Home > 営業ウーマンちぃ

2008/02/27

忘年会シーズンならぬ、歓送迎会シーズンですね…★

ちぃは、新人のため歓送迎会の幹事を命じられることがすごーく多いです。
主たる宴会の幹事は、ちぃだったりします。

ちぃが勤めている企業様は、今実はとっても苦しい日々。
サブプライムローンは人事ではありませんでした。
はっきりいってしまえば、資産となるような価値ある金融商品の価値は、
地に落ちてしまったわけです。
日本は、それでもあまり影響は低かった、はずなのですが、
日経平均は一時期の1万7000円代はどこへやら、日々ちぃは会社にある
日経平均とTOPIXのボードの乱高下を見ながら、
悲しい気持ちになっているわけです。

日本の市場とともに、気持ちの浮き沈みもはっきりしているちぃの上司。

そんななか、異動シーズンのためちぃは幹事を立て続けに勤めさせていただきました。
ちぃの会社での評価は、この「宴会の仕切り」にかかっている、といっても
過言ではありません。。
おかしな会社のように思われるかもしれないのですが、
「営業ウーマン」たるもの、「おもてなしの心」を忘れてはいけないのです。

ちぃは、場所取り、宴会に奔走しました。

二次会も誘われるまま、お酌をしなければいけないのだろうか。
お酌をしすぎて嫌われるのではないだろうか。
そんなことを考えながら明けがたに帰宅することもしばしば。

そんな折。

やはり明けがたに帰ってまいりまして、ご主人様を起こしに向かったところ。

明らかに怒っているのです!

「毎晩、毎晩、朝帰りしやがって」

…ちぃは悲しい気持ちになりました。
こればかりは辛かったのです。なぜなら、ちぃだって早く帰りたいのです!

気を遣って、いるということはお酌をして、メニューを注文し、
ただひたすら気配りをしても怒られるだけの役回りから、
どうしてその場にいたいでしょう?

営業とは「おもてなし」の心。
だけれど、ご主人様におもてなしが出来ない自分。
とても悲しく、辛い気持ちになっていた日々です。。。

2008/01/23

ちぃは、金融OLです。
腐女子でもあり、ハラニク大佐という別称(蔑称?いえいえご主人様からの
愛☆です。)もありますが…ちぃが、働いているときに何より、忘れないようにしていること。

それは、「営業ウーマン」である、ということです。

ちぃの働いている金融機関は特に顕著なのかもしれませんが、
お客様とあまりに離れて、企業様相手にお話をするせいか、
大きなお金を簡単に動かし、そしてお客様のことを忘れてしまいがちです。

でも、営業のお仕事とはなんなのか。

それは、やっぱり
「お客様の希望になるべく沿うようにする」「聞く姿勢を持つ」
これだと思っております。

「ユーザーオリエンテッド」
入社してから、何度耳にした言葉だったでしょう。

つまり、「お客様の立場に立って考える」

これは、本当に難しいし、大切なことだったりします。
けれど、お客様と一緒に、愛をこめてお仕事をする。
これが実は単純だけど、それさえあれば、たいていのことは乗り切れる。

ちぃが、一年近く働いてみて、思ったことです。
「営業は愛だよ」と、精神論をいうな! 売り上げだろう! 

という声もあると思います。
緻密でテクニカル。説得、ディベート、
プレゼンテーション…能力もあると思います。

けれど、それよりもちぃが一番大事だと思っていることは、
「シンプルに、わかりやすく」説明すること。

ちぃは、ご主人様もいうとおり「チーム801」 夢ばかり見ています。
経済の知識も皆無な状態で、お仕事をはじめました。
けれど、専門的なことは、大先輩たちが教えてくださったのです。

チーム801には、「経済の知識」はないけれど「愛」は山ほど!
夢と愛(方向が変という突っ込みもありますが)がなければ生きていけません。

恋に関しても、ちぃは「愛してる」ってご主人様にいう以上に、
本当に必要な言葉なんて、きっとないと思いますから。
けれど、大切な言葉はあんまり何回も、
いわないほうがいいのかもしれないけれど。

大大大好きな営業ウーマンの日記です☆
「ある営業ウーマンの一日」http://diary.jp.aol.com/cjkbad6tq/

« Previous