Home > ジャグリング動画紹介

2015/08/17

カナダはケベックシティで開催された、
国際的に大変権威のある大会、IJA Summer Festivalにおいて、チャンピオンシップに出場してきました!!

今年開催されたIJAの個人部門、
決勝進出者はなんと6人全員日本人。予選には他の国の方も出場していたとのことですが、
流石に決勝進出者の名前を見た時にはうろたえました。

最近は、大会のレベル的にはJJF(日本最大のジャグリングのイベント)のチャンピオンシップの方が高い、
等ということが言われているのですが、
未だにトスジャグリング(ボール、クラブなどを投げるジャグリング)では海外の方がハイレベルです。
(そのトスジャグリングでもようやく日本人も追い付いてきたのかな感がありますが、まだまだ海外の方が上だと思います)
それに、日本では「何かしらにとがっている演技」というのが評価されるなど、少し評価に偏りがあるような気もしなくはないし、そういうフィルタ無しで挑める、というのがIJAに挑戦する一つの意義だと考えています。
それと、やはり僕がまだジャグリングを始めた頃は、IJAに出場できるという人は神様ばかりで、
そんな人たちと同じステージに立つことができるというのはやはり僕の中では重要なイベント。

やはり競技会のジャグリングというのは普段の人前でやるのとまったく空気が違う。
控室は緊張感で張り詰めているし、リハーサルや打ち合わせも普通のイベントよりもはるかに入念に行います。
流石に日本人が多いだけあって、控室は知った顔ばかりで、前のIJAよりはリラックスした雰囲気だったかもしれません。

それでも幕の後ろに立てば緊張感が増します。

僕は一番手。
客席もまだ温まっていない状況と推測します。

ステージの上には僕一人。
幕があくまでの間が一番孤独で緊張する瞬間です。

そんな僕の緊張した顔が見られる、撮れたてほやほやの僕の動画の紹介です。

幕が開いた瞬間は本当に死にそうな顔してますねw
でも、一礼し終わった時に観客の歓声を浴びた時に作った笑いはまだ緊張感があります。

本当に「入る」ことができたのは、
最初のブロックを置き、次のL字型のブロックを下ろしてきたところ。
観客の笑い声が聞こえて、(本当はここは無表情でやらないといけないパートなのですが)
思わずニヤッとしてしまっています。

「ああ、いかんいかん。無表情でやらねば」と、
気を取り戻してちゃんと演技に入れたのがよかった。

最初の音楽のパートはノードロップ、ノーミスで通過しています。

2曲目。
序盤に落としてしまっているのですが、この後1つだけ技が飛び、頭が真っ白になりかけたのですが、
これをちゃんとこらえたのがやはり成長したなと思います。

その後は予定通り進み、もう一回落としていますが、これは練習で何回も落としたパート。
冷静に対処していて、ここのメンタルのダメージはほとんどありません。

4ボックスが一回も落としていないのは自分でもよくやったと思います。
特に最後の「画キャッチ」(技を決めた瞬間に漢字の「画」と同じ形になることから)は
練習でも50%強の成功率の技。特に大会直前に調子を落としていまして、
でも絶対に決めたい技だったやつです。

これが一発で決まった時は気持ち良かったですね。

最後、「消した」後に本当は普通に横に移動して一礼、だったのですが、
あまりにもお客さんの歓声が気持よくて、思わずお客さんのほうに歩いて行って歓声を受けています。
照明が中途半端に消えてしまったのはそのせい。(本来落としたらすぐに横移動して礼→暗転だった)

演技が終わった後、嬉しさのあまり幕裏で「おっしゃああ!!!!」と大声をあげていたのに
気がついたのは多分片づけを手伝ってくれた方だけと思いますw

こういう大会だと、僕は本当にメンタルが弱くて、
序盤のミスを引きずって最後まで行くということが多いのですが、
今回は本当に安定した演技ができていましたね。
成長したのでしょう……。

演技終了時には入賞を確信していたのですが
そこは流石は天下のIJA。結果は4位でした。

1位の望月ゆうさくさんは共演者の立場からしてもパーフェクトすぎて揺るがない順位。
2位のうぶかたさんもほぼノードロップに近い出来でスタンディングオベーションを起こし、
3位の高校生ケント君も超高度な大技7クラブを舞台上で決めるなど、
まさに強豪ぞろいの舞台でした。
入賞を逃した加藤さん、土屋さんオリジナリティあふれ、観客を魅了する演技でして、
日本人全員、「国際大会に恥じない」演技ができたものと、確信しております。

前回2010年に出場した時は6位だったので、それより順位は上がっています。
正直悔しいですが、完全燃焼したので悔いは残ってない。

本当に今年は、機会がありましたら、是非とも今年の日本人のパフォーマンスを見て欲しいですね。

最近は練習から解放されて、スプラトゥーンをやる毎日を過ごしています。

2014/11/24

今日たったさっき見つけた動画の話。

そもそもの話が、
今日、ヒョウガ君のパフォーマンスの付き添いで行った町内会の運動会で、玉入れが競技として行われていた、というもの。

玉入れの玉は
ちょうど我々ジャグラーが使っている「ビーンバッグ」というボールに、
材質的にも経常的にも近いモノがあり、よく小学校とかにジャグリングを教えに行く時は、
一人の生徒に3つずつボールが渡らないとなりませんから、玉入れの玉をボールの代わりに使ってくださいと、事前にお願いしていたりします。

籠の高さは、7ボールよりもう少し高い位置でしょうか。
いずれにしても、通常投げる高さではないにしても、「技」としては投げることのある高さのように思います。

そこでふと思ったのが、
ジャグラーが玉入れをやったらけっこうな数の玉が入るんじゃないかなということ。
これは、どこかしらのイベントで玉入れ大会をやったら盛り上がりそうだなと思いました。

もしやるとしたら。

いわゆる一般的な玉入れの投げ方は籠に向かってオーバースロー……つまり、肩の上から振り下ろすタイプの、
野球などで使う投げ方で投げるのが一般的なのではないかと思います。
ジャグリングでこの投げ方はあまり使わないのですが、強いて言うとクラブやリングのオーバー・ザ・ヘッドという技で使う動きに似ているでしょうか。いずれにしても、あまりコントロールが効くやり方ではありません。

籠に対して正面を向くのではなくて垂直に立ち、(つまり、籠を真横に見ることになる)
「シャワー」という、日本式お手玉の投げ方で
常に効き手から籠を目指して投げるのがいいのではないかと思います。
オーバースローよりも確実にコントロールがいいでしょうし、何よりジャグリングの技を応用できるのがいい。

やー、これはゲームでやったら盛り上がりそうだな。童心に帰るし。

……というつぶやきをtwitterでしたところ、
「こんな動画がありますよ」と、「玉入れ選手権」なるモノの動画を紹介してくれた人がいました。

ぬ、ぬおお……これはまた、我々の知らないところですげー世界があるな!!

因みに、その紹介してもらった動画からさらにたどったところ、
このビデオが日本記録のようです。

手にまとめて持ったボールが一気に籠の中に吸い込まれる様は圧巻ですね。
ルールはわからないのですが、
最初に投げる球以外に、籠の足元に1つ別のボールがあることから、
この日本記録は
「最初の一投で手に持った全ての玉が入り、さらに、籠の足元から拾った玉が一発で籠に入った」
という「パーフェクト」だったのでしょう。

最後の玉が入った瞬間、全員がガッツポーズをして喜んでいますが、
これは相当気持ちいいだろうなぁ。
いやー、これを見ちゃうとちょっとまた違う話になってくるなぁ(笑)

2014/08/13

国際ジャグリング協会(IJA)主催のサマーフェスティバル内、
チャンピオンシップと言われる、ジャグリングの技術を競い合う競技があります。

この大会において、今年は
1位にひろたくん、こと林広太(はやし こうた)くんが。
2位に望月ゆうさくさん
と、ワン・ツーフィニッシュをするという快挙を成し遂げました。

うーん、素晴らしい。

優勝したひろた君の演技はyoutubeに早速アップされていました。

彼は、3ボール中心のスタイルが得意なジャグラー。
3ボールというのは、数が少ないだけに一番「できることが多い」ジャグリングで、
基本的には両手に持っている球が1つずつ、空中に浮いている球が1つ、なので「簡単」に思えるのですが、
それだけに、やりようによってはいくらでも複雑にできたり、難しい技ができるので、ボールジャグリングの中でも独特なカテゴリーです。

1曲目、まったくドロップをしないで3分間! しかも、えぐい技を決め続ける!!

これがしっかりと下支えになって、2曲目のはっぱ隊の”YATTA!”につながっているわけですね。
2曲目は、元気のある演技でして、勢いのまま最後まで突っ切った感じです。
技の数なんかは1曲目の方が多かったりしそうですけど、2曲目になっての観客のボルテージの上がり方が凄く、アメリカの方々の心もがっちりとつかんでいる模様。会場大爆笑してるもんなぁ。

どうしても演出に目を奪われがちですが、
意識して足を動かしながら(踊りながら)ジャグリングをする、というのは凄く難しくて、
例えば、僕だと、初級技程度ならなんとかステップを踏みながらジャグリングすることはできますが、
これが少し手を交差させたり、ちょっと取る位置が普通と違ったりすると、多分足を動かすことすらままなりません。
ひろたくんの場合、大胆に足を動かしながらジャグリングをするパートがあったり、足踏みをしながら手元では複雑な技をやっていたりなどしているパートがあり、これらは見た目とは裏腹に難易度高そうです。

さらに、彼の先輩譲りの背中の後ろ系の技を多用していますが、これまた「難しい」という言葉が陳腐に聞こえるくらい難しい。
ジャグリングは本当に「空中に浮いているボールがどこにあるか」ということがわかっていることが重要で、そのたいていの情報は視覚から入ってきます。しかし、背中の後ろと言うのはその視覚に頼れる部分が少なく、(勿論ちゃんと見える技と言うのもあるのですが)体に当てることでの触覚に頼るなど、普通のジャグリングとは異なる感覚が必要です。

彼はまだ大学生で、他の出場者たちはプロフェッショナルばっかりだとのことでしたが、
だからこそリスクを顧みないえぐい技中心の構成ができたのかもしれません。
さらにそれが完成度が高かったらもうお見事としか言えませんね。

あらためて、優勝おめでとうございます。

因みに彼、我々のサークル「じゃぐなぎ」の主催する「じゃぐなぎ杯」の今年の優勝者でもあります。

2位の望月ゆうさくさんも、近いうちに動画がアップロードされるとのことらしいので、
そちらをお待ちしたいと思います。

2012年にジャグラーSatoshiさんが同じ部門で優勝。
2013年にはチーム部門でThe Pastelsが優勝、
そして、今年。

日本人はこう言っても「いやいや、俺たちなんかまだまだ」と言うと思いますが、
ここ近年、世界的に見ても日本は強ジャグリング国の一角になったんではないかと言ってもいいと思います。

そういえば、昨年チーム部門優勝のThe Pastelsの動画を
タイミングを逃しましてこのブログで紹介していませんでしたので引き続き紹介したいと思います。

こちらが昨年度チーム部門優勝のThe Pastels。
日本最強、いや世界最強のクラブパッシングの名門校、東京大学のジャグリングサークル、マラバリスタ出身の
4人組です。

技の難易度(特に最後の方、最後回収を失敗しましたが両側から投げ入れをのある10本パスの難易度は尋激高!!!)、途中にちょっと挟む小ネタ、ステージを縦方向にも横方向にも広く使うビジュアルの良さ、ポーズの決まり方。どれをとっても素晴らしいのですが、
演技の構成が完璧で、それらの要素を120%活かせているのだと思います。

全体を通して言えるのは、めまぐるしく変わる登場人物(登場←→退場が全てスムーズ!!)、
そして、4人という人数を活かしたパッシングのバラエティの多さですね。

もう少し短い時間の視点からいうと、
技の開始から拍手をもらうまで、を一つのまとまりと考えた時の
ベースとなるパターン → 変化 → 大技でフィニッシュ
という流れがあることがわかると思います。

「変化」の段階で既に拍手を貰えているのですが、さらにそこから展開させてもう一度変化(大技でフィニッシュ)をさせて、さらに大きな拍手、をもらうという意図があると思いますが、これがことごとく成功しています。

かといって、その流れだけではなく、舞台に最初からおいてあったクラブを使うと思いきや
その上にただ座るだけとか、「スカす」ことも途中途中挟んでいるので、全体的を通して単調だと感じないのです。

そして、最後の大技。4323ライン4人16クラブパス!!(※この技の名前はチームメンバーであるフレディさんから教えてもらいました)
この技が一発で決まったのが凄く大きくて、実に感動的です。

ジャグリングと言うのは、他のステージエンターテイメントと違って、
「最後の大技」の変化がつけにくく、「フィニッシュが決まった時とても感動する」
ということはイマイチ無いものと常日頃思っているのですが、
その真っ向勝負っぷりが素晴らしい。
音楽もこの技に合わせて盛り上がっており、
このフィニッシュを見せられたらスタンディングオベーションを送るしかないじゃないですか、と言う感じ。

なんにしても、見事な演技でした。本当に素晴らしい。
1年遅れとなってしまいますが、あらためて優勝おめでとうございます。

2013/09/01

今日は動画の紹介を1本。

ジャグリングをはじめ、
ステージ上におけるエンターテイメントというのは、見ているお客さんの想像を上回る驚きを提供するパフォーマンスが
よいパフォーマンスです。
笑いは「裏切り」……なんて言葉を聞いたりしますが、
とにかく、見ている人の予想を超えていく。

これができると良いパフォーマンスができます。

よいジャグリングを見ると、その人に対して、
「頭おかしいんじゃないの?」という誉め言葉が送られます。
この「頭がおかしい」というのは、普通は悪口で使われる言葉ですが、
ジャグラーのショーを見た時に送られる「頭おかしい」というのは、かなりの賛辞であると言えましょう。

今日は、そんな頭のおかしいジャグラーの動画です。

2013/07/25

我が家にもジャグリングをするドラゴンがいますが、
世界中を探してみると、芸達者な動物たちがいるものです。

まずは日本の安佐動物園のクマ。
棒を振り回します。スタッフジャグリングか?

首の後ろとか使えることに気づいたら、
もっと凄いことができるようになるかもしれません。

玉乗りするインコ。

完全に楽しんでますよね、これ。

ジャグリングにちょっかいを出すネコ。

いやー、世界は広いですねぇ。

2013/06/20

池田洋介さんという方がいます。

このブログでも、何回か名前を出させていただきましたが、
僕にジャグリングとは何ぞやということを教えてくれたジャグラーであり、
凄腕のパントマイミストであり、マジックやっちゃうエンターテイナー。
かと思いきや、某予備校の数学講師もされているという方。

僕の最も尊敬するパフォーマーの一人です。

でも、やっているパフォーマンスはジャグリングともパントマイムともマジックとも言えないような、
逆にその全てとも言えるような
まさに彼独自の路線を突っ走っていらっしゃる方。

そんな彼の新作の動画が凄いと
今、パフォーマンスのジャンルを超えて話題になっています。

「天才」のなせる演技とはこういうことを言うのではないでしょうか。

本当に是非とも多くの人に見てもらいたいなぁ。

2013/06/19

6月と言うと、WJD(ワールドジャグリングデー)などがあったりして、
ジャグリングのイベントも本格化してくるころですが、
この時期に僕は怪我をしてしまいました。

ローラーボーラーという
大道芸によく使う道具がありまして

筒状のものの上に板を乗っけてバランスをするやつですね。
こいつです。

今までこんなバランス系の乗り物はやったことが無いので、
プロの方が僕の家に泊まりに来た時に乗り方を教えてもらったんですよ。

でも、全然できない。
全然できないというか、片足をかけた状態で始めるんだけれど、両足を乗せられない。

揺れて怖いから
ちょっと精神的な障害があるんじゃないかねぇ……

そんな話をしながらその日は終わり。

その後も、数日に1回くらい練習をしてまいりました。

ある日、やっていると、ちょっとコツらしきものがつかめて、
「おおっ!? これはこうすると乗れるんじゃないか?」
と、思い、足をかけてみること数回。
なるほど……でき……そうだ……

と思った次の瞬間っ!!!!
足元の板がずるっとすっぽぬけ僕の部屋にある扇風機をぶっ壊し、
僕はあおむけになってクッションの上に倒れました。

クッションがあったからまだ良かったようなものの、
その際にとっさに手が出てしまったんですね。

今まで酷な使い方をしてもシガーボックスを頑張ってきた僕の左手ですが、
僕の巨体は流石に支えられなかったのでしょうか。

次の日、整形外科医に行きまして、
「舟状骨骨折の恐れあり」
とのこと。なんでも、初期症状ではレントゲンに映らないため、MRI検診が必要だとのこと。

今日そのMRI検診を受けてきたのですが、
まだ骨折したかどうかすらわからない状態。
結果がわかるまでまだ1週間程度かかるんだそうで……

その前に治っちゃうんじゃねえの?と思いきや、この舟状骨というところは治りにくいところらしく、
長いと2か月近く完治するまでかかってしまうんだとか。

うーむ。

せっかく楽しみにしていたイベントも数個断り、
練習もできない。

お陰で土日が楽しくない。

かといって仕事はギプスが邪魔でなかなかはかどらない。

そんな毎日を過ごしております。

そんな、僕が参加できなかったWJDの映像のダイジェストがyoutubeにアップされています。

嗚呼。

何故僕はこの場にいないんだろう……。

2013/06/19

6月と言うと、WJD(ワールドジャグリングデー)などがあったりして、
ジャグリングのイベントも本格化してくるころですが、
この時期に僕は怪我をしてしまいました。

ローラーボーラーという
大道芸によく使う道具がありまして

筒状のものの上に板を乗っけてバランスをするやつですね。
こいつです。

今までこんなバランス系の乗り物はやったことが無いので、
プロの方が僕の家に泊まりに来た時に乗り方を教えてもらったんですよ。

でも、全然できない。
全然できないというか、片足をかけた状態で始めるんだけれど、両足を乗せられない。

揺れて怖いから
ちょっと精神的な障害があるんじゃないかねぇ……

そんな話をしながらその日は終わり。

その後も、数日に1回くらい練習をしてまいりました。

ある日、やっていると、ちょっとコツらしきものがつかめて、
「おおっ!? これはこうすると乗れるんじゃないか?」
と、思い、足をかけてみること数回。
なるほど……でき……そうだ……

と思った次の瞬間っ!!!!
足元の板がずるっとすっぽぬけ僕の部屋にある扇風機をぶっ壊し、
僕はあおむけになってクッションの上に倒れました。

クッションがあったからまだ良かったようなものの、
その際にとっさに手が出てしまったんですね。

今まで酷な使い方をしてもシガーボックスを頑張ってきた僕の左手ですが、
僕の巨体は流石に支えられなかったのでしょうか。

次の日、整形外科医に行きまして、
「舟状骨骨折の恐れあり」
とのこと。なんでも、初期症状ではレントゲンに映らないため、MRI検診が必要だとのこと。

今日そのMRI検診を受けてきたのですが、
まだ骨折したかどうかすらわからない状態。
結果がわかるまでまだ1週間程度かかるんだそうで……

その前に治っちゃうんじゃねえの?と思いきや、この舟状骨というところは治りにくいところらしく、
長いと2か月近く完治するまでかかってしまうんだとか。

うーむ。

せっかく楽しみにしていたイベントも数個断り、
練習もできない。

お陰で土日が楽しくない。

かといって仕事はギプスが邪魔でなかなかはかどらない。

そんな毎日を過ごしております。

そんな、僕が参加できなかったWJDの映像のダイジェストがyoutubeにアップされています。

嗚呼。

何故僕はこの場にいないんだろう……。

2013/06/15

「これまで見たことも無いような斬新なジャグリング!!」
というものに、数年に1回くらいのペースで出会います。

多くの人がそれを見て「やられた!!」と思うような。
そんなアイディア系のジャグリングですね。

アイディア系のジャグリングというのは
「自己満足」と「人に見せるためのエンターテイメント」との一番境界に近い部分に存在すると思っています。

自分が「面白い」と感じたものでも、
他人から見たら「そうではない」こともあったりしますから。

むしろ、オリジナリティに走り過ぎた結果、
人から見た時に、「…………で?」という状態に陥ってしまったジャグリングというのを、
僕はいくつも知っています。

客観的に見て、
それが面白いかどうかを分析する力。
アイディア系の真髄と思います。

最近ジャグラーの間で話題になっているのはこの動画
これは今まであまり見たことのないタイプのジャグリングです。しかも発展途上っぽい。
何やらのショーのプロジェクトで作成された動画のようなので、
これが完成した姿を、いつの日かどこかのショーで見られるかもしれません。

2013/03/23

おっ、久々にジャグリングにスポットの当たったコマーシャルですね。

見ていると、知っている芸人さんがとてもちらほら(笑)
なんでも、130人ほどの出演者がいるそうなのですが、
まあ今の日本なら130人くらいはあまり苦労しなくても
ジャグラーを集められると思います。

CGを使っている部分もある、とのことですが、
少しだけ不自然な部分&家と家との間やビルに向かっていくボールなど
の部分がそうかなと思います。

ジャグリングをしているシーンは
ほとんどCG使ってないんじゃないかな?

Next »