Home > 3月, 2008

2008/03/16

「私のものだ もう誰にも、わたさない…」

ご主人様が音読されているものは、まさに一冊の漫画
『花咲ける青少年』(樹なつみ著・白泉社刊)。樹なつみ氏、といえば月刊LaLaの黄金時代を築いた一人、といっても
過言ではないかもしれません。
代表作は「マルチェロ物語」、「OZ」、「獣王星」、そして
講談社漫画大賞も受賞された「八雲立つ」。

しかし、ちぃが彼女の作品のなかでちぃが一番愛していた作品、それが
「花咲ける青少年」。

とにかく…ハンサムボーイが山ほど出ていらっしゃるのです、そう、まさに「王子様」が。
主人公花鹿(かじか)ちゃんは、まず世界有数の財閥の一人娘、
そして人に「彼女についていきたい!」と思わせてしまう強烈なカリスマ性を持つ
少女…会う男性男性、みんな彼女に惚れてしまう。
花鹿ちゃんは、どこまでいってもポジティブシンキングな女の子なのですが、
登場するハンサムな男性たちは、全員暗い過去を持っているので(ここもおいしいポイントなのかなあ…)
彼女のポジティブシンキングに救われたいのだろう、と思います。

ちぃはその中に出てくる、中国人財閥の総帥 倣 立人(ファン リーレン)
のことを本当に本当に王子様だと思い、日々、高校時代、
リーレンがきてくれないかなぁ、と思ったり、思わなかったり、したものです…

「お前は、それで、誰を選ぶと言うのだ…」
「私の中の、小さな子どもが啼いている 花鹿がほしいと啼いている…!」


…?幻聴?
高校時代を思い出しながら、浸っていたところ。
立人がきてくれたような声。こんな声なのですね…
と思い、振り返ると。

確かに黒髪。けれど身長は立人は180センチあったはずなのに。
そして涼しげな目元だったはずだけれど。

なんだか丸い瞳にどちらかというとぽっちゃり。

…

「ぷっ、なに、この王子様?うわっ、なんなのこの金髪の男…
いるわけねーし、総帥って、普通50過ぎとかじゃないの?
21歳て、お前より年下じゃん」

…!!、ご主人様…ひどい…!!!!

よりにもよって、年齢のことなんていわないで!

なつみ缶(樹なつみ先生オフィシャルブログ)
http://ina-inc.sblo.jp/

2008/03/12

あたらしいパソコン様がきました
もう抱きしめたいくらいかわいい、チュウしたいくらいかわいいです。
junkstageにやまほどアップしたいです
この美しいソニーのVAIOちゃんの写真

ところで、vaioちゃん、男の子でしょうか 女の子でしょうか。

実は、購入前にちぃは非常に悩みました…
なぜならば、なんだかんだでパソ子たち。とっても高いから、です…

ちぃはお仕事に使いたかったものですから、パソコンちゃんは
モバイルノート、つまり松下様から出ている「レッツノート」のようなものを
希望しておりました。
軽くて、うすい。

けれど、彼らは一様にしてとても高いし、社会人一年目の薄給には、
とても耐え難いお値段。そんな形で、ちぃはひどく悩んでおりました。

するとご一緒に回っていただいていたご主人様。
突然です。

「なんていうの? 俺ってさ、高くて、あたりまえじゃん?だってさ、仕事でも、
プライベートでも一緒にいる戦友? みたいな?
だから、大事に使ってほしいわけ。わかる?」

…ご主人様、パソコンになられたようです。
ちぃは、パソコンさんに山ほど聞きたいことがありました。

「でも、ちぃはですね、すごくパソコンに疎いんですぅ
なので、あなたにお願いしたいことは、
すっごく早く動いて、長持ちして、丈夫で、そして
パワーポイントが使えるとうれしいんです。
それだけなんですよう
」

「うん、わかるけどさ。俺っていろいろできちゃうわけ。
わかる? 画像動かしたりとか、資料作っちゃったりとか、
ウェブカメラも家計簿までできちゃうわけだよね。
俺、もっとできるの。だから、もっと使いこなしてくれよ
俺、安いと思うよ」

「そうかなあ…ちぃは前のパソコンちゃん。
そんなにいっぱい機能使えなかったんですけど
3年でお亡くなりになっちゃったんですう
」

「ああ。そういう人、いるけど。
人間って勝手だなあって、俺とか思うわけよ。
なんていうの? メンテナンスもしてくれなくてさ、
壊れたーとかいって新しいのかうの、
やっぱ、俺としては、むなしいわけよ。
ちぃちゃんにはそういう風になってほしくないからさ、
俺、選ぶときは慎重になってほしいな」

と、パソコンさん自らのご指示。
ここまで悩んでやっときたのが、vaioのモバイルノートでした。

かわいいポイントはよくわからないのですが、
とにかく容量が大きいので、持つような気がします

ちぃに新しい友達ができましたv

というわけで、お名前募集中です★

2008/03/08

ラブは女の子のエネルギィだと、ちぃは思っております。
ちぃはずっと、王子様がいつかきてくれるのだと思いながら、「イタズラなKiss」の入江くん、
「快感フレーズ」の大河内咲也くん、「天は赤い河のほとり」のカイル王子に
恋焦がれておりました。

そして、今回テーマにあわせてwriteさせていただきますが、
残念ながら、ちぃはご主人様と「ラブの」ストームはほとんどありません。
笑いの渦しかない生活で、一体何を書けばよろしいのでしょう、と思ってしまったわけでございます。

今、笑いの渦。でも、そういえば。

お付き合いを始めた当初は、ちぃもご主人様も、実は20代前半でした。
ちぃなんて、22歳ですから、今考えるとヤングマン…としかいいようがありません。

今考えると、「若い」ということはすなわち、「情熱」、パッションがあるということ。

当時は、ご主人様とちぃも、「この方は、ずっとミーのことを好きなんだろうか」
「ユーはどうして、自分のハウスに遊びにきたりするのかしら」
といったような、恋するオトメン、オトメだったころがあったのです。

その頃には、確かにご主人様もちぃも、「イタズラなKiss」の入江くんがたまに
琴子ちゃんがいう決め台詞や、快感フレーズの咲也が愛音ちゃんに毎日語る、
決め台詞に近いことをお互いにトーキングしていたような気がします。

今日、●●くんの家に初めて行った。
彼は、どうして、私をハウスしてくれたのだろう。
おいしいご飯を作ってくれたのだろう。
いろんな思いがこみあげて、涙があふれてきてしまった。
あのとき、どうして優しくしてくれたんだろう。
もし、そういう気持ちがないのなら、ほっといてくれれば、いいのに。

~ちぃ日記 200×年●月△日より抜粋~

みたいなことが、起きておりました。
今考えると、ご主人様は三度の恋よりメシが好きな方なので、
ご飯を作ったのは紛れもなく、お腹がただ空いていたから、
に他ならないと思うのですが…リーズンを考えてしまったのですね。

つまり。
ラブのストームが起きるリーズン。
それは、「若くて」、「理由を深く考えすぎるから」
ここに尽きるような気が致します。その結果、妄想が走り、リビドーも走る。

嗚呼、あの頃に戻りたいような、気もいたします。
これは、恋のエッセンスなのですから。
 

ちぃのご主人様、今、すごくルー大柴にはまっていて、
ルー語を連呼されています。「藪からスティック」と言ってはラフィングされており、
何がツボにフィッティングしたのでしょうか。

2008/03/01

殿方って、柔らかいものがすきなのでしょうか。

ちぃはなんとなく、そんなふうに思ってしまうのですが、それはやはり女性と男性の
身体の違い。そこに尽きるのではないか、と思っております。
男性はホルモンの関係で筋肉質。女性は、脂肪が多め。

あたりまえですが、それが男性らしさ、女性らしさに繋がってゆくのだと思います。

それはご主人様も例外ではなかったらしく、
ちぃはご主人様に愛された結果なのか、すっかり身体がふくよかになりまして、
身体がそれはもう全身ふわふわ状態です。
昔、ガリガリ、といわれていたこともあったのは遠い昔

今では、ご主人様に
「おっ、やわらかい胸…やや、違う、これはハラニク!」
といわれ、お腹にかみつかれることもしばしば。
「あたっ」
お腹を枕にされて眠るくらいならば、まだよいのですが。
本気でご主人様かみついてくるので、それはそれは痛いのです。。。

けれど、ご主人様はダイエット命令を下されつつも、
幸せそうにふわふわのお腹に顔をうずめようとされることも多いので、
やはりこれは男性の本能なのではないか、と思った次第です。

よく、男性漫画のヒロインは、少女漫画に出てくる主人公より、
ずっとふっくらとしていて、胸が強調されている、というよりは肉付きがよかったりします。
これは、充分に考察の余地があると思うのですが、
やはり男性の願望を表されている、といえるのではないでしょうか。
そういえば、ルネサンス時代の絵画も三段腹な絵画が山ほど。

母性本能を喚起させるお腹。
これって、やはり幸せの象徴なのか、と思いながら、
またご主人様のハラニクにぱくつく姿を見て、複雑な気持ちのちぃなのでした。