2016/12/14

声優の実力の高さなんてものを正確に評価できるような人がどれだけいるのか。

恐らくそんな人どこにもいません。

声優の芸歴などを見て、何となくの評価をするのが関の山でしょう。

検定などがあるわけでもないので、声優の実力の評価は声を聴いた人それぞれに委ねられます。

有名な作品に出演すれば凄いような印象を受けるかもしれませんが、ソレと実力というものが必ずしも比例するわけではありません。変な話ですが、実力を必要としないような作品もありますし、逆に下手くそな方が作品のテイストに合うといったような場合もありますからね。

そもそも実力ってのは何を指すんだ?なんて疑問もモヤモヤと浮かび上がってくるかもしれませんね。はい、声優である僕も実力とはなんなのかという事を考えるとモヤモヤしますよ!

簡単に言えば現場のニーズに応えられるような声優が実力のある声優なのでしょうが、ニーズというものは日々変化します。大げさに言うと今日、ニーズとやらが発生していたとしても一ヶ月後には違うニーズが発生している、または、現場によってニーズが違う、なんて事が起こります。

そのニーズに応える為に日々技術を磨くなんていう事をしている我々ですが、ニーズとはなんなのかって事を勘違いしてしまうと無駄な努力みたいな事を続けるハメになります(完全に無駄なんて努力はありませんが)。

それと、自分が応えられるニーズに対しての研鑽なら良いですが、そもそも無理なニーズに応えようとする研鑽というのは如何なものなのかなどとナニがソレしてしまいます。

何を声優の実力とするのかなんて事は人それぞれでしょうが、僕はニーズに応えられる、応えているような声優は実力あるなぁと思います。大きなニーズ、小さなニーズ問わずです。

きっと、皆さんが思ってるような実力の事とはちょっと違う視点でナニがソレしているような僕ですが、そろそろ何が言いたかったのか話が纏まらなくなってきましたのでこの辺でドロンしたい気持ちなので最後にー

大きな仕事小さな仕事に関係無く、求められているって事は凄い事だなと思うわけですよ。

求められなきゃ生活ができないわけですからね。

はい!頑張ります!

2016/12/14 12:00 | 未分類 | No Comments
2016/12/07

向上心

僕は常に自分を向上させようなんて事を思っています。あ、いや、ええ、こんな僕でも一応そんな事を考えながら過ごしているんですよ、笑っちゃいますよね笑えませんかどうでもいいですかなるほどなるほどわかります!

現状の自分に満足できていたらこんな事を思う必要なんて無いわでしょーが、現状に満足できていないので向上する事を考えざるを得ませんのです。

声優の仕事ってのは僕にとっては非常に難しく、何年やっても次から次へと課題がやってきます。この仕事をやっていなかったら怠け者の僕は向上しようなんて思わないかもしれませんってゆーか思わないでしょう。

今日の仕事は完璧だった!なんて事はそう滅多にあるわけじゃないんですよね。毎回何かしらの反省をしながらトボトボと帰り道を歩くような日々です。

でもまぁ、強制的に向上しなければいけないという環境に置かれる声優って職業のおかげで僕は向上してるつもりですが、少し考え過ぎたりすると向上とはなんぞやみたいに頭がこんがらがるような感じにもなります。

人間的に優れる必要があるのか、声優的に優れる必要があるのか。

明確な答えはわからないので、どっちもだろ!的に頑張るしかないのですが両方とも実に目に見えにくい向上な気がして気が遠くなります。

自分はちゃんと成長しているのかどうか。ソレを確認する術ってのは、僕の場合は今の自分の仕事量でしかないのですが、3日も仕事が無かったりすると物凄く不安になったり心が乱れてしまいます。まだまだひ弱なメンタルだなと思うと同時に向上せねば!と思う瞬間でもあるナニがソレです。

不安というのは悪い意味的なナニがソレですが、不安があるからこそ向上せねばと思うわけで、自分を向上させるためには不安をチャンスと思わねばなりませんー、が!そんなドMな感性は持ち合わせておりませんので不安にならないように日々ナニがソレしてるつもりですが不安はありがたいものです。

ピンチはチャンス!なんて言葉をよく耳にしますが、本当にそうなんだろうなーなんて思う今日この頃ですが、やはり出来るだけピンチには出会いたくないものです。

2016/12/07 12:00 | 未分類 | No Comments
2016/11/30

久々にギターを弾く機会がありましてー

てゆーか、学生時代にバンドを組んでいた友達とちょっと昔を懐かしんでやってみよう的な話になったので埃をかぶったギターを召喚してみたのですがー

まぁ弾けない弾けない(笑)!
驚くほど指が動かないわけですよ。指以前に脳が手の動きについて行かないと言いますかー、とにかくあの時の感覚で指や頭が動いてくれないのですよ当たり前ですよね久々なんですからハイ。

まぁ、しばらくすればそれなりに感覚は戻ってくるのかもしれませんが、昔のようにはいかないでしょうね。

曲を覚えようとしてもなかなか頭に入ってきませんし、指もついてこないわけですが、久々にナニがソレって事もあるのでしょうが、やっぱり色々と老化してるような気がしないでもないです。

昔は簡単に出来た事でも、段々と簡単にはできなくなってくるのでしょう。ああ、歳はとりたくないものです。

声優の仕事も技術的に色々とありますが、若い頃だからこそ簡単に覚えられた(簡単ではなかったですが)ような事も多いように思います。特にアフレコ的な事は瞬時に色々な事をやらなくてはいけませんし反射神経的なナニがソレや運動神経的なナニがソレが必要であったりしますからね。

ある程度の年齢に行くと新しい事を始めるのはキツくなるのかしらなんて事を思わずにはいられませんが、若い頃に比べて吸収速度が遅くなるだけであって、やってやれない事は無いようにも思います。こうなってくるとあとはガッツの問題です(笑)。

若いうちにガッツを出してガッツり頑張るって事を覚えておかないと、歳をとってガッツを出す事が難しくなるのかもしれませんが、僕は幸か不幸か若い頃に声優になる為にガッツを出してガッツり頑張ったという自負がありますので歳をとってもガッツを出して頑張れるとは思いますー、が!昔のガッツのようにはいかないでしょうね。でもガッツの出し方がわからないよりはマシです。

ガッツガッツと言い続けてきましたが、ガッツって何でしょう(笑)??ガッツの意味がわからなくなってきましたので今日のコラムはコレにて終了です。

2016/11/30 12:00 | 未分類 | No Comments
2016/11/23

声の仕事をしていてよく感じる事があります。それはー

時間との戦い

みたいな事です。

収録時間とやらがどの程度の時間なのか…なかなか想像しにくいと思いますし仕事の内容にもよりますがー

じっくりしっかり時間をかけて満足の行くような表現を収録する…といったような現場はあまり無いんです。

ザックリ言ってしまえば、一発OKが理想的…みたいな仕事が多いです。

手を抜いているだとかって事では無く、単純に時間が無いから早く収録してしまいたいと思っているような現場が多いという事です。ザックリわかりやすく言うと、早く収録を終わらせないとOAや納期に間に合わないといったような感じの事ですね。

なので、そんなピリピリムードの中で何度も何度も失敗したり、何とも微妙に残念な表現で喋ってしまったりして録り直しが多かったりすると、仕事ができない声優だなぁなんて思われてもナニがソレな感じになってしまいますのです。アフレコなどの大人数で行う収録の場合などは自分のミスの為に貴重な時間を割いて頂いちゃうなんて事になったらもうホントに死にたい気分にすらなります。

ってな感じの世界で仕事をさせて頂いているものでー

一発目…第一声から自分にできる最高のパフォーマンスを提供する必要があるって事です。

収録前に発声練習だとか何だとかって準備ができるような環境では無いので(全く無いってわけではないですが)、とにかく、これまたザックリナニがソレで言いますと、スタジオに着いたらすぐ収録…みたいなイメージで想像して貰えるとナニがソレです。

何が言いたいのかと言いますとー

現場に入った瞬間に自分の持っている100%の力を解放しなきゃいけないって事です。

そんなの当たり前なんじゃないの?プロなんだから…なんて声が聞こえてきそうですが、日常モードから瞬時に戦闘モードに切り替える作業ってのはなかなか難しいものなんですよね。まぁ、もうだいぶ慣れたつもりではいるのですが、感覚的には朝目覚めて直ぐに全力で走り出すような事をしているような感じなので、たまに自分の体が心配になったりならなかったりするわけです。

収録に時間をかけられるのであれば、きっとこんな瞬時にフルパワーを出すようなナニがソレを考える必要は無いのでしょうが、声の仕事はあまり収録に時間をかけられないのでこのようなテクニックが自然と身についたのではないかななんて思います。

第一声で50%程の力しか出せないのであれば、その程度の声優なのかと思われて終わりな場合もあるでしょう。本当はまだあと50%の力を出せる筈なのに…です。

常に全力!なんて事を言う人がいますが、声優はその言葉通り、常に全力でやらないと務まらないような仕事だと僕は思います。

現場でウォーミングアップはできないのですから。

2016/11/23 12:00 | 未分類 | No Comments
2016/11/16

僕は昔から同調する事が苦手…と言いますか、同調する事が格好悪い事だと思ってしまう性質なのですが、やはり人生において同調は必要であり、同調を拒否し続ける人生ってのはなかなか風当たりが厳しいように感じます。

人と同じような事をする事が同調という意味なのかどうかは頭の悪い僕にはよくわかりませんが、普通だと思われたくない、自分は特別なのだというような気持ちは多かれ少なかれ誰にでもあるのではないでしょうか。

僕も自分は特別な存在なのだと思いたかったのですが、残念ながら特別ではなく、特種…と言いますか、ただの変わり者なだけでした(泣)。

人に合わせるだとか、人と同じような事をするだとかって事はある意味楽な生き方だと思います。いや…楽って事は無いかもしれませんが、失敗が少ないような生き方に僕には見えますのです。

失敗が少ない生き方なのであれば喜んでその人生を選択したい所ですが、そのような生き方だと成功も少ないような気がしないでもないです。

声優という仕事を選んだからには成功したいと思います…って事は、他の声優と同じような事をしていてもソレはソレこそ同調であって、僕のヘンテコな理論からナニがソレしますと、そのような同調的な発想では声優で成功する事はないのでしょう。

しかしー
声優は職人でもあるわけですから、技術的な同調は必要だとも思います。

結局、同調するのかしないのかわからないような展開になってきましたが、僕は人と同じような事をするのが嫌いなので、僕は僕なりのナニがソレな声優でありたいと思うのですが、人と違うような事をむやみにやればいいというわけでも無さそうですし、まだまだ僕の成功ってのは遠そうな感じでもあり、すぐ目の前にあるような感じでもあるという不思議な今日この頃です。

成功するしないに関わらず、僕は僕なので僕っぽい声優としてナニがソレしていきたいものです。

2016/11/16 12:00 | 未分類 | No Comments
2016/11/09

世の中をうまく渡り歩くために人は皆、処世術的な術を使って生きていますよね。

ええ、ええ、僕も一応人間ですから僕なりのヘンテコな術を使って声優という世界で生きています。

声優の世界は、声の才能みたいなものが必要っぽく感じる人も多いと思いますが、そーゆー才能以外にも、処世術っぽい事も必要です。

色んな人が色んな術を使って生きているわけです!僕も変なビームを出したり出さなかったりして術を使いながら生きているわけですが、同業者の術は非常に気になります。

その処世術も、カッコイイ処世術とカッコワルイ処世術が僕の中にはあったりするのですが、この業界で何かしらの旗をあげている人の処世術はどんな格好の術であれカッコイイなと僕は思います。

処世術なんていう事を細かく考えると本心ではないような生き方であったり媚を売るみたいな事が思い浮かぶようなナニがソレですが、僕ら声優は自分の声や身体が商売道具なので、処世術も出来ることならスタイリッシュにキメたい所です。もはや存在自体が処世術と言ってもいいような気がしないでもないです。

処世術なんて言葉を使いましたが、結局の所、術を使うのは自分自身なわけで、人間的なレベルが低かったら術の効果も大したことが無いようなナニがソレになってしまいます。

レベルの高い術師になって、大きな効果を得られるような術を使えるようになりたいものです。

レベル上げ、頑張ります!

2016/11/09 12:00 | 未分類 | No Comments
2016/11/02

ポリシー
なんていう言葉がありますが、ポリシーを持って仕事に取り組むという事は僕ら声優にとって重要な事だと思います。

北沢力という声優は僕しかいないのですから、僕にしかできないような仕事、または僕だからできる仕事といったような、北沢力でなければならないといったような付加価値をつける為にも、やはり何かしらのポリシーを持って仕事に取り組んだ方がいいように僕は思うわけです。

声優の営業というのは人それぞれですので、声優それぞれに営業方法が違います。なので新人の頃などは先輩の営業方法などを吸収しようとしたりして営業方法を勉強していくわけですが、ある程度のキャリアになってくると、他の声優の営業方法を真似てばかりではなく、自分なりの営業方法を考える必要が出てきます。

こうしなければならないというような決まりなんてありませんし、声優個々が皆社長なのですからどんな営業をしようが自分の勝手なのです。

いつまでも新人気取りで他の声優の営業方法を勉強し続けていてはいつまで経っても自分のポリシーらしきものは生まれてきません。

皆と同じ事をしていては消えて行くような世界でもありますので、自分にしかできないような仕事であったり営業方法を考えないと経営は成り立ちません。

人の真似ばかりをしているうちはポリシーらしきものは生まれないように思います。が!真似し続けるというポリシーもあってもいいようにも思います。でも、僕は自分なりのポリシーを持って北沢力という会社を盛り立てていきたいと思っています。

表現の面も同じだと思いますが、人と同じような事をしていては大きな成果はあげられないという事なのではないかなと思いつつ、ナニがソレな感じでのらりくらりと生きて行こうというナニがソレで今日のコラムを終了します。

2016/11/02 12:00 | 未分類 | No Comments
2016/10/26

僕は日本語しか知らないので日本語の話をしますが、日本語ってのは物凄く繊細な言葉だと思います。

言葉の使い方、言い方、受け取り方、受け取られ方によって、同じ言葉でも伝わり方が全然違くなるような言葉なのではないかなと思います。

嬉しい

…という、一見喜ばしそうな(?)言葉でも、全く逆の意味の全然喜ばしくないような表現も言い方によっては可能です。

声優の仕事をしていると、その「嬉しい」という台詞の裏にはどのような感情が含まれているのかって事を察して表現しないといけないのですが、「嬉しい」と台本に書いてあるから嬉しそうな芝居をしてしまうと役の気持ちを読み取れていないなんて事が起こり得るようなナニがソレです。嬉しいと言いつつ、悲しい気持ちを表現しなければいけなかった的なナニがソレですね。

日本人が気持ちを伝えるのが下手だなんて言われる一つの要因として一つの言葉に色々な意味が含まれたりする場合が多いからなのかしらなんて思ったりします。

人の言葉の裏側を察しないでその言葉を鵜呑みにすると色んなすれ違いや勘違いなどが発生します。実に面倒臭いですよね。たまにアメリカ人を凄く羨ましく思う事があります(笑)。

歳をとればとる程に日本語の複雑さを痛感します。そして声優的にも、歳をとればとる程に複雑な心情を表現できなくてはいけないのだと思います。

日頃から言葉の裏側にあるものを察するように努めている僕ですが、もはやその表面的な言葉の意味なんてものはどうでもよく、その人が発する真意みたいな電波めいたものを必死に受信しようとしているような感覚です。文字だの音だのというよりは、そう!電波です!はい!もはや人間ではなくバケモ…いや!受信機と化しているような感じです!

性能の良い受信機になれるように頑張ります(笑)!

2016/10/26 12:00 | 未分類 | No Comments
2016/10/19

「〇〇するのは大変なんだよ」

…なんて言われてー

「ですよねー大変そうですよねー」

…なんて話を合わせる的にうわの空っぽく返事をしてしまった…なんて経験をした事があるような人は多いのではないでしょうか。

ソレが良いのか悪いのかー

…僕にはわかりませんが、自分がわからないような話でも、話を聞いてますよ って意思表示をするって意味では良い事なのかもしれませんよね。

話を合わせるような事が人間関係を円滑に進めていく上で重要なのだとは思いますが、取り敢えず「ですよねー」とでも言っておけば大丈夫だろってなクセがついてしまうとちょっと問題があるように僕は思ってしまいます。

確かに「ですよねー」を使えば表面的には成り立つ会話も多いのでしょうが、本当の意味での会話を考えるならば無意識的でクセっぽくなっちゃってる「ですよねー」を多用していては会話ってのは成り立たないような気がしています。

ここまでの話ではあまり声や声優のナニがソレに関係ないような展開になっているようではありますがこれから強引にこの話題を声の表現に結びつけたいと思います(笑)。

では強引に行ってみます!

日常の会話ってのは台詞の仕事をする上で凄く大事…というか、僕には勉強になるような事が沢山あるように思っていましてー

何となくのテンプレ…要するにここで言う「ですよねー」的な言葉を使っていると勉強にならないんですよね。

「大変なんだよ」って言われて「ですよねー」的なテンプレで返事をするのではなく「何が大変なんだろう?」などの、相手への興味を持つ事であったり、その事について深く考えてみるって事が大事なような気がします。

「ですよねー」的にうわの空でその会話に参加するのではなく、もう一歩踏み込んでみる事で、色んな感情のやり取りができますので、沢山の感情の勉強ができます。そして何より相手のツボにハマるような返しが出来たならば相手も喜ぶでしょうし、こういった反応を察する事でそういった芝居もあるのだなと自分に芝居の引き出しが増えるような気がしてますのです。

感情みたいなそういったものを声に乗せていくような仕事だと僕は思っているので「ですよねー」的に何となく会話をしているとあまり勉強にはならず、良い仕事ができなくなるのではないかなんて思ったりしている僕です。

はい!
上手くまとまりましてホッとしております!え?そんなに上手くまとまってないですって!?

えーん!!
バカーん!!

それではまた来週!

2016/10/19 12:00 | 未分類 | No Comments
2016/10/12

コツ

はい。コツのお話です。何事にも何かしらのコツがありますよね。コツさえ掴めばその物事はスムーズに進むってなもんです。勉強でもスポーツでもゲームでも人間関係でも何でもコツはあります。

では、声優の仕事のコツも当然あるんだよな?なんて声が聞こえてきそうですがー

ありません(笑)!
いや、厳密に言うとコツはあるのかもしれませんが僕には上手く説明できません!

まぁ、技術的な面でのコツはあるのでしょうけれどもそんなものは実際にやらない事には身につきません。何が言いたいのかと言いますと、場数をこなさないとコツらしきものは見えて来ないのですが、場数を踏むという事がまず難しいんですよね。簡単に言うと声優って職業は仕事を得る事が難しい(個人差あります)ので場数を踏まないと得られないコツみたいな話をしてもあまり共感は得られなさそーだし、やーめた!…なんて言いたい気持ちもナニがソレですが強引に続けます!

僕は僕なりのコツがありますが、僕のコツが他の人にとってしっくりくるものなのかどうかはわかりません。要するにマニュアルみたいなものが存在しない世界なので自分でコツを見つけて行くしかないって事です。

同業者同士でコツの探り合いみたいな事をする事もありますが、一つの事に対して沢山の意見や勘違いなどがあり過ぎてあまり参考にはなりません(笑)。

どうやってその声出してるの?って聞かれても答えに困ってしまいます。自分にしかわからないであろう方法で声を出しているわけですからね。

やっと見つけたコツらしきコツも、誰かに教えてあげる事はできませんのです。僕のコツは僕だけのコツですから。

コツを得るにはコツコツやっていくしか無いのでしょう!はい、おあとがよろしいようで。

2016/10/12 12:00 | 未分類 | No Comments

« Previous | Next »