々(中学三年生頃)に知ったのですが、それもすべて、
やおいの神様がちぃに授けた知恵でした。
まるで難しい書籍を読んでいるようなふりをして、文庫本に並ぶ

「金色」(三島由紀夫 著)「イタ・セクスアリス」(森鴎外 著)

「恋人たちの森」(森茉莉 著)

(皆さん 手にとってください そして背表紙の解説をお読みください)

そしてその続きには竹宮惠子先生からよしながふみ先生に至るまでの漫画たち…!
否、そこまではよいのです。

ちぃがかつて手を出していた、「ボーイズラブ小説の権化」ともいうべき、
南原兼先生の「パパとミラ」くんシリーズ・・・。
(知らないうちに、OVAが出ておりました)

捨てるに捨てられませんでした。
袋に入れてしまいこみ、さっさと洋服ダンスの奥に…

「おい、それ、見せろ」

「なっ なっ ええと、ご主人様、これは、そうっ 秘めたるもので、
とても男性にはお見せできませんっ」

「何、エロい下着とか?」

「そ、そうです! なので、今度、ぜひ」(も、申し訳ございません)

「うんにゃ、うれしい。今見せて」しばらくもみ合ったあと、ご主人様、奪われます。

「…『パパと KISS IN THE DARK』」
(クリックしてみてください amazonにとび、その臨場感がわかると思います)

ご主人様、とあるページを開かれ、音読されました。
「かわいいお前のフランクフルト…

…

……なにお前、フランクフルトみたいなほうが好きなの?」

あああ 晶子さんっ
ぽ、ポークビッツです!!!!
(陳謝)

それから、問題の場面が近付くと、ちぃの大好きな、響くご主人様の声が響き渡ります。

ご主人様、しばらく土日、読みふけっておられました…。

ちぃのいたたまれなさ、想像してください。
そして時折、ご主人様がつぶやかれる、シーンの色っぽさの声、
皆様にお伝えしたいほどです。

ここでわかったアラサー世代、ちぃさんの事例。
理解あるご主人様で、大変幸せにチーム801を驀進されています。

※晶子さん、とんでもないリンクをつけて申し訳ございません。

2009/02/05

2月に入り、企業の人事が動き始めました。
このような不況下で、企業人事はちぃの会社含めて、とても激しいものがあります。
どこの企業でもそうなのかもしれませんが、企業の人事は突然です。
営業をやっていたのに、突然人事になったり。
開発をやっていたのに、マーケティングの担当になったり。

なんにせよ、さびしいものです。
ちぃの会社でも、とてもよくしてもらっていた 珍しくも年齢の近い先輩が、
本社であるちぃの会社から、そもそもの元の会社に戻ることになり、
ショックが大きかったりしました。

けれど、それと同じくらいさみしいこと。
それは、

クライアントの人事異動。

ちぃの会社は、「OJT(オンザジョブトレーニング)」
※http://ja.wikipedia.org/wiki/OJT 「OJT」 参照
という言葉を間違ってとらえている、としか思えないほど、よくいえば信頼。
わるくいえば完全な放任主義の企業です。

OJTは具体的な仕事を見せるはずなのですが、そもそも
弊社では、「先輩の仕事をじっと見る」というよりも
「習うより慣れろ」と、1週間後には担当をもたされて、現場へ放り出されます。

そんなとき、お客様は逆に慣れているのです。
「ああ、また新人がきたんだね」と。
ちぃは、弊社の先輩以上に、お客様やお付き合いのあるパートナー企業の皆様に、
叱咤激励されながら育てられてきました。

今も、成長過程だと思っておりますが、まだまだご指導ご鞭撻をいただいています。
そこまで尽くしてくれた方々、自身のお客様と離れること、
これほど悲しくてさびしいことはありません。

ちぃ自身も、2月に発令される人事異動で、どこへ飛ぶのかわかりません。
すでに、同期たちのなかには日本各地への地域間異動を命じられた人たちがいました。
そんな彼らと、お酒を酌み交わすのです。
そして、お客様と、これまでの思いを語り合う、送別の場も増えてまいりました。

ありがたいことです。
けれど、泣きたいくらいさびしくもあります。

また、必ずどこかで会いたい。
そう願いながら、ちぃはきっと、2月から3月、いろいろな場所で泣いていると思います。
 

なんだかしんみりしてしまいました。。。