Home > aya

2009/06/22

JunkStageをご覧の皆様、こんにちは。
この女子部コンテンツに早速オファーを頂き、これから月に1回、
茨城県の写真館「スタジオ ラ・フォーレ」さんのご協力で
私たち女子部の4人がウェディング撮影会をモニターして参ることになりました!

初回の今回はまず、ウェディング写真の前に撮影などの基本技術を体験してほしい、
ということで、それぞれが私服のまま写真を撮っていただくことになりました。
そして去る週末、都内中心部よりわずか1時間もかからず茨城県の佐貫駅へ。
駅までは、写真館の方が迎えに来てくださいました。

*         *         *

【衣裳館/レポート:桃生】
まず私たちスタッフがお伺いしたのは、2009年6月1日にオープンしたばかりの衣裳館。
敷地総面積670坪(!)のなかにある衣裳館は古民家を改築したものとのことで、
オーナーのこだわりに溢れた柔らかい雰囲気になっていました。
その部屋の一角にこれでもか!と吊るされたウェディングドレス、カラードレス、内掛の数々。
なんとここだけでも1,500点以上の衣装があるのだそう。
キュートなドレスやクラシックな内掛にテンションの上がるスタッフ一同。

衣装館1衣装館2

個人的にはウェディングドレスや内掛を展示されていたコーナーが一番見ごたえありました。
やっぱり写真で見るのと、トルソーが着用しているのを見るのとでは迫力が全然違います。
カラードレスだけでなく、ウェディングドレスを着たトルソーもちょっと見たい……と思っていると、
なんと「広げてご覧になってください」というスタッフの方のお言葉が!
眼の保養とばかりに広げまくることしばし。
着物をリメイクしたというドレスを拝見していたら、
さらりと「それはミス・インターナショナルが着用したものなんですよ」なんてコメントが飛び出してきます。そうかこれはミス・インターナショナルが……などと感慨にふけりながらも完全に目的を見失った私たちは、それぞれ好みのドレスを試着させていただくこともできました。

*         *         *

【ヘアメイク/レポート:蜂須賀】
そして場所を移して撮影スタジオへ。
スタジオ2階でヘアメイクをしてもらいます。
入学式や成人式など記念写真を撮る際や結婚式に出席する際にはいつも美容院でヘアメイクをお願いしていたので、写真館でのヘアメイクは初めての体験でした。
今回、私たちのヘアメイクを担当して下さったのは中川愛さんと増尾悦子さん。
写真撮影時だけでなく、成人式当日などのみのヘアメイクもされるということで、
繁忙時には20分に1人のペースでつぎつぎとヘアメイクをされるそう。
さすがにお2人とも手際があざやかでした。

メイク1 メイク室メイク2

今回の撮影にあたり、ヘアメイクは担当していただけると聞いていたので、
ほぼノーメイクにブローだけのぼさぼさ頭で伺った私でしたが、
増尾さんの手にかかってあっという間にお目目ぱっちり、華やかなスタイルに。
はじめに具体的な希望をお伝えしないでいましたが、4人のそれぞれの服装や雰囲気を見て、
きれい目に、かわいらしく、セクシーに…と各々に合ったスタイルに仕上げていただきました。
誰しも女性はきれいになりたい!と思っているはず。
本日のメイクポイント(アイシャドウの色やアイライン、チークの入れ方など)や
どんな髪型が似合うのかなど、ワンポイントで良いので
教えてもらえると普段に役立てられてうれしいなと思いました。

*         *         *

【撮影/レポート:照山】
ヘアメイクが済むと、いよいよスタジオへ。
今回撮影を担当してくださったのはカメラマンの藤原翼さんと久保田直子さん、
カメラアシスタントの小野寺聡美さんとヘアメイクを担当してくれた中川さん。
撮影に入って驚いたのは、丁寧なポーズ指導。
実際に、「こんな感じ」とポーズをとって指示してくれる藤原さん。
さらに「こちらの膝をちょっと前に出して」「肘はこっち」「ヘアメイクさん、ちょっと前髪直して」など、いかにきれいに見えるかを、全員で細かく追求していってくれます。

撮影1撮影2撮影3

また、モデルがどんな状態かをよく分かっていて、ちょっと疲れるポーズだと「それじゃ辛いね、ここに台を足そう」などの配慮も。
ちなみに私は、写真館で言われる「笑ってください」という言葉が大嫌い。
ポーズが決まればあとの撮影自体はとってもスピーディ。
少ない枚数で、ばしっと決めてくれました。
撮影に入る前にどういう風に撮りたいかの打ち合わせがあると、安心できるのでは?と思いましたが、
実際には進行を見ていて、汲んでくださっていると感じたので何も言いませんでした。
結果、出来上がった写真はとっても美しいものに。
うるさ型の私でも、これは評判を呼ぶ訳が分かるな、と唸らされた瞬間でした。

*         *         *

【総括/レポート:須藤】
こうしてできあがった写真がこちら。
hati1 hati2.jpg(蜂須賀)rena1.jpgrena2.jpg(照山)

momo2.jpg momo1.jpg(桃生)yuu1.jpgyuu2.jpg(須藤)
撮影スタッフとは初対面にもかかわらず、特徴とキャラをバッチリ押さえた
「見る目」はさすがプロ。
オーナーの岩田真理子さんの姉御肌キャラにも注目です。
ちゃっかり昼ご飯などご馳走になりながらお話を伺ったのですが、もう○年も昔、このあたりが瓦礫の山しかなかった頃に写真館を始めたとのこと。
こんなところで写真館なんてやってお客さんが来るわけがない、とも言われていたそうです。
でも今や地域を代表する規模に。逆に東京では実現し得ない広い敷地を贅沢に利用した写真館です。

さて、次回はいよいよウェディング写真を体験させていただきます。
第1回のモニターは照山。是非ご期待ください!

そしてこの日、衣裳館ですでにどれを着るかを吟味した私たち。
「ウェディングドレスを結婚前に着ると結婚できない」というジンクスなど気にもせず…
というかむしろ「しばらく見込みがなさそうなので今のうちに!!」と張り切っている女子部でした(笑)。

« Previous