« FMラジオに出演してきました | Home | I Love古町×FM PORT 79.0 アルビフリークspecial@西堀ローサ »

2007/10/20

選手としての道は絶たれ、大学卒業後は普通に就職した下地さん。しかし、そう簡単にバスケットから離れられる訳はありません。その思いはついに、彼を現役復帰の道へ向かわせる事になります。

**********

後援会員(以下、後):そろそろ卒業後の話ですが。
下地(以下、下):はい、病気で実業団の話もなくなり、普通に就職活動したんですよ。入社したOSGも縁があって普通に面接を受けに行ったんですよね、一般社員として。バスケとか関係なく。
後:あ、そうだったんですか。
下:だから、バスケ部もボランティアというか、普通に仕事が終わった後に手伝いに行ってたんですよね。和さん(※1)も僕のこと知ってたんで。でも、完全に雑用ですね。水くみにモップに掃除とか。だから、関東の大学バスケ部が合宿に来ると、みんなびっくりするんですよ。「下地さん、なんでそんな事してるんですか?」って。
後:つい最近まで大学でトップだった選手が雑用係ですもんね(笑)。
下:僕は特に現役復帰とか考えていた訳じゃないんですけど、体重が125キロもあったので、とりあえず痩せたかったんですよね。コーチとして考えるなら、人に見られるというのもあるし。なので、そこから半年で40キロ落としましたね。
後:それはまた無茶な事を・・・(笑)。
下:スウェット着て、毎日ウェイトやってたんですよ。そしたらだんだんいい体になってきて、気が付いたら現役の時より調子よくなって(笑)。ベンチプレスも元に戻ってたし。試しにダンクしてみようって跳んでみたら軽く出来るんですよ、ダンクが。ガコーン!って。一緒に見ていた大口さん(※2)もびっくりしちゃって。それからですね、大口さんとかと1対1をやるようになったのは。
後:大口とやってたんですか?
下:「下地、やろう」って言われるから、僕も「いいですよ」って。その頃は僕もアウトサイドのプレーが出来たし、外からもシュート決めてたんですよ。そのうちOSG の他の選手ともやるようになって。アフェアキ(※3)とかもやってましたよ、「ナイスムーブ!」なんて言ってくれたりして。
後:プレーは出来たとしても、心臓は怖くなかったですか?
下:怖かったですよ。でも、プレー出来たんですよね。和さんも褒めてくれたし。
後:いずれはコーチとして・・・というのはあったんですよね?
下:そうですね、だからなんとか和さんのバスケを盗もうとしてましたね。その時に思ったのは、「(プレーを)理解してやるのと、理解しないでやるのは全然違うな」という事ですね。それまでは自分の感覚だけでやってたんですよ。「まぁ俺のプレーを見てろ」くらいに思ってて。ところが、プレーの過程を理解してやるとバスケが面白いんですよね。だから、ウェイトもチームの練習も継続して、土日は体育館で自分で練習してましたね。周りは「何もそこまでしなくても」って思ってたかもしれませんけどね。そしてOSGで2年目ですかね、もう凄く調子がいいんですよ。全然走れるし。復帰できるんじゃないか?って。この時、また運命的な出会いがありまして。豊橋のハートセンター(※4)というところの鈴木先生に出会ったんですよ。
後:心臓の専門医の方ですね。
下:自分のそれまで経緯を話してみたら、先生は、「お前、バスケ出来るよ。やってみなさい」って言ってくれたんですよね。メディカルチェックも全部受けて、ゴーサインが出て。会社や和さんともしっかり話し合って。だから3年目からですね、OSGで選手としてやったのは。
後:ついに現役復帰したんですね。
下:ちょうどその年ですね、大江さんや竹原さん(※5)、信田さんとかが入団したんですよ。和さんも「ここに下地が加われば日本リーグで優勝できるな」って。ちょうど日本リーグでアルビと戦っている頃ですね。アイシンと日本人同士で練習試合しても2点差で負けるくらいで。外山さん(※6)とマッチアップしたんですけど、外山さんとも知り合いだったんで、「ウザイ奴が来たな」なんて言われましたね(笑)。でも、それくらい普通にプレーできたんですよね。自分でも「これは行けるな」って思ってましたね。

0451.jpg

**********

※1 ・・・ 中村和雄、秋田県出身。芝浦工業大学。現OSG監督。女子の共同石油や全日本女子監督としても活躍。1940年12月4日生まれ。

※2 ・・・ 大口真洋、大阪府出身。初芝高校から天理大学へ。その後はOSGでプレー。1976年1月6日生まれ。身長172センチ。その圧倒的な運動量から、猿飛佐助と呼ばれる。

※3 ・・・ ポール・アフェアキ。当時のOSGの外国人選手。

※4 ・・・ 豊橋ハートセンター。愛知県豊橋市に所在。循環器(心臓・血管)の専門病院で、循環器の手術等を行う心臓血管外科もある。

※5 ・・・ 竹原太一、奈良県出身。洛南高校から同志社大学へ。卒業後は松下電器他でプレー。現JBL2豊田通商。1976年1月26日生まれ。身長185センチ。

※6 ・・・ 外山英明、東京都出身。千葉敬愛高校から青山学院大学へ。卒業後は熊谷組他でプレー。全日本選手として活躍しただけでなく、日本人初のプロバスケット選手でもある。1967年3月13日生まれ。身長197センチ。


Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>