Home > 1月, 2009

2009/01/26

大阪支社の同期が結婚式を挙げるということで
数十人いる同期の中でも、「拠点ズ」と自称する
1年目地方配属だった5人が大阪に集った。

結婚式は盛大に執り行われ、私たちは心底幸せ気分だった。
新郎となった同期は、この結婚式のためにずっと
3500~5000円の安すぎるスーツで働き通しており、
大阪の格安スーツ事情に最も詳しい男として有名だった。
しかし、そんな風にして長年貯金をした結果、
こんなに素敵な結婚式ができるなんて
人生ってやつぁー何てハッピーなんだろうか!とみんなで語り合った。

ただ、我々の仕事の癖で、結婚式のテーブル上にある備品や小さなプレゼント類まで
いちいちひっくり返しては製造元をチェックし、
自分の営業区域内かどうかを確認するという動きを
さりげなく全員が行っているのは恥ずかしかったが。
(見慣れない企業を発見した場合には、
新規開拓先候補としてメモっておくのである・・・。)

しかし、3次会のカラオケにおいては、
弊社営業マンズが、日々の鍛錬の成果を発揮し
よもや接待か?という勢いで新郎新婦の友人たちを持ち上げ、盛り上げ、
歌い踊り、シャウトした。
シゴトもたまには役立ちますな!

宴のあと、フワフワとした気持ちで大阪の街を歩き
拠点ズが全員大阪で研修を受けていた頃によく行っていた深夜営業のカフェに入る。
大阪は、意外と夜が早く、深夜の街中はガランとしてるのだが
ところどころ、隠れたような場所にあるカフェには
ぼんやりとした間接照明がともり、人々がこっそりと(しかし早口に)
おしゃべりを続けているのである。

懐かしいカフェで朝まで仕事の話をした。
転職活動をしているのは私だけでもなく、
皆が考える将来プランはそれぞれで、目指すスタイルも違うのだった。
それでもみんな、今の会社も事業も好きで、
組織への文句や不安を並べながらも「でも結局、好きなんだけどさ」という、
不器用な女の子が大好きな彼氏の話を素直に出来ないような
妙に可愛らしい状況となっていた。

深夜4時、ほっこりと訪れた沈黙の中で同期の肩に頭を乗っけてボーっとしていたら。
不意に、自分の転職活動に対する結論がボトンと降ってきた。

今の仕事には不安も不満もたくさんある。
だけどここには、こうして一緒に働く人たちと、共有できる理想がある。
実現したいこと、解決していきたいこともまだまだある。
だから今はもう少し、この会社や事業のために働きたい。

ここ数週間、あれやこれやと考え続けてきたわりには
その結論は既に動かしがたく重たくて
私の転職活動および海外逃亡計画はあっけなく終わりを告げた。

いつかお互い、今の場所からいなくなるかもしれない。
でも、今は。

きちんと決心をして、内定を下さった企業にも電話とメールで
結論を報告した。

すべてを完了させた後に、拠点ズに、実は転職活動をしていたこと、
しかし大阪の夜に決意を固めたことを話すと、彼らは口々にこう騒いだ。
「マジでー!ありえへんわ!俺やったら絶対シンガポール行ってたわ!なんでなん!?」
「たとえ入社してすぐリストラされたとしたって、全部捨てて行ってみちゃった!
ってのが面白かったのに~。もったいなーい」
「結局アンタも弊社系の女なのねー。結婚できないわよ~」

こいつら・・・。

でも、東京で、名古屋で、大阪で九州で北海道で、
同じ方向の想いを持って、今日もそれぞれ働いている。
キャリア形成上とか、人生設計上とかで言うと、
今回私は大きなチャンスを逃したのかもしれないけれど
でも、自分で下した意思決定だから、いったんはこの道で
がんばるか~と、思っている。

もしものときには、どこでだって、何したって、なんとかなる。
そんな気がするからこれからも、真剣に、興味本位で、
でも、自分が何を大切にするのかを意識しながら働いていく。
キャリアを積むことは、ある意味で自分を自由にするのかもしれない。

より自由に、面白い人生を!

東京サラリーマン生活は続く。。。

2009/01/16

真夏のクリスマス、とシンガポールで浮かれていた12月から
すでに半月もたってしまった。
めでたく年が明け、お笑い番組ばかりの冬休みもあっという間に過ぎ去り、
今年も仕事に戻ってきた。

しかし、引き続き多くのメディアは不景気に関する特集を組み
なんかもう、社会全体が暗い!気がする。
営業先のご担当者も、商談の途中で、
なにかにつけてすぐ「不景気だからさぁー」と、おっしゃる。
「不景気」はもはや立派な流行語である。

だが何故か、麻布や六本木のレストランやバーには
今夜もお客がいっぱいだ。
冷たい空気に洗われた東京の夜景は刹那的で、
加えて今年は心なしか投げやりな感じもして、
でもやっぱり、最高に美しい。

日本全国から、世界から、
何かしらの野望を抱いて集まってきた働き人が集う都市、東京。
不景気でも、面白い企画を考える人もたくさんいて、
相変わらず刺激的な街だ。

大好きだぜ東京!と、
今回妙にセンチメンタルなのは、
自分が海外に転職する可能性がゼロではないから、だ。

年末に滞在していたシンガポールで内定をいただいた企業は今と同業。
その上、新興国(にある意味数えられる)シンガポールでは
ここ数年だけでいうと、市場拡大の可能性は日本よりも高い。
また、ろくにTOEICのスコアも持っていない私を採用してくれる
外資企業なんて、今後現れるかわからない。

学生時代からアジア好きな私にとっては、
シンガポールに住める、ということも大きな魅力の一つだ。
特にマレー半島は、多様な宗教や文化を受け入れつつ発展してきた地域で
多様な価値観を受けいれる柔軟な社会構造に私は昔から興味を抱いてきた。
と、ちょっと文学部らしいことも言ってみたが、
まあ、要は、生活するだけでも面白そうだ!というワクワク感が大きいのだ。

また、日本で働く場合、総合職として仕事を任せてもらう以上は
過酷な残業にも耐えなければならない。
そしてそれはしばしば、仕事が終わらないから、というよりは
早く帰ったら先輩にキレられるから、というくだらない理由の場合も少なくない。
しかしシンガポール企業の場合、そうした若年社会人による丁稚奉公のようなこともなく
本当にみんな、早く帰る。
実際に私が2回目に先方のオフィスにお邪魔した際にも、18時頃には、
ほぼ全員が帰宅していた。
個人的に、現職の仕事は好きだし残業も構わないといえば構わないのだが、
毎日22時に会社を出られたら、どんなに豊かな生活ができるだろうと夢想している
私としては、残業時間のコントロールが可能な点も、大きなメリット。

以上、ここまでくれば、メリットだらけじゃないか!という状況だ。
私には扶養家族もいないし
結婚を迫るような男子もいない。
実際、ちょっと大事にしてる男の子(どんな関係なんだよ)に「海外にいくかもー」と打ち明けたところ、
「そうか・・・君にとってはチャンスだもんね!君がその道を選ぶなら!」と
やけに寛容なコメントが返ってきた。
いや、ちょっとはさ、引き止めてよ・・・。
客観的に見れば素晴らしいその寛容さに深刻な寂しさを覚えた私は、
「もうご飯食べに行かない」と、いつになく女子らしいイジケッっぷりを発揮し、
見当違いな仲違いまでしてしまった。
マジでちっちゃいな、自分。
どうすんだよ。

さて、そんな色々を繰り返しつつ、
悩み続けて半月間。
そろそろ先方にも回答をしなければならない。

これまで大して目につかなかった
人材紹介会社の広告があちらこちらで私を刺激する。
「転職するなら今がチャンス!」「自分にとってのキャリアアップとは!?」
電車でもネット上のバナーでも、
こんなに不景気なのに、よく煽るもんだ。
心の中でツッコミを入れながら、
気づけば自分も立派な転職活動者になってしまった。

現職企業や人への愛情、
新しい世界への好奇心、
タイミング。

もう少しだけ考える。
そして、どう転んでも自分が納得できるような
結論をださなければならない。

今週もやっと金曜日の夜。
悩み過ぎて眠れない、、なんてことはなく、
きっと呑んで騒いでぐっすり眠るのだろうけれども、
週末はまじめに考えなければ。

あ、しかーしっ、今週末はJUNKSTAGE新年会である♪