2007/09/03

みなさん、こんにちは。
金子鈴太郎です。

今回、はじめましての方は http://rintaro.online.fr/
Junkstage わたしの記事 http://www.junkstage.com/rintaro/

こちらをぜひ見ていただければ幸いです。
クラシックの記事を書いております。

さて、クラシックを演奏する、と言っても、色々なジャンルがあります。
まず大きく分けると、①オーケストラで弾くこと、②1人でソロを弾くこと、
③2人~8人ぐらいの少人数で「室内楽」を弾くこと、です。

そして、その中でまた、17世紀の古い音楽を弾いたり、2007年に作られた出来立てホヤホヤの現代音楽を弾いたり、ドイツ音楽、イタリア音楽、フランス音楽と その時によって、演奏法どころか、楽器にはっている弦を変えたり、種類の違う弓で弾いたりと、まぁ臨機応変に対応していかないと、何を弾いても同じ感じになってしまいます。

オーケストラ、ソロ、室内楽というのは、スポーツの団体戦と個人戦ぐらいの違い、と言えばお分かりいただけると思います。
その中で、例えばフランス音楽とロシア音楽と現代音楽とでは、中華料理とイタリアンとフレンチと和食、といった感じの違いがあります。

僕は、オーケストラもソロも2~8人くらいの少人数で弾く「室内楽」も、それぞれ大好きなのでどれも同じぐらいのバランスでやっていきたいと思っております。
オーケストラをずっとやって、その道を極める、というのも素晴らしいと思いますが、室内楽をやることによってソロのレヴェルが上がる、とか、そういうのもあると思うので。

あ、変化と言えば、学生時代は毎週必ずレッスンが何度もあったのが、仕事をするようになって、レッスンを受けるということが無くなったことかな。
なので、毎日演奏しながら「もし先生が聴いていらしたら・・・」と自分自身で監督しなくてはなりません。

本当に、先生の有難さを痛感する毎日でございます。

というわけで、これからも演奏活動も、Junk Stage の記事も、頑張っていこうと思っております。

どうぞ宜しくお願いいたします。
また、お会いするときを楽しみにしています。

2007/09/03 12:00 | 未分類 | No Comments
2007/08/27

みなさん、こんばんは。
昨日はPIA Julien での本番でした。

グリーグのチェロソナタ、おもしろかった!
ショパンのチェロソナタも大好きな曲です。

ちょっと笑えるネタなんかもあったりして、 とても楽しく演奏しました。

また、ゲストで長原幸太氏と岩谷祐之氏が来てくださり とても気持ち良く、たくさん弾いてくださって お客様も大喜び、PIA Julien の社長も大喜び。

ああいうメンバーが嫌な顔一つせずに、当たり前に楽しく 演奏してくれる、というのはやっぱり PIA Julien の素晴らしい魅力です。

聴きにいらしてくださったお客様、ありがとうございました。

一夜明けて今日は、カルテットの本番でした。
ある企業のコンサートだったのですが、演奏が始まると 聴いてくださるお客様の、ものすごい集中力!
普段、クラシックとは全然接点の無いお客様なのに、 退屈するどころか、われんばかりの拍手をいただいて とても嬉しかったです。

本番が終わって、いつもの「あられ」にカルテットのメンバーと移動、
あられのママの大好きな、ドヴォルジャークの「アメリカ」を ちゃんと4人で演奏しました。
すると、あられのママは、僕の誕生日ケーキを用意してくださり またこっちも感動!

いつもありがとうございます。

明日はまたカルテットで、11時から21時半までの長丁場。
頑張って楽しく弾いてきます。
応援宜しくお願いします!

2007/08/27 12:00 | 未分類 | No Comments
2007/08/26

みなさん、初めまして。

クラシックの記事を書かせていただくことになりました、金子鈴太郎です。
宜しくお願いします。

クラシックの記事、と言っても、今日はコンサートでした、とか今日は練習しました、という事を書いてもただの日記になってしまうのでなかなか書き始めが難しいですが・・・。
しかし、少しでもたくさんの方にクラシックに興味を持っていただけるように頑張ってみます。

クラシックがどうして敷居が高く感じられてしまうか、という事を最近よく考えるのですが、まず、ある程度の知識がないとコンサートに行けない(行っても楽しめない)と思われがちです。

まぁ、そういう楽しみ方もあるとは思いますが、でも、全然予備知識なしで来ていただいても楽しいんですよ、意外と。

「この曲はどういう状況で作られた」とか、「この作曲家はこういう作風が得意で」とか「この曲はこの楽器がこれこれ、そこを今日はどうやって演奏するか楽しみ」とか、そういう事は全然抜きにして、「あぁ、なんとなく綺麗で落ち着くな」とか「おぉ!この曲、カッコいいかも!」って感じで聴いていただければ、それで良いんです。
それで少しでも「また聴きたいな」なんて思ってしまったらもう思う壺、少しずつ、色々な楽しみ方が増えてくるでしょう。

何はともあれ、せっかく僕の文章を読んでいただいたのですから、是非一度コンサート来てくださいね!

僕は音楽が大好きで、演奏するのが大好きです。

多分、聴きに来ていただけたら、僕が「好き!」と思って演奏している気持ちがみなさんにも伝わると思います。

なんか、1回目の記事ですし、ちょっと面白く書こうと思ったのにかなり硬い感じですが。笑 
多分だんだん、慣れてきます。

次回は、僕の演奏する楽器や、音楽との出会いについて書いてみようと思います。

2007/08/26 12:00 | 未分類 | No Comments

« Previous