« | Home | »

2014/11/20

今回はいつも以上に“番外編”的色彩が濃いです…。

「iPhone6」の使用感をレポートさせていただきたいと思います。

01ab

って今さらなのですが、「誰かに伝えたい」と思ったことがございまして…。

「iPhone6」、付属のイヤフォンの音質がなかなか良いんですよ!

そう感じたのでググってみたら、そのような評判を多く見つけることができました(すでに十分話題になった後、というわけなのですが…)。

ちなみにぼくは、iPhoneを「3」の頃から使っています。

で、付属のイヤフォンは使う気にならず、これまでは市販品を買って使っていました。

「4S」を使っていた時などは、付属のイヤフォンを1度も試していません。

ちなみに最近は、オーディオテクニカ製の「ATH-M30」というヘッドフォンを使っています。

まあ、これも大した物ではないのですが…。

いわゆる耳に被せる、DJが使うようなタイプのヘッドフォンです(見た目だけで言って)。

今、値段を確認しようとネットで調べたのですが、すでに現行モデルではなくなっているようで、価格がよく分かりません。

そもそもオープン価格です。

買った時は確か、8000円くらいだったように思うのですが…。

ただ、それくらいの価格帯のものの中では、これがベストでした(個人的に)。

で、「iPhone6」の付属のイヤフォン。これとそう遜色ない印象なのですよ。

ちなみそのぼくの愛用しているヘッドフォンと比べると、やっぱり低域のエネルギー感とかドライブ感は「ATH-M30」のほうが上だと思います。でかいですから、その辺はやっぱり。

しかし「iPhone6」のやつは、中高域が割と生き生きとしている印象です。

金属系の打楽器などは特に、そのもの感(リアリティ、実在感)が高いんです。

というあたりが、ぼく的なお気に入りポイントです。

先日、1泊の出張で、パソコンも一眼レフカメラもリュックに入れて、さらにヘッドフォンを入れるスペースを確保できず、持って行くことを断念したんですね。

しかしその日は、どうしても聴き込みたい音源があり。

そうだ、付属のあれ、聴けないよりはいいよね、ということで持って出たんです。

で、何気なく聴いていたら…。

どうも、妙に音がいい…。

でググってみて、ああそうなのねと気が付いた、という次第なのです。

この付属のイヤフォン、使ってない人も多いのでは…、と思うのです。

皆さま、これ、十分使えます。

少なくとも、1万円以下の市販品に買い換える必要性は低いと思われます。

2万、3万のものを考えているのなら、確実にそちらのほうがいいでしょうけれども。

「iPhone6」は、あと、バッテリーの持ちがかなり良いですね。

「4S」と比べて3割は向上した、と思っていましたが、倍は持っている気がしています。

ただ、でかい…。やっぱりでかいです…。

そして、薄いのにもなかなかなじまないです…(持った感じは以前のモデルのほうがいいです…)。

しかし、イヤフォンの音は結構いい!

「iPhone6」ユーザーでイヤフォンを使っていない方、使ってみてくださ〜い!

まじです!

押忍

2014/11/20 06:05 | ラッパ吹きの日常生活, 周辺ネタ | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.