« | Home | »

2009/07/31

JunkStageをご覧の皆様、こんにちは。
茨城県の写真館「スタジオ ラ・フォーレ」さんのご協力で
女子部の4人が月に1回、ウェディング撮影会をモニターして参ることになりました!

第2回は私、照山が「和の結婚式」をテーマに実際の撮影をして頂きました。

*         *         *

今回は、前回掲載の6月1日にオープンしたばかりの衣装館にて全撮影を行いました。
実は、現在この衣装館と同じ敷地に、スタジオを新築工事中なのです。
今年秋にオープンの新スタジオに備えて、機材の移動を先に行ったとのこと。
光栄な事に、私が撮影第一号でした。

外観1外観2スタジオ建設予定地

[古民家を改装した、写真館とは思えない、雰囲気のある建物]
*         *         *

【ヘアメイク】
ヘアメイク担当は、前回もやって頂いた中川愛さん。
今回は、ウェディングの撮影ということで、お衣装に負けない華のあるメイクにして頂きました。
ちなみに、こうしたところでは珍しく、一般にも流通している見覚えのあるメーカーのアイシャドーがあったので、お薦めなのかと聞くと、ベースメイクは肌に負担のない専門品を使用しているが、カラーアイテムは発色重視でチョイスしているとのこと。
また、カラーアイテムは白や黄、ゴールドを置いてから重ねつけすると、発色が良くなるのはもちろん、色素沈着を防ぐのにも有効というアドバイスを頂戴しました。

ショートヘアの私ですが、エクステンションを足してあっというまに写真映えするロングスタイルに。
エレガントな巻き髪にうっとりしながら、衣装チェンジ。今回は、ミスインターナショナルも着用したという打ち掛けをドレスに仕立て直したもの。
マーメイドラインが女性らしいシルエットを作ってくれました。

メイク中ヘアメイク

*         *         *

【撮影】
ヘアメイクが済むと、一回目の撮影。
カメラマンは前回と同じく藤原翼さん、カメラアシスタントの小野寺里美さんと、今回は代表の岩田力三さんもご参加いただけました。

撮影第一号とのことで、照明のセッティングに少々時間がかかったのですが、これは今後改善されるはず。
実際にとれた写真は自然光を活かした優しい仕上がりになりました。

[こちらは撮影中の様子]

撮影1撮影2撮影中3

[実際にできあがった作品がこちら]

打掛ドレス1 打掛ドレス2 打掛ドレス3
ここでいったんお昼休憩。スタッフ皆さんは仲が良く、いつもみんなでお昼を取っているとのこと。
和気あいあいとした雰囲気の中、私も一緒にちゃぶ台を囲ませていただきました。
*         *         *

【着付】
2カット目は本振袖での撮影。メイクを直し、着付け室へ。
担当してくださったのは、ベテランの真鍋寿子さんと海老原清子さん。

着付1着付2かんざし
本振袖とは、袖の内側に「振り」と呼ばれる別布が二つ折りの状態で入っている贅沢な仕立てで、白無垢などと同じく婚礼衣装に使用できる着物です。おはしょりは作らないのが特徴で、裾を引きずるように着ることも多いそうですが、今回は愛らしい印象を重視して通常の丈とし、かわりに帯の下側に添えて結ぶ、おかかえ(かかえ帯)を加えてくださいました。カメラマンの藤原さんと、おかかえの色についても入念な打ち合わせをしながら進めます。
そして、日本髪の鬘をつけて、簪を挿します。もっと違和感があるかと思ったのですが、意外なほどフィット感が良くて驚きました。

撮影は、古民家の木のぬくもりを活かして行いました。
足もとに置く花などにも気を配っていただいています。

[本番の撮影でできあがったのがこちら。]

本振袖1 本振袖2 本振袖3

*         *         *

実は、今回の移転とスタジオ新設には理由があったとのこと。
実はJR取手駅にも支店があったのですが、2008年の集中豪雨による利根川の増水で床上浸水してしまい、やむなく閉店となったそう。(スタッフ小野寺さんは実際その場に居合わせたそうで、水圧で扉が開かなくなったこと、近所の人達と二階に避難したことなどの体験をお話してくれました。)
そのような天災に遭いながらも、それを機会と捉え、衣装館とスタジオの新設に踏み切ったとのこと。
もともと代表の岩田力三さんは戦場カメラマン。帰国後写真館を始めてから「ご家族の笑顔が撮りたい」と始められた「こどもフェア」も、毎年好評だったそうですが、「もっともっと、皆さまに写真館を楽しんでもらえる場所にできないか」と構想を練っておられたそうです。

実際に、何度でも気軽に立ち寄れる雰囲気があり、「妥協せずに良いウェディンウドレスを探したい」という方はもちろん、「子供を連れての買い物ついでに、七五三写真の下見に来ました」「仲間と成人式の袴を選びに集まった。このあとは普通にみんなで遊びに行く」という方もお見かけしました。

オーナーの岩田真理子さんは「ただ写真を撮るためだけの場所ではなく、「ちょっと衣装を着てみたい」という方でも気軽に来られるような、テーマパークのようにしたかった」とおっしゃっていました。
スタッフの温かいお人柄も魅力のこちらの衣装館&写真館。ぜひ一度お立ち寄りいただければと思います。

2009/07/31 07:25 | reina, ・モニター記事 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.