Home > 12月, 2008

2008/12/28

さて、素敵なクリスマス。
皆様どんなふうに過ごされましたか??

ちぃは、というと…タイトルにありますが、なんとクリスマスイブ当日は完全に
「おひとりさまのクリスマス」

だったのです…。
さちこさんの記事ではないですが、ちぃは初、おひとりさまクリスマスを経験することになりました。

事のはじまりは、というほどでもないのですが、
今年は仕事おさめが12月26日の企業が多いかと思います。
金融機関はちなみに30日までなので、9連休は程遠いのですが、
ご主人様は”基本”9連休でした。

つまり、年末に向けて大変、ご多忙な時期なのです。
社会人になって、妙に実感したことは、
「12月24日はあくまで、師走の大詰めの時期に他ならない」ということでした。

つまり、クリスマスなんて色っぽいもの、こんな平日の水曜日に
実施されても、どうにもならないのです。
特に、今年のように年末が早い場合、もう仕事が終わるのか終わらないのか、
特にちぃの会社は12月決算のため、12月中に万一ミスがあれば、
取り返しのつかない事態になる場合もあります。

というわけで、忙しいのは理解していたのです、が、
まさか一人で過ごすことになるとは思わず、夜の9時すぎ、
会社の廊下からこっそりとご主人さまとお電話をしました。

「今日、何時頃帰られますか?」

すると、溜息とともに聞こえてきたことは、
「いや、おれ、今日帰れないかもしんねぇわ。終わんないもん」

「帰れない!? 泊まるってことですか??」

思わず声をあげてしまったちぃでした。
「せめて、せめて帰ってきてくださいませ、お忙しいのはわかるので。」

「んなこといっても、しょうがないでしょ。仕事、終わらせなければ。
だから、先に寝てなさい」

最後は妙に優しい言葉だったのですが、
ちぃの頭をよぎっていたのはあさましいこと。
そう、クリスマスイブに一人で過ごすなんて…。という気持ちでした。

それまでは、特にクリスマスなんてお祝いしなくてもいい、
そう思っていたちぃでしたが、完全に夜が一人、と思った瞬間に、
急にさびしさが込み上げてきたのです。
かといって、回りを見渡すと、机にまだまだ張り付いている先輩諸氏。

日本のクリスマスは、お仕事モードというのがちぃの実感。
それでも一人で寝るのはあまりにさびしすぎる。

しょんぼりとした気持ちで、10時すぎに会社を出て、家でなんとなく、
YouTubeでお笑いを見ていました。笑えるかな、と思いながら。
けれど、

さびしいときにお笑いって、全然笑えないんですね。

ご主人様所蔵のジャックダニエルを温めてちびりちびり飲みながら、
お布団に入りこんだちぃの携帯。
急に震えだしたのです。
時間は12時を回ったところ。

「俺だけど」

「あ、ご主人さま」
寝ぼけ声のちぃに気づいてか、
「あ、もう寝てたんだ。ならいいや、俺今から帰るから」

そういってお電話は切れました。
30分ほどして、ご主人様がご帰宅されたバイクの音。
ドアを開けると、外の匂いと、コンビニの袋を提げたご主人さまが
ちょっと疲れた様子で帰ってきていました。

「ただいま」

かなり疲れた様子でしたが、ご主人さま。
クリスマスイブの日に夜中まで残業され、会社に残ったほうが楽だと思いながら、
ちぃの帰ってきてほしい、というわがままを聞いて
夜中に帰ってきてくださったのです。

「終わんなかったから、明日6時に起こして。いつもどおりコーヒー淹れて」

思わず、ちぃは嬉しくて抱きついてしまいました。
おひとり様クリスマスは仕方ない、と思いながらも、
ただただ帰ってきてくれたことがうれしかったのです。

ご主人様の一番の優しさだったと思います。
ちぃは、プレゼントがほしいわけでもなく、ただ、ご主人様と一緒にいられる。
そんなクリスマスが過ごせたことがとても幸せでした。

たった、数時間ですが。
やっぱり、誰かが一緒にいてくれること。
本当に、幸せなんだなあ、と実感したクリスマスでした。

2008/12/25

さて、前回の続きです。
ちぃの恋愛観、そのまえにこうなっちゃったわけ、について語らせていただきます。

今だからご主人様にも会えましたし、いろいろな人と会えたので、
卒業した大学に行けてよかったな、と心から思えるのですが、
母の期待に応えられず、東京大学にいけなかったことは入学した後も
尾を引きました。結果的に、ちぃは破滅型恋愛の道を歩み始めるのですが、
さてそれは置いておき。ここまで行くとちぃの母が鬼母のようですが、
実は彼女はパチンコとエヴァンゲリオンが大好きな、
携帯絵文字を使いまくる50代前半の若作りなマダムです。
ここまでこれて、本当によかった。

けれど、
「怒られていないと不安」
「気付いてもらえないと不安、怒ってくれる人が好き」
結果
「誰かのために何かをしたい」
という奉仕型恋愛のスタートは、ゆがんではいるものの、
母の影響なくして語ることはできません。

逆にいえば、自主的に「何かをする」ということが本当に苦手になりました。

「母が喜んでくれるからいい成績を取る」
「彼が喜んでくれるから、ご飯を作りたい」
そのベクトルは、幼児期に形成されたのだと思います。

愛情たっぷりに育てること、言葉だけを聞くと、決して悪いことではないのですが、
方向を間違えば「自律と自立」からは完全に離れていきます。
「なぜ悪いのか」を考える前に、完全にまず「怒られてしまう」ことの
ほうが先に立って身構えてしまうのです。

今よく聞く「モンスターペアレント」問題や、
過保護に育てられた人が起こした不幸な事件などを聞くと、人事とは思えないほどです。

ただ、ひとついえることがあります。
そこに、子どもに対する愛情がないわけではないのです。
むしろあふれんばかりの愛がある。
その「愛」を感じ取ると、「いつも見てもらっていた」過保護に育てられた子どもは
その人から離れられなくなる、つまり依存していくのだと、
ちぃは思っています。

親になったことがないので、本当に恐縮ですが、
親もやはり、かつてはあたりまえですが子どもとして育てられていて、
その影響は大きい、と実感として思います。
三つ子の魂100まで、というけれど、ちぃはできるなら、子どもには
怒る前に考えさせる、という時間を作りたいな、と心から思っています。
もし、ご主人さまとの間に、赤ちゃんが授かることできたなら。

(続く)

2008/12/24

「ちぃはMである」
「ちぃはご奉仕型の恋愛をしている」

というようなご指摘をしばしば受けるようになりました。
恋愛コンサルタントの早坂先生や、既にご結婚、すばらしい恋愛の数々を
経験されている晶子さんや京子さん、由佳さんを前に語るのも恥ずかしいほどの
恋愛初心者、ちぃでございますが、

「どうしてそんな奉仕をしているのですか?」

と聞かれることが増えてきたので(リアルな場面でも とほほ、です)
語らせていただこうかと思っております。

多少、堅苦しく、しかもいつもの明るいご主人様の
あったかいお話とはずれて、自分の話になること、ご容赦くださいませ。

実感として、自分の話を面白おかしく、相手に伝えることはとても難しいのです。

さて。
ちぃは、以前もお話しましたが、九州はF県、K市(一応政令指定都市です)
で生まれ育ちました。
K市は、最近ではリリー・フランキーの出身地としてヤクザな街。
古くは「花と龍」というヤクザ映画の舞台。
どっちにしろ、ヤクザな街です。
そこで、愛をたっぷりと注いでくれる母親に育てられました。
幸せは幸せだったのですが、「過保護=厳しい」という結果になり、
ピアノ、英語、水泳、バレエ…

と、強烈な習い事を3つのころから始めました。
が。
今だからはっきり言えます。
 
ちぃは決して頭がよくなかったのです。

むしろ、悲しいくらいに不器用で頭の回転の遅い子でした。
今でも仕事をしていて思うのですが、ちぃは本当に「どんくさい」のです。

結果的に、「難関校」と呼ばれる学歴を持つことになりましたが、
それはちぃが頭がよかったわけではなく、親への恐怖心から、
「落ちこぼれてはいけないんだ」という意識のもとにひたすら毎日
「宿題」をしたり(しかもわからないことばかりでした…) 

メンタームを目に塗ったり

鉛筆を掌に刺したりしながら

眠い目に鞭を打って、徹夜で期末試験の前日に問題を丸暗記したりすることで
得られた、血と涙の結晶です。
文字通り、血と涙を流しながら勉強したのです。
森鴎外も刀を太ももに突き刺して勉強したそうですが、悪影響メヴィウスの輪状態で「舞姫」
のエリスのように、ご主人さまに捨てられないことを祈るばかりです。
そのとき、本格的に母を呪うことでしょう。

おかげで、高校時代、全教科満点という成績も持っていますが、
「丸暗記」がきかない模試の数学では3点を取ったことがあります。

実は、意味もわからないまま、最高学府 東京大学を受験し、
見事に失敗した経歴も持っています。

ここまでいくと、過去のちぃを変態としか思えなくなってまいります。
そもそも、徹夜をしてまで満点を取ることは、決して脳の構造上効率がよくないので、
(※睡眠時間に人間が記憶を定着させることは医学的に証明されています。
『精神医学エッセンス』濱田秀伯著(弘文堂))
実行するあたり、やはり頭がよくない、といえると思います。

続く

2008/12/22

突然ですが、ご主人さまは礼儀にとても厳しい方です。

礼儀、というと虚業。無駄なことのように思われる方々も多いかと存じますが、
ご主人さまの礼儀はそうではございません。
経験を踏まえた、必要な「礼儀」。

 たとえば、道を譲っていただいたら頭をさげる。
道に迷うおばあさんがいたら、しっかりとご案内をする。
道端でうずくまられているおじいさんがいたら、必ず声をおかけになり、
適切な対応を取られます。
長幼の序、というものもしっかりと守られている。
おそらくご主人さまは儒教の国 日本、ということを本当に愛されているのでしょう。
お墓参り、というものも非常にたっとばれています。

ほとんど興味のないわたしに対しての厳しいご指摘も多いです。
一番多いケースが、駅でご主人様と待ち合わせなどをさせていただき、
ご主人様が先について待っていてくださるとき。

駅のホームで、きりりと決めたスーツ姿。
たばこを片手に空を見上げるいとしい方の姿を見つければ、
ちぃは嬉しくて走り寄ってしまうのです。

どーん!!!!
どかーん

がしっ肩や荷物がひっかかります。そう、ここは駅。
しかもご主人様もちぃも、日本でもかなりの乗降者数を誇ると思われる、
S宿駅やN駅での待ち合わせが多いため、
それはそれは皆様急がれています。

そんななか、ちぃは人ごみもなんのその、においをかき分けご主人様のところへ
走るわけですが、その前に必ず、世間の皆様からのご叱責にあうのです。

「すみません、すみません」
ちぃはひたすら謝るのですが、その様子を見られていたご主人様。

「ばかやろう、しっかりと周りに気をくばれよ
お前とはぜってぇ結婚できない。」

礼儀に厳しいご主人様。
それはそれは、電車のなかで溜息をつきながらご説明されます。
そんなご主人様にちぃはすっかり尊敬してしまいながら、
話半分で聞いているわけです。

ご主人様ってすごいなあ、と思いながら。

そんなご主人様。
たとえば買い食いや立ち飲みなど、されるので
ちぃからすると行儀が悪いなあ、と思い
「買い食いとかはいいんですか」
とお伺いしますと、

「いいんだよ、誰にも迷惑かけてないし。お前がいっているのは行儀。
俺がいっているのは礼儀。わかる?
ちゃんとダメな理由を自分なりに考えて」

なるほど。
さすがご主人様。深い見識に感じ入るばかりです。
でもちょっと、騙されているような気もしますが…。

2008/12/20

帯金ゆかりさんの記事を拝読しておりましたら、
ちぃが学生時代、ご主人様と夢中になっておりましたあの「カカフカカ」さんのことが
書かれており、ちぃは思わず、ご主人様との思い出に浸るとともに、
思い出されるあのエヴァンゲリオンのパロディ。

「高山ゲリオン」
http://www.youtube.com/watch?v=dFL7DeB_gsk

こちらが忘れられず、ちぃは思わずyoutubeを検索、
歌いながら映像を見ていました。

そんなとき。
トントントン

ドアをたたく音。

なんだろう?
と思いながら、ドアを開けてみると。

「日本経済新聞です。集金にまいりました」そう、ちぃは面倒くさがって、今だに新聞を引き落としにしていないため、
一か月に一度、新聞集金のお姉さんが来られます。

4383円ですね、といわれながらお財布を探っていると、漏れ聞こえてくる
懐かしい歌。

ざ~んこ~くな天使のテェゼ
まどべからやがてとびたつ
ほとばし~る熱いパトスで

あ、はい。4383円、ちょうどいただきました。
ありがとうございます。

それでは、これからも日本経済新聞をよろしくお願いします…。

こちらこそ、日経さん、よろしくお願いします。

ちぃは心の底から言いたい気持ちでした。
テレビ東京は日経グループの系列。
ちぃは、このエヴァンゲリオンに育てられ、今はワールドビジネスサテライトを見ています。
テレビ東京に育てられ、日経新聞に日経ヴェリタスも購読しています。
日経グループに身も心も捧げています…!!!

 

ですから。
ですから…

金融OLでいさせてください。お願いします…

2008/12/17

なんとなく夜を明かしながらも、さすがにひどいご主人様からの仕打ち。
落ち込みながら、なんとなく3人で箱根のロープウェーに乗りました。

チェックアウトを済ませ、おどろおどろしい富士屋ホテルに
またくるよ、次は菊華荘かな、と挨拶をして、荷物を抱えてロープウェーへ。
とその前に、3人ともOLです。
会社へのお土産と、それぞれのパートナーへ。
ちぃはこどもっぽいものが大好きなご主人様に富士屋ホテルの伝統のカレーと
特製いちごジャムを購入。
嗚呼、でもこのジャムは無駄になるかもしれない。
ご主人様は、突然家を飛び出されているかも。

そんなことを思いながら悲しくなりつつも、ロープウェーへ。
富士屋ホテルのある宮ノ下駅から、箱根登山鉄道で強羅に向かい、
またそこから早雲台駅に向かって、ロープウェーに乗ります。

強羅駅ですでに標高552メートル。富士山が見える、
ロープウェーでは、大涌谷(標高1000メートル)へ向かいます。
このロープウェーから、とても奇麗な富士山が見えます。
18人乗りのゴンドラには、外国の方や、初老のご夫婦など、
まさに老若男女が勢ぞろい。みんなで富士を愛でます。

dsc00232.JPG

シャッターチャンスともいうべきこの美しい富士山を見ていたら、
ちぃはご主人様からの冷たい仕打ちも忘れ、穏やかな気持ちになっていました、
そんなとき。

ちぃのバイブレータが震え始めたのです。
しかも、ご主人様専用の着信ライト。

「ご主人様だ」

先輩、後輩、ともにこちらを見ます。
おそるおそる出てみると。

「もしもし」

「もしもしぃ?(怒)」

明らかに怒っているご主人様の声音。けれど、お電話がかかってきて
うれしいちぃは、だんだん声のテンションが変わります。

「今ね~、富士山が目の前なんですよ。
写真、携帯で撮りますから、送りますね」

「ああそう(怒)俺は、てめぇが温泉でぬくぬくしている間、
ずっと片付け。ずーっと片付けしてたの。
おわんねぇの。てめぇ、帰ってきたら覚えてろよ」

「ごめんなさい ごめんなさい ごめ・・」

ブチっ。

「切れちゃった」
でも、明らかに顔が変わったようです。ちぃ。
「先輩、よかったですねぇ~」

「そうだよ、いくらひどい亭主でも、好きだからしょうがないよねぇ」

!?

気がつくと、目の前の初老の優しげなおばあさん。
ちぃの電話が聞こえていたらしく、慰められてしまいました。

恥ずかしいやら、でもうれしいやら。

とにかく、ご主人様が怒っていなかった。
それだけで、ちぃは嬉しかったのです。
家までの距離は、苦痛もない幸せなロマンスカー。
ご主人様へのお土産を持って、心がホカホカしながら帰れたのでした。

(了 もしかするとお土産へのご主人様の反応を書くことがあるかもしれません)

2008/12/15

dsc00195.JPG

あこがれのクラシックホテル、富士屋ホテル。
お天気はとてもとてもよかったのですが、そう、箱根って。

å±±

なんですよね。

寒い。寒すぎる。

ちぃも先輩も後輩も、みんななめていました。箱根を…。
ちなみにこの寒さのおかげと、思いのほかおかしな富士屋ホテルのため、
「彫刻の森」や「登山ロープウェー」「POLA美術館」といった、
旅行前に計画していた行先は、全員が割と「まいっか」
主義だったことが幸いし、ほとんどいくこともなく…。

3人でついた富士屋ホテル、感動でした。
憧れのクラシックホテル。
結婚式が行われていたりして、思わず3人娘、女の子ですから感激です。

外観も素敵。
が。

そこで思いもよらぬ落とし穴。
ちなみに富士屋ホテルは創業明治11年のクラシックホテル。
作りも外国人専用ホテルだったこともあり、「日本を知っていただきながら、過ごしやすいホテルを」
というコンセプトなので、いわゆるパークハイアットや、リッツ・カールトン、
フォーシーズンズというような「もともと外国のホテル」とは違うので、明らかに和洋折衷。

素敵は素敵なのですが、
ふすまとベッドが同居している状態です。

3人娘が泊まった部屋は「花御殿」という昭和11年築の建物だったのですが、
まず案内され、荷物をクローゼットに入れようとすると

クローゼットがあかない。

あら? あら? おかしいですね~
とホテルの方がおっしゃるのですが、ドアは確かに存在しています。
しかも3つも。

そのどれもが空かないのですが、全体に古びた、よくいえばクラシカルな。
悪く言えば おどろおどろしい部屋

そんなところであかずの扉

「先輩、なんだか金田一少年に出てきそうな部屋ですね。
ドアに死体とかでてき」
「やめてー」

悲鳴をあげたのは先輩。
実は無類の怖がりだったのでした…。

3人娘、おいしいご飯を食べ(フレンチのフルコースですvv)
お風呂につかり、さて、お楽しみの夜。
近所のローソンでまたまたお菓子とお酒を買い込み、
語り合うわたしたち。

それぞれ、パートナーに電話をします。
「うん、うん、箱根についたよ。楽しいよ」
優しい言葉が聞こえてくるのは先輩の彼氏さん。
わたしたち後輩にも気遣ってくれる優しい先輩。

「ちぃさんの彼氏はどうなんですか?」

いやな予感がするものの、なんとなく後輩に見栄を張りたくて
かけてみるねー とかけたところ。

「トゥルルルルル
トゥルルルル… 

ブチっ。」

明らかに切られた音。

…? なんだか、間違いかしら。

もう一度、かけなおしてみると…

「こちらは、ソフ●バンク留守番電話サービスです。
お客様のおかけになった番号は、電波の届かないところにいるか、
電源が切られているため…」

というおそらく美人に違いない女性の声が。

そう、ご主人様はちぃからの電話を受けて、切ってしまい、
さらには電源を落とされたのでした

「電源、おとされちゃった…」

ええっ、と驚く後輩でしたが、いやいや、きっと何かご機嫌が悪いんだと思うし、
といいながらも、
「ちぃさん、元気なくしちゃったよ~」
と慰められることに。

後輩の手前、がんばって大丈夫なふりをしましたが、
顔に出やすいちぃです。無理でした…。

話をしながら、後輩から言われた言葉。

「でもっ、ちぃさんはMだから大丈夫ですよねっ」

…続きます。

2008/12/14


ちょっと前の話になってしまうのですが、
12月1週目の土日、あこがれの「富士屋ホテル」に行ってまいりました!

「富士屋ホテル」
http://www.fujiyahotel.jp/

 そう、皇室ご用達、元御用邸である菊華荘

dsc00223.JPG

を備えた「あの」富士屋ホテルです。
3年目である先輩、2年目のちぃ、1年目に入ってきたカワイイ後輩との3人娘で、
初の温泉旅行です。「仕事していてよかった!」と思うこの贅沢な瞬間。
ご主人様は、といえば久しぶりの土日、ゆっくりと1人の時間を過ごされることで幸せそう。

「さっさといってこい」

追い出さんばかりの勢いです。

「ホテルについたらお電話しますから~」

「いらん」

「じゃあまた夜に電話しますね~」

というわけでロマンスカーにて箱根へ。
ちぃは一番新宿から近かったので、のんびりとお出かけでした。
小田急駅の改札口で待ち合わせ。
さっそく3年目の先輩が前日の営業接待が夜中の2時となり、そのせいか
寝坊。

残り2分のところで、先輩猛ダッシュ。
ああああ 間に合いません~!!!!
ぴしゃっ。

まるで普段の通勤ラッシュのときのような走りっぷり。
ちなみに先輩はT県の中体連 元短距離記録保持者とのこと。
さすが先輩。
なんとか乗り込めました♪

 もちろんおやつを買い込んで…。
が。

おかき。梅。のりのハサミやき。みんな、なぜか渋めのものばかり…。
小学生だったころの遠足とは明らかに違うラインナップに、年齢を感じながらも
3人で広げてわいわいおしゃべり。
目指すは箱根湯本です。

ちなみにこの3人娘、全員パートナーがいます。
ちぃはご主人様ですが・・・。
当然、夜はその話になるでしょう。

というわけで、楽しい富士屋ホテルでの温泉旅行、はじまりです。

続く