« 【bjリーグ公式戦】富山グウジーズ vs 新潟アルビレックスBB ・・・ 試合後の記者会見 | Home | 【bjリーグ公式戦】富山グウジーズ vs 新潟アルビレックスBB ・・・ 試合後の記者会見 »

2007/11/10

病院の人に励まされ、訪れるチーム関係者や友人達に励まされ、下地さんは着実に回復していきます。先生の予想よりもずっと早く。そして、下地さんにとってリハビリの大きな目標が出来ました。アルビレックスBBが、2月に再び所沢を訪れるのです。

**********

後援会員(以下、後):お正月には選手や会社のスタッフがお見舞いに来てくれたそうですね。
下地(以下、下):はい、大晦日と元旦に中野社長(当時)が来てくれたんですよ。「下ちゃんに会いたかったんだよ~!」なんて言ってくれたんですけど、「中野さん、ホントは僕と一緒にいたいんじゃなくて、家族から離れたかったんじゃないですか~?」なんて冗談言ってましたね(笑)。でも、中野さんには本当にお世話になりましたね。リハビリが始まった頃には安里先生も来てくれたんですけど、先生が来たとたんに泣いちゃいましたね。いろんな話をしましたけど、安里先生の言葉は本当に心強かったです。
後:廣瀬HCも来てくれたとか。
下:これが時間を見計らったかのようなんですが、中野さんが帰ってすぐに廣瀬さんが来てくれたんですよね。別々だったそうなんですが。廣瀬さんは家族で来てくれたんですよ。中野さんと話して大笑いして、「よし、また頑張ろう」と思った矢先に廣瀬さんが来たものだから、僕はまた泣いてしまって(笑)。廣瀬さんには、「いいか下地、朱鷺メッセの最終戦には絶対にスーツ着てベンチに入るんだぞ」って言われましたね。そして、4月のプレイオフには間に合わせろって。実は僕はリハビリの先生と話していて、4月のプレイオフには車いすで行ければ十分と思っていたんですよ。でも、廣瀬さんに言われたからにはやるしかないな、と思って(笑)。リハビリの先生に相談して、また頑張ることにしましたね。
後:選手も来てくれたそうですね。
下:はい、テラなんかは2回も来てくれましたね。わらじ、テラ、小菅、公威の4人で来てくれたんですけど、あの時はあいつらが延々と話し続けたせいでリハビリ中止ですよ(笑)。あいつら4時間も話し続けましたからね(笑)。
後:その後のリハビリはかなりのハイペースだったとか。
下:車いすから立ち上がる練習も、まだ無理だって言われたんですけど、やってみたらスッと立てたんですよ。先生が「まだこれは出来ない」ってのも次々と一発でクリアしていきましたね。先生も驚いていたんですけど、実は僕、内緒で練習してたんですよ(笑)。リハビリは朝の9時半から12時、午後は2時から5時くらいまでやってるから、それ以上やると体に負担になるんですよね。でも病室で内緒にスクワットやったり歩く練習したり。先生はそれを知らないから不思議がってましたけどね(笑)。
後:歩くのは苦労したそうですね。
下:はい、これは正直自分でも出来ないと思ってました。普通に歩くことが出来ないんですよ。でも、平行棒を掴んで歩く練習をしたとき、5歩だけ進むことが出来たんですよね。これだけで凄く疲れたんですけど、先生は「たとえ掴んだ状態でも、5歩も歩けるなら可能性があるな」って言ってくれて。
後:実際には、予定よりかなり早いペースで回復したそうですね。
下:歩くだけで奇跡って言われたくらいなので、看護士さんも泣いてくれたし、リハビリの先生には感謝ですね。いろいろ調べてくれたし、おかげで歩けるようになりましたから。予定より早まって2月の所沢を目標にしてから、またリハビリの先生と頑張りましたね。午前中より午後は少しでも長く歩くようにしたり。で、リハビリ頑張りすぎて、体重が減るくらい(笑)。
後:減っちゃダメじゃないですか(笑)。
下:だから病院の人に相談したんですよ。病院の最初の食事は1,800キロカロリーだったんですよ。一般の成人男性が必要なのが多分、2,000キロカロリー位だと思うんですけど、さすがに僕にはそれだけでは足りなかったんで、3,000キロカロリーくらいにしてもらいました。ご飯も山盛りにしてもらって。ご飯を食べると力が付くんですよね。それからは回復のぺースも上がりました。リハビリを1時間頑張ったらそれ以上疲れないようにちゃんと休憩したり、もしかしたら人生で初めてかもですね、あんなに自分の体を大切にしたのは。そして、病院の人たちには本当に感謝ですね。トイレ一つから頭を洗う事まで、全て面倒見てもらいましたから。若い看護婦さんもベテランの方も、みんな良くしてくれて、ありがたかったですね。
後:所沢の試合に行ったときはどんな気持でしたか?
下:いや、もう・・・感動ですね。アルビとか埼玉とかじゃなくて、バスケを見ることが出来るだけでも感動でしたね。病室のテレビでオールジャパンの放送を見たり、アルビの試合のDVDを送ってもらっては見たりはしてたんですよ。廣瀬さんなんか「試合を見て今のアルビに必要なものを報告しろ」なんて宿題まで出して(笑)。でも、実際に試合会場に行ったら・・・。まずは選手達が出迎えてくれたんですよね。みんなに会えて安心して、さらにわざわざブースターの人たちも新潟からたくさん来てくれたって聞いたら嬉しくて。本当に感動しましたね。
後:新潟へ帰ったのも予定より早かったそうですね。
下:そうですね、本当は埼玉の病院を離れるのが寂しかったんですよ。埼玉にずっといようかな~と思うくらいで(笑)。リハビリの先生は泣くし、書いた事のない手紙を僕のためにわざわざ書いてくれたりして。病院の皆さんとも写真をたくさん撮りましたし。最後は寂しかったですね・・・。それから、僕の為に毎日、病院に足を運んでくれた埼玉の大親友2人には本当に感謝の気持ちで一杯ですね。「たくさんの希望をありがとう」と伝えたいです。
後:松葉杖についてはいずれ頼らなくてもよくなりそうですか?
下:はい、埼玉の先生も「君は大丈夫だよ、歩けるようになる」って言ってくれて。たぶん跳んだり走ったりといのは無理ですけど、普通に歩けるようになるとは思います。

※後援会員より注・・・下地さんは現在、長距離の移動などを除けば、ほとんど松葉杖を使っていません。

075.jpg


Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>