Home > 営業ウーマンちぃ

2009/07/27

「ATフィールドは心の壁さ」(By 渚カヲル)

そう、ちぃはATフィールドを感じているのです。
それは、「ATフィールド」を知らない人が世の中にいる、ということを
心のどこかで理解していなかった。

そう、まさにそれは心の壁。
第十八使徒である人間も誰もが持っている、自我。

そんな話を、してはいけない相手にしてしまったとき。
ちぃのガラスのハートは壊れてしまいました。

「汚されちゃったよ…」(By 惣流アスカラングレー)

まさにこんな気持ち。
そして、そんな言葉は誰もわからない。

営業ウーマンであり、金融のセミプロ(※自称)として、お客様とは接しているつもりでした。
ですが。
とても仲のいい先輩と、営業にご一緒しました。
そんななかで、とても気さくなお客様。
なぜだか、そんななかで、”ロボット”の話になったのです。
話の前後関係は忘れてしまったのですが。

「そういえば、最近 エヴァンゲリオン、でしたっけ?
はやっているのですよねー。あれもロボットの話ですよね」

40代の穏やかなクライアントは、まさに流行の話を振ってくださったのでしょう。
ただそれだけ。
ちぃは、「若い営業」としか見られておらず、何もそれ以上の評価もなく。
それなのに。
クライアントの笑顔がなのか、仲の良い先輩と一緒だったからなのか、
場所が見たばかりの「エヴァンゲリオン 破」を見た新宿だったからなのか。
あるスイッチが入ってしまったのです。

そう。

「エヴァンゲリオンはロボットではありません。
汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオン といいまして、
人間とほぼ同じ遺伝子をもつのです
」

と、まじめな顔をして伝えてしまったのです。
これはいってはいけない一言でした。

理解がいくらありそうな方であったとしても、大半のまっとうな40代男性にとって、
「エヴァンゲリオン=オタク」であり、「オタク=秋葉原」のイメージは
実はまだまだこびりついていたのです。
そのことを、ちぃは瞬間、はっきりと自覚しました。

目の前で、真剣に話すちぃに爆笑するクライアントを見て。
「●×さんって…アニメ好きなんですね!
いやぁ~ あんまり真剣だから」

もちろん、クライアントはまったくいやな空気ではありませんでした。
むしろ、空気を読まずに話をしてしまったちぃが礼を欠いています。
営業失格、といえるでしょう。
隣で笑う先輩のことを見ながら
「いやあ、僕はお二人のこと、好きですよ」
と笑っていただいたのですから、成功と言えるのでしょう。

そして、
「エヴァンゲリオンが好きなちぃさん」として評価されたのがよかったのか、
なぜかクライアントは大きなオーダーを受けてくださいました。

「ちぃがエヴァンゲリオンの話してくれたからだな」
と先輩はいってくださったのですが、ちぃはなぜか、釈然としなかったのです。
それは、14歳のころにあった、ATフィールドに守られた柔らかな「ちぃ」が、
「汚されちゃった」ような気がしたからなのでしょう…。

営業として、使いたくはなかった。
ATフィールドを発動したまま…気付くと固く守り、ATフィールドが
存在していたことも忘れていた…。そんな営業ウーマン。

けれど、柔らかな心はまだ消えない
それが、体は三十路近くとも、心は10代のちぃなのです。
わかってほしい。
ATフィールドは誰の心にもある、心の壁だということを…。
これを汚すのは、何物でもない、お金のために働く自分。
そしてそれが、大人になる、ということ。

嗚呼、やっぱり、エヴァっていいですね…。

2009/02/22

拝啓 天沢聖司様。

お元気でいらっしゃいますでしょうか。

さて、私は1995年、もう14年前になるのでしょうか、貴方様にお会いしてから、
思い出すたびにあなたの映像を眺めては、今、ご主人様はいらっしゃるにもかかわらず、
思いをはせていました。

きっと、私だけではないでしょう… 
貴方のことを思い焦がれた日本中の女の子。

当時、私は小学生。
そして、貴方はすでに高校受験を前に、イタリアへの留学を目指していらっしゃいました。
日が昇る前に、愛する雫さんのところへ向かわれるあなた。

「雫、大好きだ!!」このセリフに心を奪われてしまった女子の皆さん。
きっと多かったことでしょう…すでに時は流れ、貴方は変わらず10代のまま。
それでも私はあなたに会いたくて、もう一度。

「耳をすませば」と検索してしまったのです。

嗚呼、カントリーロード。 この道 ふるさとへ ゆけば・・・・・・・・・・・・・
…・・・・・・・・・・・

行っても、ちぃにはこんなの、なかったなあ。
嗚呼、聖司君に会いたい。

とまあ、『耳をすませば』は、多くの腐女子、二次元の王子様を求める女子たちの
心を揺さぶってやみません。
思わず、手紙を書いてしまうほどに。

ご主人様。
そんなちぃの日曜日、youtubeを見る奇行を見ておられたようです。

一言「ヤバい」と呟かれました。
ジブリを見てたら、老けるぞ、と一言つぶやかれてどこかへ行かれてしまいました・・・。

聖司くんは、きっと女子たちの夢を背負っているのです。
ちょっと、意地悪で、イケメンで、けれど、主人公には心を開いていて、
最後はストレートに思いを伝える、夢を持った男の子。
そんな子に女の子はだれしも思いをはせるのです。

ふと、ちぃは考えました。
ご主人様はどうでしょうか。
意地悪で、ちぃには心も体もある意味全開、ストレートに物をお伝えになっています。
「腹減った」と。夢も、たぶん持っている、はず。
夢はなんですか、とお伺いすると、とりあえず

「ヌルヌルパラダイスに行きたい」。

そうか、ちぃは白馬の王子様、夢はかなったのですね。
幸せなことです・・・もったいないくらいに。

2008/05/17

キスよりも早く。
今、ちぃが一番萌えている漫画のひとつでございます。

それは、王道の教師の生徒の秘密のカンケイ。
以前もご紹介した『Oh! My ダーリン』(上田美和 著)
『プレイガールK』(ひうらさとる 著)
など、ちぃが現在でも空でいえてしまうほど、王道のカップルだと思いますが、
その分だけに差別化が難しい、といえると思います。

ちぃは、ちなみに女子高育ちでした。
先生と生徒のカップルがあったか、というと、定期的にうわさになってはいたものの
決定的な証拠は見つからなかったので、
現役カップル、というのは存じ上げておりません。
ただし、やっぱりもてる先生がいて、こっそりチョコレートを渡す女子生徒。
というのはいたわけなので、きっと皆様、そういう思いを抱いている方は多いのでしょう。

そんななか、久しぶりにちぃは教師と生徒のラブを手に取りました。
しかも、この作品… 結婚からスタートしています!

しかも、Oh Myダーリンは、もともと幼馴染だった二人なのですが、
この場合「生徒として」女の子である文乃を好きになっているわけですから、
かなりハードルが高いかと思います。

ちぃにとって、こういうある意味王道の漫画にある種コケティッシュな魅力を
覚える瞬間。
それは、やっぱり「萌え台詞」

抜粋
『もう一人の体じゃないんですから』

…皆様。
なんのことだか、さっぱりわからないかと思います。
それでもよいのです。
ちぃは、これでご飯3杯、いえいえ、妄想が3倍になりました。
皆様も、お手にとってくださいませ。

「キスよりも早く」
手にとってみてください…

2008/05/15

営業先で出会ったコミックに思わずときめいたちぃ。
そしてその気持ちのまま、某地下鉄TZ線で読みふけり、気がつくと
大手町からはるか遠い浦安にきてしまったちぃ。
このまま東京ネズミーランドにいくしかない気分になってしまうような、
そんな甘い漫画。

それが。
田中メカ著「キスよりも早く」(白泉社)

ところで、ウィンドウズをお使いの皆様にご質問したいのですが、
ちぃは花とゆめ、ララなどをこよなく愛しているので、
よくこの変換の際に「白泉社」を使うのですが、

必ずといっていいほど「白癬社」となります。 皆様にお尋ねしたいのですが、白泉社、は、
おそらくフランス文学ばかりを出版されている白水社よりも、
ずっとネームバリューがある(白水社様すみません)と思うのですが、一発変換された
ためしがありません。

これは、ちぃが腐女子だから、白泉社をメジャーだと思っているのでしょうか?

いやいや、この出版社、メジャーですよね??
だったら、バイ男!

白癬者 なんて変換しないでくださいよぅ。

 だって、白癬者って・・・要するに、「白癬=水虫」のことですよね?

乙女の恋を語る少女マンガに、白癬、水虫なんてキーボードを打つのも
ためらわれる変換なんて。
ああ。

マイクロソフト様。ビルゲイツ様。
かわかりませんが。白癬者、という変換をぜひ、「白泉」ともなるようなキー変換を
標準でつけてはいただけませんでしょうか。ちなみにちぃのパソコンは、
きちんと辞書登録してございますので…

と脱線しましたが。

きっちりと書かせていただきます。「キスよりも早く」!!

2008/05/05

「好敵手」すなわちライバルに岡惚れしてしまうって心持ち。
頭にきてしまう、彼のいう言葉に反応してしまう、つい眼で追ってしまう、
気がつくと、彼に言われてしまった言葉に反応してしまう…、そう、誰よりも。

そう、ちぃは今、自分が好きなカップルのパターン、
そして妄想のもとに好きになってしまう恋愛パターン…それは、

主人公がいつの間にかライバル視していた方を好きになってしまうこれに尽きるようです…!!
すなわち、会話に起こしてみますと、男性と女性のバージョンですが、あくまで。
要素としては以下を入れてみます
①学園ラブ
②同級生

ずっと、小学校時代からの幼馴染だったわたし、ヒカリと雨宮マコト。
同じ少年少女バスケットボールチームにいて、仲良くしていたのに、
あるときからマコトは、私を避けるようになってしまった。
成績も同じくらいだったのに、あっという間にいつ勉強していたのか、抜かれてしまって、
マコトはしかも、悔しいことに背も急に伸びて、かっこよくなっちゃって、
いろんな女の子から声かけられてる…

気になるわけじゃ、ないけど。悔しいだけ!
でも、あいつのことばかり、眼がいっちゃうんだー…

これはちぃの完全なる創作です(汗)が、ちぃはこのパターン、
とても大好きなのです。
つまり、ライバル視していた人を好きになってしまう。

要するに、「自分と同じくらい能力のありそうな人」
として尊敬もしているわけですから、恋に発展しそうな理由は満載です。
なぜなら、やっぱり少女マンガのテーマは、「にゃんにゃんすること」
よりも、「人として好きになっちゃう」ことに重きを置く。
だって、女の子のご飯って、やっぱり「恋をするきゅんきゅん感」ですもの…★

具体的に古典的な少女漫画でいきますと、
有吉京子『スワン』における聖真澄と、クライスト。
吉住渉『ママレード・ボーイ』の光希と遊。結びつかなかったけれど、
光希と銀太もそういった事情から、友情から恋愛へと発展していったわけだと思います。

ライバル萌え。

やっぱり、「嫌い嫌いも好きのうち」
これは、女の子の醍醐味ですよね…♪

2007/10/25

ここで考察してみたいと思います。
「ホタルノヒカリ」ウェブサイトにて、干物女度チェックができましたので、
こちらを参考にしてみたいと思います。
皆様もやってみてくださいまし。
http://shop.kodansha.jp/bc/comics/hotarunohikari/

いかがでしたでしょうか?
こちらの結果から見るに、「ひものおんな」とは、
主眼として恋を休んでいるお嬢様のことをいうようです。

さて、ちぃの結果はと申しますと、当然ひものレベルにあてはまる
ところなど・・・ない・・・

といえず。
なんと「やだー! まずいわよ!」レベル

でした・・・
ご主人様にこんなにも日々尽くし、毎日ラブで一色なちぃ、
とにかくご主人様のために生きてご主人様とともに死ぬ、
ともいいかねないちぃがどこに、この要素があったのか、というと。
①ほつれたスカートのすそを、しばらく両面テープでとめていたことがある

のです・・・
実はちぃ、お裁縫がとっても苦手なのです。
不器用さんなちぃは、いつも指をぶすっといくので、
ご主人様はぶすっとちぃの指をさした針をたたきおり、
そっと指先をなめてくださる という妄想ができるのですが

とにかく、ちぃはお裁縫ができません。
お裁縫ができないゆえにある日、ほつれたスーツのすそを
会社にある両面テープでとめました・・・

 ばれないようにおびえながら。

②猫の毛をつけていた

 ちぃは無類の猫好きなので、猫を見かけるとつい、
お声かけしてしまうのです。

③健康番組で「へぇぇ~」といってしまう

これもあてはまってしまうのです。

④正直、これに回答するのが面倒だった

正直、少々思ってしまったのです。

というわけで、ちぃは実は「干物女」でもあるのでした。
ご主人様のいる、ばりばりと外では日夜ご主人様のために
働いている腐女子でありながら。

ちなみに、「ホタルノヒカリ」では、蛍嬢は
殿方との恋愛に現を抜かす、というようなこともなく。
ただひたすら漫画を愛し、ビールを愛しているのですが
(もちろん久しぶりの恋とも戦いながら)
もし、実は蛍嬢の読んでいる漫画に
あの、美しい世界があるとすれば・・・

ちぃは、一点をのぞいて蛍嬢にあてはまるか、もしれません。
素敵なご主人様がいる、という一点をのぞいて。

 ================================

『ホタルノヒカリ』(1~10)http://www.ntv.co.jp/himono/
『ひうらさとる公式サイト』http://www.satoru-h.com/top.html
 

2007/10/24

前回クールのドラマ化までされちゃいましたね。
ひうらさとるの「ホタルノヒカリ」(講談社、1~10巻、以下続刊)。

萌え系の漫画、というよりは前回お話しましたお嬢様方の本音系漫画…
「臨死!!江古田ちゃん」
(※詳しくはちぃの日記http://www.junkstage.com/subculture/chii/?p=25を見てくださいまし☆)
と異なる視点からお嬢様の本音を刺す!! 漫画でございます。

ひうらさんはもともと、ちぃは大好きでした。
おしゃれでポップなイラスト、どちらかというと渋谷系ミュージック
(コニシヤスハル氏、小山田圭吾の音楽みたいな)を連想させ、
イナカモンなちぃにとって、また別の
「おしゃれな東京」への萌えを与えてくれる方だったのです。

そういう夢を見たい方はぜひ、
彼女の「なかよし」時代の「月下美人」を読んでください。
ちぃにとって、ひうらさとる氏は「ムーンライトシンデレラ」そのままの
王子様とかわいい女の子の恋愛模様を書くマンガ家。

しかし、Kissに移ってから彼女が打ち出した路線・・・

それはオンナの本音。
内容はここまで有名になってしまったので、ご説明も不要かと思いますが
念のため。
主役は27歳の一流企業に勤めるOL、蛍。
彼女は一見して、「デキる女」風ですし、別に普通にお付き合いしているとのがたが
いても可笑しくは無い。

しかし、彼女の実態。
それは プライベートが崩壊した

干物女

だったのです…(続く)

===============================================
『ホタルノヒカリ』(1~10)http://www.ntv.co.jp/himono/
『ひうらさとる公式サイト』http://www.satoru-h.com/top.html

2007/07/16

「新宿歌舞伎町裏談義」でも書かせていただいたのですが、少女マンガの方程式に支配された腐女子たち。
この少女マンガ史において、
漫画家 新條まゆ(以下 愛称まゆたん)の残した功績はあまりに大きい、
と思われます。
彼女こそ、「少女たちのポルノ的エロス」を漫画で体現する立役者、
彼女がいなければ今の少女コミック文化はなかった、と断言できます。

小学館「少女コミック」「少女コミックCheese!」の、全体的な性描写が
激しいことは前にも書きましたが、批判が多いのも事実。
けれど、女の子の「夢」を書いているのも事実。

そう、女の子も「エッチなの、きゃっ☆」

そこは忘れちゃいけない。つっこみどころも満載だけど、
そこもご愛嬌。彼女の出世作となった「快感フレーズ」は、
黒髪 青い眼、某巨大財閥のご落胤である主人公咲也、
かわいい系、でもしっかりもののベーシスト、
女性と見まごうほどの美しさを持つギタリスト、
そんな「ハンサム」たちがありとあらゆる形で「平凡な」主人公を取り合う。

ストーリーがない、というのも事実ですが、
思わず腐女子であるわたしは仕事中、咲也の言葉を思い出してしまう。