Home > 未分類

2009/09/26

前回、「営業ってメンタルなジョブ。本当に…仕事がないと、腐っちゃって逆に仕事しないわ」
とかなんとか、いろいろ申し上げていたちぃ。

その1週間後の木曜日、シルバーウィーク明けから怒涛の業務が待っていました…。

毎日、12時過ぎの終電で帰って、仕事を持ち帰るようなそんな恐ろしい日々が、
今現状も続いています。
「仕事、したいなあ」なんていうものじゃなかった、とちぃは心の底から後悔しました。。

今回与えられたミッションは、いわゆる「トップダウン」と呼ばれるお仕事です。
営業なら、誰しも経験があるかと思うのですが、
自分たちとは日ごろ接点のない、役員の方々の繋がりから生まれる仕事。
仕事が生まれることは、このまだまだ不況と呼ばれる時代にはとてもありがたいこと。
それは、本当にそのとおり、なのですが…。

「トップダウン」のお仕事は、往々にして、当たり前ですが、
そんな目上の方々が雑務処理をされるはずもないので、
すべて現場営業の仕切りにかかってきます。
「実施」のみが決まっていて、詳細は何ひとつ決まっていない、それが当然の仕事です。

ちぃは、これに今、とても、とっても、、、初めてではないですが、、、
毎日電話しています。
深夜の1時に、関係者の皆々様とお電話をしたりしています。
ご主人様以上の密着度です。
…切ない。
ちぃは、本当は仕事が嫌い、というわけではないけれど、
残業は嫌いなのです!!!!(好きな人、いないかも)

さすがのちぃの様子に、ご主人様は地元の郷土料理である
「味噌煮込みうどん」を作ってまって下さっていました。
ありがたいことです。

でも、こういうお仕事していると、お客様とも連帯感が生まれてきます。
運命共同体の気持ちになります。
実際そうなのです。
そんなとき、ちぃはじーんと嬉しくなります。
立場を超えて、とにかく「このミッションを成功させるぞ!」という思いが生まれ、
出来る限りのことをやるしかない、と腹を括ると、
その先にある未来や可能性が少し、開けるような気がします。

…「トップ」と呼ばれる方々は、シモジモのちぃたちの走り回りぶりなど、
きっとご存知ないと思うのですが、いいのです。
ちぃたちも、きっと出来上がった商品を一生懸命、作るしかない。
それは営業でも、制作でも、開発部隊でも、マーケティング部でも、
皆同じ気持ち、のはず。

というわけで、今しばらくお休み返上でがんばります。
今日、明日は、そんな只中に会社の合宿です。

2009/07/19

※印ここは、決して、どこかの美容なんとかの宣伝ではありません。
あしからず。。。

実は、ご主人様と初めて、沖縄に行くことになりました。
石垣島 です。なのですが…以前もお話しました。
健康診断で「史上最高の体重」を記録してしまったちぃです。
ご主人様に「痩せろ!!」との指令が出ました。
海に連れていかないぞ!! との脅し。

そ、そんなぁ。
けれど、そんな短時間で痩せられるものでしょうか。
確かに、鏡を見るたびに自分とは信じたくない体型。
こうなったら、仕方ない。なりふりは構っていられません。
何事も形から入るちぃです。
「断食プログラム」なるものを決行することにしました。

ところは六本木・東京ミッドタウン「シュウ・サンクチュアリ」。
あの化粧品ブランド「シュウ・ウエムラ」でも有名な美容家 植村秀氏がプロデュースする、
サプリメントのお店です。
こちらの「断食プログラム」実は、学生時代にお世話になったことがあったのですが、
そのときからなんと 体重がプラス5キログラム!

皆様。
5キロの肉の塊って、見たことおありになりますか?
ちぃはないのですが、スーパーでパックの300グラムのお肉でも、
結構ボリュームあるのですが、その6倍。
それを落とすことって、本当に難しそう。

ですが・・・、ちぃは何度目かわからない決意をしました。
ここで、きれいになる努力をしなければ女がすたる。
きれいでいるのはもともとの素材からして無謀、だとしても、
少なくとも、もの好きにも一緒にいてくださるご主人さまのために、
きれいでいる努力はすべき。ですよね!?

というわけで、現在断食プログラム真っ最中です。
飲んでもいいのは、こちらのお店「イムダイン」さんが作られる美容ジュースです。
が、このジュース。
味は完全に普通のオレンジジュースみたいな感じです。

だ、大丈夫なのかな。
すでに騙されていないか不安ですが

ミッドタウンだし!
シュウ・ウエムラだし!
日本でも絶対大丈夫そうなブランド!!
(こういう人が一番騙されやすい、ということは往々にしてあることです)

ちなみにご主人様に「断食始めます」とお伝えしましたところ、
「とりあえず、もうお前は形から入れ」
とあきらめのような言葉を言われましたので、形から入ることにしました。

何キロやせられたのか…これは、請う、ご期待、です!!

2009/07/12

さて、続いて資格のお話です。
実は、ご主人様に「ファイナンシャルプランナーの資格を取りました」とお伝えしたところ、
出てきた回答がもうひとつありました。

それは、「お前は日本お片づけ検定 略して JKA」を取得しろ!
というミッションでした。

日本お片づけ検定
Japan Kadaduke Authorization 略して JKA とは。
お片づけ能力を測る試験で、資格試験としては当然、日本を名乗っているので、
国際資格ではなく、日本における住宅事情を配慮し、明確に片付けの方法を考え、
プランを提案できる技能試験です。
当然欧米、諸外国とは住宅事情、経済状況、また世間も異なりますが、
世界のそういったものを学ぶことも専門的には可能です。
ただし、こちらの資格を持って、具体的に家具、電化製品を販売することはできません。
あくまで、アドバイスのみ、となります。

当然ですが、ご主人様。
資格をお持ちです。
アドバイスを実際にちぃに行われております。

200907121235000.jpg

すごくわかりづらい絵ですが、こちら実は実際にJKAを設立、
世界に普及を推進していらっしゃるご主人さまが、実際にJKAから
最も遠い身近な人間に向け、指導をされている例。
T都N区のあるマンションの一室のカベに張られた図。

それは
「ストッキング」「女性用下着」「繊細なビーズ等のついた服」は
それぞれ袋を分け、丁寧に洗濯しましょう、ということが書かれています。
オリジナルキャラクターは設立者 ご主人様の自ら書かれた「イテク」くんです。
ちぃには、エクトプラズマにしか見えませんが。

それよりも、JKAの方々。
男性の加盟者が多いようです。
最近増えてきていた「片付けられない女子」にたまりかね、
指導されているインストラクターが多いようです。
しかし、皆様。
少しでも羞恥心があるなら、「女性用下着」は別にしましょう、
なんてことを恋人にかかれない嗜みを持ち合わせているかと思うのですが、
BとOの結集したちぃです。

羞恥心もあるものの、JKA保持者のご主人さまにはかなわないのです…・

2009/06/12

た、たいへんです。

ご主人様。

ちぃ、ちぃ、、、
史上最大の体重になってしまいました!
と。ここに告白をいたします。

ご主人様からずっと、ハラニク大佐とよばれつづけ、すでに幾星霜
それでもそんなハラニクを笑えるほど、まだお年を召すことすらできないちぃ。
なのに。

努力はしていなかった。
ここに認めましょう。
最近、まったく走りこみもしていなかったのです。

新年度に入り、健康診断の時期がまいりました。
ちぃは昔から、血液検査、というものが苦手で、というよりも、
5年ほど前に少し大きな病気をしてしまい、その際に血液検査をするたびに
倒れてしまう、という症状に見舞われるようになってしまったのです。
(よく、血を抜かれて具合が悪くなったことはありませんか、
といわれる類のものです)

そのころは、ちぃは、明らかに具合が悪く、自称サナトリウム文学のヒロインもいける、
その程度にはやせていたと思うのですが、
今。

体重は5~7キログラム程度増加し、すっかり健康。
ちぃは自分の健康を過信し、血を抜かれる際、
「もう肉もついているし、大丈夫だろう」と思いながら、
「血を抜いて、具合がわるくなったことありませんか」というお言葉に、
「ありません」と答え、丸椅子に腰掛け、
「うーん、いい血管ですね」といわれながら、普通に血液検査に臨みました。

が。

「ちょっとチクっとしますよー」

といわれた瞬間、そしてぷす、と刺された瞬間、自身の体から
さぁっと抜ける血の気。
吐き気とともにざわつく意識。
そう、これは明らかに、あの慣れた症状。

「ちょっ、ちょっ、大丈夫!?」

看護婦氏らしき人の声を聴きながら、ちぃは、大きな音を立て、
倒れていたのです…。

どっすーん!!

と。

しばらくして、頭脳の痛みとともに、目が覚め起き上がろうとすると、
「ちょっと、だめよ!!」
看護婦さんに押し付けられ、しばらく横になるように指示されました。

「大丈夫と思っても、ダメなのよ」

そうか。
ちぃは、あのころより体重がこんなにも重くなっても、
変わらず、あの悪しき症状だけが残ってしまっていた。
そして、太った体が倒れる瞬間を想像し、ちぃはぞっとしました。

それは、さながら、

麻酔を打たれた巨大な豚

これから屠殺される豚の気持ち。

…

「豚になった、気持ち、です」

つぶやいたちぃの声が聞こえていたのか、いないのか。
看護婦さん。
もう少し、美しく倒れられるよう、もう少しやせなければ。
残ったものは、昨年から更新された、体重の印ばかり…。

2009/06/03

新しい月が始まりました。
ちぃとご主人様。

かわらず二人で「仕事いやだなあ」「バカンスにいきたい」 
を連呼しています。
ご主人様は先日、北海道への出張に金曜日、土曜日といかれ、
楽しんできたのか・・・と思いきや、ぐったりとされていて、よほど、
精力を使われたのではないかと疑いさえしてしまったちぃです。
さて、それはおいておきまして。

ちょうど、上期の最終月です。
そして、四半期決算の第二クォーターの最終月でもあります。

営業ウーマンにとっては、最後のおいこみの月でもありますが、
世界金融不況、まだまだ厳しい現実を見せております。
アメリカの象徴、ジェネラルモータースはとうとう、100年に及ぶ歴史の終焉を迎え、
新たな歴史を踏み出しました。

きっと、いろいろな面でかわらなければいけないのでしょうね。
ちぃのような古い人間には、この心臓に悪い変化。
ついていけず五月病ならぬ六月病になりそうですが・・・、

とにかく楽しく生きていきたいな。
そう思う次第です・・・。

2009/05/22

「香ばしい」最近ちぃのキーワードでございます。

実は、本日(というより昨日)ジャンクステージ代表須藤優さま、
大学時代の女傑2人、というメンバー4人で飲む機会がありました。
場所は新丸ビルのちょっと素敵なイタリアン。
(少しお値段張ったのは、ボトルを開けたせいでしょうか。)

話をしていて思いましたのは、20代後半ともなると、
「香ばしい」話題が多いのですね。

「香ばしい」とは。
熟していること。すでに熟れはじめ、甘くて腐りかけの果物のように、
口に含むと愉しいけれど、何処か苦い話題。
突出して、アラサー世代、少し夢を見がちな男性を愛する女性たちの
痛いお話。

それぞれ、働く職業婦人でかつ、男子を見る目がとても厳しい。
稼ぎもあるし、それなりに企業、属している団体での地位や自分の信念も築き始め、
プロ意識も強いのだと思います。

ですが。

ちぃが思うに、女性ですから、どんなに厳しいことを発言しようと、
夢を見る女の子であることは変わりがないのです。
ちぃが未だにご主人様を白馬の王子様だと信じるように、
(見た目は王子様の乗ったポニー、という感じかもしれませぬが)
運命を信じたいお年頃なので、「香ばしく」なるのでしょうね。

そういうお話は苺のようなもので、
「熟れすぎ」一歩手前が一番美味しいのです。

ちぃは、男性によって性格が変貌する便利な性格をしています。
ご主人様は、職業婦人志向が強い方なので、今でも続いておりますが、
もし「嫁にこい、仕事をやめろ」といわれれば
「はい」と答えてそのまま、ご主人様の家にとび乗ると思います。

けれど、嫁にこい、とは言われず、そのことを実はほんの少し夢見ていたりするけれど、
「一生働け」といわれるのですから、働き続けるのでしょう。
理想と現実は違うのです。

夢を追い続ける女子が、その通りにならず、なぜかがつがつと働く
キャリアウーマン、起業人、ひとりで生きている女だ、と周りから見られることほど、
「香ばしい」ことはない。
そこに一抹の悲しみが存在するから、です。
その悲しみは、隙に繋がり、また、新たな恋を生んで、新たな香ばしい話題が
発生していく。

人間の性、業というものを感じ入った、夜でした。
また、この毒のような夜を過ごしたいものです。

2009/02/09

続々とこの金融不安のなか、決算短信が報告されております。
耳慣れない方も多いと思うので、たまには真面目に経済のお話。

といっても、ちぃも経理担当ではないこともあり、そこまで細かい情報は理解できていないのですが
以下のように理解しています。

株式等の取扱いなどを行う方にとって、
特に大きなものとしては、決算情報には、おもに以下の二種類があります。
・決算公告…会社法が定める、法定情報開示
・決算短信…証券取引所(民間組織)が、取引所に上場する企業に対し、求める情報開示

つまり、後者は上場していなければ極端な話不要。
現在続々と出ている決算短信は、「平成21年3月期 第3四半期」の決算です。
おもに、企業の平成20年4月~12月までの成績を出しています。

この成績が現在、どこの企業も世界同時不況の影響か、
あまりよくない、ということでかなり話題です。
コンビニエンスストア業界、食品メーカーなどはかなりよい成績をあげているようですが、
ソニー、パナソニック といった電気メーカーの不振は、リストラに繋がっています。
不動産など、業界6位の日本綜合地所の民事再生法申請など、冷え込みが激しい。

そんな折、ちぃが注目したのは、まじめなわけがありません。
とある朝の日本経済新聞朝刊「企業面」における「オカモト」の決算短信記事。

こういったとき、やっぱり残るのは人間の欲求なのではないかと思いまして
食品の好調に続き、「性欲」…
以前、写真家 ヒロトさんに勧められて読んだ本が
「世界の下半身経済が儲かる理由―セックス産業から見える世界経済のカラクリ」

でした。

といったところもありましたので、
避妊具シェア1位のオカモト、決算 気になるところ…。
と思いましたら、
全体としては不況のあおりを受けるものの、避妊具の売れ行きは好調

とのことでした…。
ちなみに最近、日経新聞では新聞小説、「甘苦上海」という、50代女性の
若い男性との恋愛が連載されており、なんとも不似合いな単語が、
かつての「失楽園」のように連発されております。

新聞も不況だと聞きますが、ここにも、「下半身が経済を支える」と信じて、
日本の経済新聞は努力されているのでしょうか…。
まだちょっと、思い切り朝、熟読できない20代のちぃです。

2009/01/25

日経ヴェリタスの発刊日である日曜日、ということで、まじめに婚活話が続きます。
なぜ婚活と経済。
いえいえ、ちぃは某外資系金融機関の毎年実施している、新春経済討論会に出席など
しましたが、そこでも、少子化問題については触れていました。

婚活。
それは日本の経済を救うかもしれないのです。
余談ですが、「対策方法の掲載されていない『婚活時代』」ですが、
この書籍を取り上げる「CLASSY」「Oggi」といった、キャリア女性向け雑誌では、
「誠心」http://www.seishin.net/
「O-Net」http://onet.jp/chance/index.html
さらには、キャリア女性のバイブルともいえる日本経済新聞
朝刊15段広告でさえ、結婚相談所の広告が…!!

つまり、完全にターゲット、というわけです。
むしろ、婚活時代の回答は、「結婚相談所」にいく、ということなのでしょうか。
どうやら、まだ読めていない本のことをあれこれ書くのはどうか、と思うのですが、
この『婚活時代』にも、そのようなことが書いているようです。
結婚相談所に行くべし…。
マスコミの広告収入には大きく寄与しているような、気がしないでもないですが…。
やま★しろさんのおっしゃるように、広告の世界はとても厳しいこと、よく伺います。

嗚呼。
婚活の回答=結婚相談所=広告収入の増加=景気対策
なのでしょうか。
しょせん、この世はお金なの…??

いえいえ
ちぃは断固として伝えたい!
結婚は愛です!!!!

ご主人さまへの愛を貫いてみせましょう、と思うのですが、肝心のご主人さまに
結婚、なんて伝えられないちぃです。
(いえ、ここ、ご主人さまも読んでいるんですけれども…)

その場にいた24歳~28歳の男女の会話です。
みんな、まだまだ男女ともに夢見がちですが、それでも、
女性は出産、ということを考えるためか、男性よりも現実的です。
少なくとも、ちぃの回りの女性陣、皆さん男性なみにバリバリと働いていますが、
子どもはほしいし、結婚に夢もあこがれもある。

しり込みしているのは男性なのです。
というわけで、世の中の男性方。
覚悟をばちっときめて、自由を語るのもよいけれど、
「子どもができたらなんとかなる」の精神で、家族を持ってみては?
という意見が女性陣の総意でした。

女の子は、今多くが働いているから、自分たちでなんとかできる部分もあるのです。

ちなみに経済的に言うと、勝間和代さんなんかもおっしゃっていますが、
「人口が減っている国家に経済アナリストとして、投資をしようとは思わない」
のだそうです。
消費、生産、ともに物理的に冷え込んでいきます。
お金の節約もよいですが、使わなければ、ものは流れません。

日本から、多くのお金が流れ、弱体化していくのを指を
くわえてみていられるでしょうか。
ちぃはオタクですから、漫画、ゲーム、たしなみます。
けれど、その漫画を支えてきたのはやはり少年少女たちの夢だったと思うのです。
彼らが減っていく国で、新しい夢も希望も生まれません。

というわけで、急に愛国者のようになってしまいましたが・・・。

婚活。
するのもよいですが、まず、男性の皆皆様。
覚悟をきめて、やっぱり女の子を幸せにしてほしいなあ、と思った次第でした。
案外、女の子、逞しいですから、いざとなれば、どーんと、構えて、
悩みも受け止めてくれるとそう、思うのですけれど…。

何より、愛があれば。

2009/01/24

ちぃです。
さて、今はやりの言葉ですが、「婚活」。
お客様に、「婚活って知ってる?」という言葉を聴くことがこの一週間、
2度ほどありました。
ちなみに、既婚者であり、かつ30代~40代後半のオジサマに、です。

そして、先週の日曜日に久しぶりに集まった大学時代の同期との会話も、
そのようなものでありました。
そもそも、「婚活」。いったいどういう定義なのでしょう?

ちぃ自身も知らなかったのですが、ちぃの同期たち。ちょうど、「20代半ば」が
多く、そろそろ結婚…という話が増えてまいりました。
具体的にいうと、「今付き合っている彼と結婚していいの?」
という20代半ばの女性陣に、「まだ結婚なんて…」という男性陣。そんなメンバーで、話題に上った「婚活時代」…。
メンバーの女の子の一人は、おそらく名前をいえば誰もが知っている
化粧品会社勤務なのですが、この本、その女性同僚のなかで回して読んだ、と
いうのです。
メンバーは、この本を読んだことがなかったので思わず興味深々。

「で。何が書いてあったの?」「それがね…

女の子の晩婚傾向は進んでいるけれど、男の子の結婚年齢が変わってない。
だから、女の子は婚活したほうがいい。

って書いてあるんだけど

…
……
どうしたら結婚できるか、具体的な話があんまりないんだよ。」

ええ。
対策がなく、ただ、女の子に不安を与えるだけの本、ということなのでしょうか。

さて、ちなみにここに、厚生労働省大臣が出している結婚年齢の資料があります。

20090125.jpg
「人口動態統計」厚生労働省大臣官房統計情報部より抜粋

確かに、男性も女性も、結婚年齢が上がってきています。
けれど、明らかにわかることがもうひとつ。
それは、男性の結婚年齢の上昇より、女性の結婚年齢のほうが、
上向いてきているのです。
と、いうよりも。

年の差カップルが平均的には減ってきている。
身近なちぃの回り、会社、大学を見回しても、「大学の同級生」と付き合って、結婚する
パターンが増加しています。
なので、男性が覚悟を決めてくれなければ、女性だって結婚できないわけです。

その場にいた女性陣。
決して結婚願望がないわけではありません。
よくいわれる、未婚の女性の6割は彼氏がいない、という言葉を
ひっくり返してしまうほど、なんと10割彼氏持ち。

しかし。

その彼氏たち。
なかなか結婚を決意しない。

と、いうわけで…なぜ結婚に踏み切らないのか。
ということを喧々諤々と語り合ったわけです。
というよりも、その場にいた男子(うち一人は既婚で新婚でした)
を苛め抜いた、というわけです…。

(続く)

2008/03/16

「私のものだ もう誰にも、わたさない…」

ご主人様が音読されているものは、まさに一冊の漫画
『花咲ける青少年』(樹なつみ著・白泉社刊)。樹なつみ氏、といえば月刊LaLaの黄金時代を築いた一人、といっても
過言ではないかもしれません。
代表作は「マルチェロ物語」、「OZ」、「獣王星」、そして
講談社漫画大賞も受賞された「八雲立つ」。

しかし、ちぃが彼女の作品のなかでちぃが一番愛していた作品、それが
「花咲ける青少年」。

とにかく…ハンサムボーイが山ほど出ていらっしゃるのです、そう、まさに「王子様」が。
主人公花鹿(かじか)ちゃんは、まず世界有数の財閥の一人娘、
そして人に「彼女についていきたい!」と思わせてしまう強烈なカリスマ性を持つ
少女…会う男性男性、みんな彼女に惚れてしまう。
花鹿ちゃんは、どこまでいってもポジティブシンキングな女の子なのですが、
登場するハンサムな男性たちは、全員暗い過去を持っているので(ここもおいしいポイントなのかなあ…)
彼女のポジティブシンキングに救われたいのだろう、と思います。

ちぃはその中に出てくる、中国人財閥の総帥 倣 立人(ファン リーレン)
のことを本当に本当に王子様だと思い、日々、高校時代、
リーレンがきてくれないかなぁ、と思ったり、思わなかったり、したものです…

「お前は、それで、誰を選ぶと言うのだ…」
「私の中の、小さな子どもが啼いている 花鹿がほしいと啼いている…!」


…?幻聴?
高校時代を思い出しながら、浸っていたところ。
立人がきてくれたような声。こんな声なのですね…
と思い、振り返ると。

確かに黒髪。けれど身長は立人は180センチあったはずなのに。
そして涼しげな目元だったはずだけれど。

なんだか丸い瞳にどちらかというとぽっちゃり。

…

「ぷっ、なに、この王子様?うわっ、なんなのこの金髪の男…
いるわけねーし、総帥って、普通50過ぎとかじゃないの?
21歳て、お前より年下じゃん」

…!!、ご主人様…ひどい…!!!!

よりにもよって、年齢のことなんていわないで!

なつみ缶(樹なつみ先生オフィシャルブログ)
http://ina-inc.sblo.jp/

Next »