Home > その他

2008/11/16

ちぃです。

最近、深夜残業もしくは接待もしくはスポーツクラブ・・・
という生活を送っているため、スポーツクラブのネタが増加していること、おゆるしいただければと思います。

そう、今日はご主人さまは土曜日出勤をされているので、
ちぃはひとりでお留守番。
さっそくスポーツクラブにまいりました。

ちぃは件のトレッドミルや、アダクター、レッグカールという聞きなれない
器具とともに筋肉を鍛えたのち、ヨガとエアロビ、そして約1キロを遊泳ののち
プールとサウナに入りました。

すると。

サウナは、私語厳禁とあるのですが、50代前後のマダムたちの
社交場になっておりました。
糖尿病で入院した話や、娘さんのお話、そして何よりジムのクラスの人間関係!

ちぃは驚愕しました。
何かというと、
「器具の使用について、○会員は使えるけれど、×会員は使えない
はずなのに、A子さんは使っていた」
「並んでいる人がいるんだから、使用を制限すべきである」
「A子さんはもともと鈍いところがある」

といった非難をし、最後には
「わたしは○会員だから、使ってもいいのよ」
というような言葉に繋がりました。

なんでしょうか。

ちぃは今、25年間生きてきて、やっと、というより、大学に進学してから、
そういった仲間意識や上下意識のようなものから解放された実感がありました。
ちぃやご主人様の通っていた大学は、人数が多すぎるゆえに
個人主義だったこともあり、個性は気付けば強烈になり、しかし、
誰かを中傷したり、徒党を組むようなことはなかったのです。

また、会社もそれなりに大きな企業だったことや、
ビジネスをしていることもあり、小さなことは一日お酒を頂戴すれば忘れる。

そんな、人生では楽な時間に今、いると思います。

しかし、このすでに子供を育てあげ、もしくは子供を育てているご婦人たちの
徒党の組んだ関係は、スポーツクラブにもはびこるらしいのです。
彼女たちは暇なのでしょうか?

とここまで考え、ちぃは万一ご主人様と結婚していただいて、
専業主婦になどなった場合、このような環境に入っていくことになるのか、
と落胆した気持ちになりました。
おそらく、スポーツクラブにさえ存在するのですから、もっといろいろな場所に
生じてくるのでしょう。

この人間の徒党を組もうとする姿。
そして誰かをバッシングしてその共同体を続ける考え方。
これはまさしく、かつて国が外部に仮想の敵国を作り、
国民の反感をそちらへ向けて国家総動員へと向けようとした
戦略に近いのではないだろうか。
古い歴史が示すとおり、繰り返していくものなのか。

マダムたちのよくある態度に、そこまで思考を巡らせていった、
おそらくその場で最も暇なちぃでした…・

2008/07/04

三十路に近くなってきまして、こういう話題が増えているちぃです。
大学時代の友人と話しても、会社の先輩後輩と話しても、
花もはじらう乙女というより向かってくる現実の話ばかり。
マンションを買うのか猫を飼うのかご主人様に飼われるのか。

そんな話があるたびに、ちぃはいつも愚問!
と思っているのですが…

当然。ご主人様に飼われることを選ぶに決まっています。

マンションを買う、猫を飼う。
それはよく負け犬などといわれてはいますが、
結婚できずただご主人様に飼われ続けているちぃはそれよりも
自主性がない分だけ、かなり女性として悲しいともいえるでしょう。
ご主人さまからいただいている寵愛は、一日の労働のあと染み込んだ
靴下の香りだけなのです。
そのことについては、いずれお話しましょう…

聴くも涙、語るも涙。

今日はちょっとまじめにちぃも考えました。
仕事をとるのか、愛をとるのか。
ちぃの周りはなんだかんだとキャリアウーマン志向の女性が多いです。
というよりも、全員働く意志の強い人間ばかりです。
いまどき、結婚したら仕事をやめる、なんて発想はそうそうないような気がします。
MBAをとる、評価を気にして上にのしあがる、
そのために結婚なり、男性なりが障壁となるのであれば、
そちらを切り捨てるとまではいかないにせよ、悩む対象になる。
そんな女性ばかりです。

でも、驚くことに。
ご主人様はちぃが働き続けることを望んでおられる、
というより自立してほしいと思っておられるようですが
(仕事をするか否かはおいておいて)
ちぃの心のパーセンテージは、100%ご主人様です。
それが、束縛ともいえるのかもしれませんが、これはご主人様に
強制されたから、ではありません。
どうしようもないのですが、ちぃの心は、100%ご主人様の上に、
仕事や、愛するコミックたちが乗っているという状態です。
前提はご主人様。
この結論はいともあっさりと出てきてしまいました。

前提は前提なので、これが崩れてしまえば当然のごとくすべてが壊れる。
当たり前ですが、ご主人様が万一仕事か自分を選べ、などという
発言は絶対されませんがされてしまったことを想定すると、
ちぃは迷わず仕事を捨ててしまうでしょう。
もしかするとその仕事に愛情がないから、かもしれませんが。

ちぃは現在の仕事は”ほどほど”だと思っています。
上司も、同僚も、皆いい人ばかりで、彼らのために何かはしたい、
と思いますが、自身が伸びたいと思うかというと、そうでもありません。
少なくとも、仕事に役立つスキルを身につけても、
それが出世につながるから、という言葉はモチベーションにもならなそうです。

ちぃはいつも思いますが、何よりも家族、一番大事にしたいひとを思い続けることが
ちぃの人生です。
それはきっと、ご主人様が望まなくても、変えられないでしょう。
残念なことに、ここだけは頑固で意地っ張りなのです。

仕事か恋か、選べなんて愚問。
悩む人たちが逆にうらやましいちぃだったりします。

2008/04/26

昨夜、会社の先輩に西麻布にある隠れ家バーに連れて行っていただきました。
隠れ家だから、場所は秘密。

先輩は、いつでもきっちりとしたスーツを身にまとい、
それでいて気さくで、白髪が輝く美男子です。
すきがなさすぎる男性なのですが、その一方で自分の服を省みると。。

なんだか仕事に追われてよれよれのスーツ。
お手入れのされていない服が泣いている。

そばにいるのが恥ずかしくなりました。
体のお手入れもろくにできていない。

ご主人様が、最近ちぃの所業について日々、苦言を呈されています。

それは忙しさを言い訳にして、自分を整えることを怠っているから。
やはり、女性たるもの、ひめやかで上品な笑顔をたたえていなければいけません。

あけすけな何かは、魅力をそこねるだけ。
乱暴な言葉遣いも、絶対に許されないはず。

なのに、ちぃはすっかり日々の生活にそういった「マナー」を忘れている気がして
反省してしまったのです。
いい服を着ること。
確かに大事なのですが、「いい服を着るために体をととのえる」
ことのほうが、ずっとずっと大事なのですね。

その先輩と一緒にいると、自分のみがかれていなさがわかり、
大変悲しい気持ちになりました。

2008/04/21

4月14日原稿 妄想族たちとの出会い

タイトルからして、ちぃはご主人様のことを書かなければならない…!
でしょうが、いつもあまりにご主人様のことばかり書いています。
しかも、若干ご主人様のことばかり書いていて、正直読者の皆様が
この「自称 変な狸」であるご主人様のことなど、あまり興味がないのではないだろうか。
と考えるようになりました。

■30歳(四捨五入すると)の男性
■若干頭が大きく、足も短く太い

方のことを、確かにちぃは心より尊敬しており、日々を楽しく過ごさせていただいておりますが、
それはあくまでちぃの主観。だと思いますので、あえて別の方を愛したときのエピソードなど。

それは、大学二年生の夏のこと。

ちぃは、かなり今より痩せておりました。
仕送りとアルバイトの料金で生活する極貧生活に手伝い、ひらひらと美しいレエスのついた服と、
それに伴う森茉莉様の全集などを購入するため、極貧を超えてもう霞を食べて生きておりました。
今、すでにハラニク大佐の称号をいただいているのですから、出世したものです。
もちろん、こんなちぃですから、ほとんどいわゆるところの宴席などに出席することは
ほとんどありませんでした。
恥ずかしながら、お酒は害だと思っておりましたし、太ってしまうため、
タバコを吸ってごまかしていたのです。
そして、また通っていた学校の人々はやはり同じように妄想の世界に浸るばかりの知人たち。
そして妄想を現実の力にすることができず、くすぶっているひとたち。

そう、ちぃの学校は、妄想族だったのです。

妄想族なかたがたは、やはりあまり生産をしないようです。
昔の文学青年たちは、働かず、悩みすぎて頭というより心(なんてものがあるのかはわかりませんが)
を使いすぎ、世を儚んで華厳の滝から飛び降りたりしていたようですが、
ちぃが、この妄想族な世界のなかで出会った、生命力の塊。

ちぃはそのひとに運命を変えられたのです。

ご主人様も、確かにこんな妄想族のなかには珍しく、学費を自らお支払いになり、
土方をしたりなさっていたようですが、その体力の回復のため授業を欠席、留年されているので
さらに学費をお稼ぎになっていたようです。

けれど、ちぃが運命を変えてもらえた人。
妄想を現実にする力をもらった人は、女の子でした。
彼女は、なんとちぃよりひとつ、年下でした。
とても見えず、彼女もちぃが年上だとは思っていなかったようです。

彼女は、妄想するちぃに「本を作る」ということ。人を愛することが、力になることを、目の前で現実にしてみせてくれました。
ちぃのような、平凡な人間と付き合っていてくれることにとても驚きを覚えてしまうのですが、
今でも彼女とのお付き合いは続いています。

彼女は自分を「回遊魚」だといいました。
とまってしまったら、死んでしまうのだ、と。

おそらく、ちぃが男だったら、彼女をもてあましながら、まぶしい目を向けて、
目を離すことができないでしょう。
同時にほっておくこともできないでしょう。
生命力、それは、とてもエネルギッシュなものであると同時に、周りを不安にもさせてしまうのです。
なぜなら、世の中のひとは、そこまで生命力にあふれていないから。

ゴシックロリータに惹かれる、厭世的なちぃにとって、生命の光はいい意味で力をくれたのです。
大学時代、彼女にあったことが、ちぃの運命を変えたのだとずっと思っています。

とりとめのない文章になってしまいましたが、彼女への恋文です。
妄想力と生命力を同時に持つ、稀有な人間に出会えたこと。
ちぃは、もしかすると、東京の片隅で、大きな町で、小さな運命を変える出会いができたのかもしれません。

2008/01/11

先日アップしました「ご主人様のお母様からの贈り物」ご意見をいただきました。
思わぬご意見でした。

それは、あのゴキブリキャップを作っている企業「タニサケ」についてです

本日いただいたお便りのなかで、こちらの企業様のすばらしさについて、
ひどく感銘を受けられたかたがいらしたのでした

ちぃは正直、ゴキブリ団子を渡されたことにショックを受け、
あまりこのタニサケという企業のこと、省みなかったのです。
しかし、こちらの企業様。なんともすごい企業でした…

・収益率はあのト●タ自動車の7倍

・2007年11月号の「改善・提案活動実績調査レポート」の、1人当りの年間奨金額で、

ついに

6年連続全国1位


さらにちぃの感動したものはサイト内の「会長語録」。

「9.セールス用のカバンは10kg 」
得意先(お客様)を喜ばせるアイテムを30~40用意する。講演テープ、情報のコピー、小冊子、
前回訪問時に聞いた話を補うような資料、なんでもかんでも
お得意様の喜ぶものをカバンに詰める。カバンの重いはお客様への想いに通じる」

この松岡会長、

「全国のゴキブリを退治したい」

そうです…

なんとすばらしく、大きな夢なのでしょうか。
ちぃはうっかり、ご主人様からの言葉とお土産にショックを受けましたが、
この優良企業に会えた事が心からの感動、感銘となりました

ご主人様はやっぱり素晴らしい方です 。

そして、ジャンクステージは、地方の優良企業を応援しています!!
また、タニサケについてのコメントをいただきましたY様。心より御礼申し上げます。 

2007/12/15

ある日、弊社(なんだか働く女性ぽいでしょう^^)のホームページ内で、
わたしの上司が取り上げられ、インタビュー記事が載りました。

最初、金融機関で働いて20年。妻と子あり、
厳格一筋! のような上司は、とてもとても嫌がっていたのです、が…

ある日、アップされたとき。

「ちぃちゃん、あのさ…」

ちょっともじもじしているのです。

「はい?」
なんだか、ちょっと怒られるわけでもなさそうだ、と思いあまり構えずにいたところ。

「あのホームページのさ、僕の記事…いつまであがってるのかな」

「ええと、3月まではあがってる、とききましたけど。何か不具合でも?」

「いや…あのね、奥さんに、国の母に見せるから、ってアドレスを知りたいけど
いつまで掲載されてるの、って…いわれたもんだから」

…!!!!!!

きっとこの上司Kを知らない皆様には、ちぃのオドロキが
まったくわかっていただけないか、と思うのですが、
この方はこんなもじもじ君キャラではないのです!
が

実は、こんなにも こんなにもめがねキャラのかわいい方だったなん、って…!!

ちぃはご主人様に従うしがない腐女子ですが、ちょっと芽生えがありました。
ああっ

攻めになって、K氏を可愛がる漢になりたひ…!!

2007/11/24

突然ですが、ちぃは現在習い事をしています…
おそらく、働く女性のなかでもナンバー5に入る習い事、それは。

英会話

キャリアウーマンの必須条件、それは英語。
ちなみにちぃの会社にも海外支社はあり、転勤はありえます

別に笑いもなにも生まれないはずのこのケースに、
腐女子には笑いが生まれる。

そう、書籍を読み妄想に耽りご主人様でまた妄想に耽るような生活。
そんなドメスティックでインドアな生活を誰よりも愛するはずのちぃが
海外へいくための勉強! Go Abroad! なツールとして
Speaking EnglishのためにQuality Languageなベル●ッツへ…

これはちなみに、会社からの優しい優しい新入社員への働きかけでした。
TOEICで400点代という、大学を出たとはとても思えない点数をたたき出したちぃへの、
会社からのお達しだったのです。

「ちなみに、ベ●リッツは全員外国の人で、マンツーマンだからね」

…えっ。
初回前に、凍りついたちぃの気持ち。
皆様にわかっていただければと思います…
しかも、初回にいく直前に上司からいわれました。

外国の方になんて、いったい最初なんていえばいいのでしょう。
ハロー? アイムグラッドトゥユー?
(と書いたところで、ご主人様から「アイムグラッドトゥシーユーだろ…」と
ツッコミが入りました。素で分かってないのです)

まず始めにいっておきますが、ちぃは大学で文学を専攻していましたし、
高校時代はマンガを読み、妄想をする以外はすべて勉強に費やしていたのに
…I’m glad to see you すら、まともにいえなかったのです。

 (※以下、()内 ご主人さま突込みです)

ぐらっどとぅしーゆー。(主語は)

ぼんじゅうる。(違うだろ)

いっひりーべでぃっひ。(いうのか)

知っている外国語、思いつくままにならべてみました。
英会話学校初回のその日。

「お~ぅ ち~い~ はうあーゆー」
(※Oh! Chii と言ってたのでしょうがちぃにはこう聴こえました)

「はっ…はわゆー あいむふぁいんせんきゅー」

まさにちぃは今、明治時代は文明開化の桂浜に来ているのです。
東京の中心地にあるベルリッ●は、坂本竜馬を生み出した桂浜になりました。

「How much Dollar?」(いくらだよ)
といわれて「ハマチドリ?」と思った日本人たちの勇姿を、
ちぃはまさに再現、いや体現しているのです…
(続く)

2007/11/04

金融OLとして日々日経新聞を読むちぃに、ある日衝撃の記事

「メロンパンの前で泣いた夜」岡田斗司夫氏 インタビュー
(11月3日付け、NIKKEIプラス1)

岡田氏といえば、あのガイナックスの設立者にして、
「オタク学入門」「東大オタク学講座」などで知られる評論家。
オタキングを自称する、オタクの中のオタク…
ところで、ちぃはここまで、たったこの短い文章のなかに、オタクを5回も書き記し、
とても悲しい気持ちになりました。

そう、ちぃがとても悲しい気持ちになったと同様、
オタクというのは、なぜだか人に悲しい、気持ち悪い、というような、
やはりネガティブな印象を与える言葉なのです。

アキハバラにいる男性、皆様そういうわけでもなんでもないのに
「太っていて、いつも汗をかいていて、髪が長くてべったり」
のような印象もぬぐえず、そして岡田氏はその印象を牽引していらっしゃいました。

事実、岡田氏、117キログラムだったのです…

が。
日経新聞に掲載された岡田氏は、ちぃがよく拝見するカリスマ
若手実業家、そう、たとえばサイバーエージェント社長 藤田氏、
セゾン投信社長 中野氏、のようなハンサムなかたがたと
なんら変わらない、センスのよい六本木ヒルズの住人といった風情。

彼に、何が起こったのでしょう。

けれど、記事中にて岡田氏はこうおっしゃっています。

”「前はハロウィーンのころまで昼夜問わずTシャツ。
でも、今は人並みに寒いんです」となんだか嬉しそうだ”

特に、オタク=デブ、だとはちぃはまったく思いません。
その逆も当然、多いと思います。

けれど、この台詞のなかで、オタクがなぜ、オタクと呼ばれるのか。
ポイントがあると思われます。

それは、「周りの目を気にしないで、いつまでも同じ服をきていた」
ということ。

お金がないから。
それもあるかもしれないけれど、岡田氏の場合それは考えにくいと思います。

オタク、というのは、やはり「中にこもって、人眼を気にしない」傾向が
強いことをさすのではないだろうか、とちぃは思っております。
人目を気にせず、自分の好きに生きる、それはとても
意思が強くてかっこいい生き方に聞こえるけれど。

ずっとそれでいい、なんて思えるものでしょうか。

岡田氏いわく「人並みに寒さを感じられる」というのは、
単純に脂肪が減った、という意味もあるのだと思いますが、
やっぱり「人並みになりたかった」という言葉がこもっているのでは、
と思うのです。

ちぃにとって、ご主人様がいて、ご主人様とすごすことも当然ですが、
ちぃは一方で働くOLだったりします。
皆様のおかげでやっぱり仕事もできたり、ご飯をおいしく食べられている。
大好きなアニメ、マンガ、すべて持っていられる。

それを忘れて「自分さえよければいいや」と、
センスの問題じゃなく、身なりを構わずいるのは、やっぱりどんな姿であれ、
オタクなのかなぁ、とちぃは思います。

もちろん、言葉の定義、となると難しい問題ですが、
今回の「オタキング」の革命は、いろいろな意味でちぃにとって、
大きな「オタク」の革命でもあったと思っております。

やっぱり、殿方も。お嬢様も。
いつもきれいでいたいですよねv

岡田斗司夫ホームページ:http://netcity.or.jp/OTAKU/okada/

2007/10/31

ちぃです。

会社では、まじめな金融OLとして日々を過ごすちぃです。

ちぃの仕事のなかで、本日事件がおきました。
お電話を受け取ったのですが、以下のような会話で
いつものように、お電話に応対しました。

ちぃ:「はい、○○(社名)です」

先方:「お世話になっております。
○Xコーポレーションのカツラギと申しますが、
Aさんいらっしゃいますでしょうか」

彼女は、確かに○Xコーポレーション、といったように
聞こえたのですが、なんとなく、彼女の発音のせいなのか、
ある言葉を連想したのです。
ただ、○Xコーポレーション、と
カツラギという言葉だけが聞き取れ、伝えることにしました。

ちぃ:「少々お待ちくださいませ」

と、後ろの席にいたAさんに声をかけました。

「Aさん
フォースチルドレンのカツラギさんからお電話です」

・・・
A:「フォースチルドレン? 」

はっ。
今、わたしは何をいったのでしょう。

○Xコーポレーション、と確かにいったつもりでしたが・・・
そう。
○Xコーポレーション、の言葉はなんとなく
あの新世紀エヴァンゲリオン用語「フォースチルドレン」に似ていたこと、
そして何より葛城参佐・・・

ちぃは連想してしまったのです。
その脳内メーカーが作った言葉を、ちぃはなんと
金融OLとして働くその場で、暴露してしまっていたのです!!

ちぃ:「A、Aさんっ・・・!! いや、その、ですね」

A「ま、いーや。出るねー」

とても素敵なAさんは、そのまま電話に出てご対応してくれたのですが、
ちぃはその日、ばれたのではないかと一日が恐ろしくございました・・・

エヴァンゲリオン、ここまで有名になり、
隠す必要もないのだと思いますが、ちぃは
「金融OL」として日々を生きているため、そのペルソナともいいましょうか、
仕事モードが切れるとうろたえてしまうのです。
あ、ううっ・・・がーん。
口で、うっかりまんがの噴出し部分を口に出してしまうほどに。

« Previous