Home > サッカー

2015/03/28

いよいよ今週末(3月28日、29日)、女子サッカー、『プレナスなでしこリーグ1部(レギュラーシリーズ)』、『プレナスなでしこリーグ2部』が開幕します。

ぼくらのバンド『3-4-3』が応援させていただいている、スフィーダ世田谷FCの2015年シーズンが始まります。

という次第で、今回の当コラムは、スフィーダ世田谷FCの応援コラムとさせていただきます。

それと同時に、『なでしこリーグ』についてあまりご存じないという方のご参考になればと、僭越ながらリーグの紹介などもさせていただきます(といいつつ、スフィーダ世田谷FCについて、が中心になってしまうのですが…)。

さて。

今年から、『なでしこリーグ』は2部リーグ制となりました。

昨年までは、『なでしこリーグ』(10クラブ所属)があり、その下に『チャレンジリーグ』(昨年は16クラブ所属)が続いていました。

我らがスフィーダ世田谷FCは、『チャレンジリーグ』に所属し、『なでしこリーグ』昇格を目指していました。

で、今年からは、『なでしこリーグ1部』(10クラブ所属)、『なでしこリーグ2部』(10クラブ所属)、そしてその下に、『チャレンジリーグ』(計12クラブ。東西に6クラブずつ分かれてのリーグ戦)という編成となっています。

『なでしこリーグ2部』は、昨年の『チャレンジリーグ』の上位クラブで構成されています(規定等々があり、上位12クラブから10クラブが選ばれている格好)。

そして『チャレンジリーグ』は、2014年の『チャレンジリーグ』に所属していた5クラブと、参入決定戦、および入替戦に勝った7クラブで構成されています。

(昨年まで『チャレンジリーグ』に所属していた1クラブは、惜しくも入替戦で敗れ、リーグから姿を消すこととなってしまいました…)

で。

我らがスフィーダ世田谷FCは、2014年シーズンは『チャレンジリーグ』で6位でした。

というわけで、順当に『なでしこリーグ2部』に所属することとなった、という形です。

ちなみに2013年シーズンは2位でしたので(なでしこリーグ』9位チームと入替戦を闘い延長PKで敗退…)、それと比べて2014年は苦戦を強いられたわけです。

2014年シーズンは、各クラブの力がより拮抗していた印象でした(その中での6位は、決して悪い成績ではないとも思うのですが、昇格を目指していた選手、クラブ関係者、サポーターにとって、幸せな結果ではなかったことも事実です…)。

そして、2015年の『なでしこリーグ2部』は、昨年の『チャレンジリーグ』以上に厳しくなりそうな雲行きです。

それぞれのクラブが、良い補強をされている印象です。

1部所属のクラブから、有名な選手が加入されたりとか。

全体のレベルアップは確実です。

ただ、スフィーダ世田谷FCにも、有望な選手が多々入団しています。

昨年ケガに泣いた選手も帰ってきますし。

(リハビリ中で、復帰はまだまだ先となる選手もいるのですが…)

今年はどのようなチームになっているのか、本当に楽しみです。

良い闘いができることは間違いないはずです。

さてさて。

スフィーダ世田谷FCは、3月29日(日)に、アウェイ(岡山)で開幕戦を迎えます(私は、Twitterでの観戦、応援です)。

これをアップした今からみて、明日のゲームです。

リーグは、3回戦総当たり。

9クラブと3回り闘いますので、計27試合。

長丁場です。

女子サッカー選手は多くがアマチュアで、仕事をしながら、または学業に勤しみながらサッカーをされています。

スフィーダ世田谷FCの選手も、多くが社会人、もしくは学生です。

日々仕事をして(学校に行って)、夜には練習をして、週末は練習と試合、アウェイゲームでは遠征…。

日々、コンディションを整えること自体、大変だと推測します。

本当に、頭が下がります。

自分ももっとがんばろう、という気持ちにさせていただいています。

ところで今年は、女子サッカーのW杯が開催されますよね。

世界一に輝いた前回大会から4年。

6月6日に開幕し、7月5日が決勝です。

代表選手の活躍と、それに引き続いてのリーグの盛り上がりも祈りつつです。

ところで蛇足ですが…。

クラブが毎年販売されているレプリカユニフォーム、今年は25番を注文いたしました。

ちなみに所有している歴代モデルは、7番(2012年モデル)、5番(2013年モデル)、10番(2014年モデル)です。

で、2015年モデルは25番。林 玲花選手の背番号です。ユースから昇格して2年目の選手です。

林選手は実は、2012年の開幕前に製作した、クラブ公認応援歌のレコーディングに参加してくれているんですね。

この音源には、ユースの選手が数名と、あとは中1から中2に上がる世代のジュニアユースの選手達、総勢30名弱に参加していただいています。

(音源はコチラです!)

録音当日のことは、今でも本当に良い思い出です。

林選手は当時、高1から高2に上がる年代でした。

特に多くの会話を交わしたわけではないのですが、メンバーの中にいたことをよく覚えています(スタジオ一番乗りだったんですよ)。

というわけで、今年の飛躍を期待しています!

さてさて、ホーム開幕戦は、4月4日(土)、駒沢オリンピック公園陸上競技場(有料試合)。

キックオフは14時です。

お近くで、お時間のある方はぜひ!

まずは明日(3月29日)の開幕戦、良いゲームの末、良い結果が得られますように…。

そして、スフィーダ世田谷FCの2015年シーズンが、良いシーズンとなりますように…。

選手の皆さま、思いっきり走り回ってください!

そして、1つでも多くの勝利と、多くの笑顔を♪

サポーター仲間の皆さま、関係者の皆さま、応援されるすべての皆さま、今年もよろしくお願いいたします!

押忍

2014/11/10

今回は、ぼくらのバンドを“サポートアーティスト”としてくださっている、女子サッカークラブ『スフィーダ世田谷FC』の、今シーズンの闘いについて綴らせていただきます。

去る11月3日のアウェイゲームを持って、今シーズンのリーグ戦全日程を終了されました。

昨シーズンは、なでしこリーグ9位チームとの「なでしこリーグ&チャレンジリーグ入替戦」に出場し、死闘の末敗退…。

切ない幕切れでした。

その雪辱を期すべく臨まれた今シーズン。

結果は、11勝5分6敗、勝ち点38で、16チーム中6位という成績でした。

客観的にみて、16チーム中6位という成績が悪いものであるはずはありません。

しかしチームは「なでしこリーグ」への昇格を目標として闘っていたわけですので、監督、選手の皆さんがブログ等で発信する言葉にも相当な悔しさがにじんでいます…。

ちなみに、優勝して「なでしこリーグ」への自動昇格を勝ち取られたチームの勝ち点は53。

入れ替え戦に出場されるチーム(2位チーム)の勝ち点は51。

それと比べて勝ち点で13、4勝と1分が足りなかった計算になります。

リーグ戦は、Aブロック、Bブロックと2つに分かれて闘われました。

最初に同ブロックの7チームと総当たりを1順、そのあと別ブロックの8チームと総当たりを1順、最後に同ブロックの7チームと総当たりをもう1順。

1シーズンは3期構成になっていました。

今年の『スフィーダ世田谷FC』は、第1期は好調に滑り出しました。

しかし、第2期に厳しい試合が続き…。

そして第3期。

当初はまだ昇格圏に浮上できる可能性も残しつつ、しかし早々に可能性が潰えて…。

そんな流れでした。

かなり重苦しい雰囲気に陥る日もあり、選手の皆さんの痛々しい姿は見るのも辛かったです。

でも勝負ごとですから、勝ちを望んでもすべてが上手くいくわけではない…。厳しいですね…。

辛いシーズンにはなってしまいましたが、来シーズンの飛躍、躍動を期待したいと思っています。

1シーズン、ひたむきなプレーに勇気をいただきました。

一緒に熱くなれたり、時には悔しくてしょうがないこともありましたが、勝った時は本当にうれしくなりますし、そんな気持ちを共感できることを有り難く思っています。

ところで夏に、『スフィーダ世田谷FC』の川邊監督が監督を務められている“東京都国体選抜成年女子”チームが、悲願の国体本戦出場を決めました。

選手も『スフィーダ世田谷FC』の選手を主体としています。

(それ以外にも力のある選手が加わりつつ)。

そして全国大会でも3位!

これは今シーズンの中での、もっとも明るいニュースだったのではないでしょうか。

で、栃木県で行われた、予選である関東ブロック大会。

ぼくは1回戦の応援には行っていないのですが、出場がかかった2試合目には応援に行けました。

そして歓喜の本戦出場決定の瞬間に居合わすことができました。

試合後、サポーター仲間、選手、スタッフの皆さんとみんなで喜べたこと…。

忘れられないです。

さて。

チームは今シーズン、“皇后杯”の闘いを残しています。

男子サッカーで言うところの“天皇杯”です。

トーナメントですから、負けてしまえば、即、今シーズンは本当に終了…。

1試合でも多く試合ができますように…。

会場が遠く、応援には行けない感じなのですが…。

その後は、シーズンオフ。

シーズンオフには、退団される選手の発表もあるんでしょうね…。

いろいろな事情で、結構多くの選手が毎年入れ替わっていきます。

寂しい季節を迎えることになります…。

そしてその後は、新入団選手の発表、始動、そして春のシーズン開幕へと…。

また来シーズンも、スタジアムに行ってパワーをいただきたいです。

返す返すも、今年の“皇后杯”。

健闘をお祈りしています。

そして、サポーター仲間の皆さま、クラブ関係者の皆さま。

来シーズンもよろしくお願いいたします!

2014_fc

押忍

2014/06/23

ちょっと時間が経ってしまいましたが、先日のライブの総括をさせていただきたいと思います。

まずは、6月13日(金曜)の、イベント司会のことから。

もう10日近く経つので、相当に昔のことのように感じます。

さてさて。

まず、これがどんなイベントだったのかをおさらいさせてください。

概要は以下です。
(以下、お店のHPより)

2014W杯ブラジル大会開幕記念
KBC The World Music Tour 2Days 第1夜
ワールドミュージック・ナイト
【スペイン/フラメンコ】Ramo de Rosas
【ブラジル/ボサノヴァ】Karen
【ドイツ/クラシック】♪4-2-3-1
【日本/殺陣】偉伝或 
司会:太田祥三(3-4-3)

で。

このイベント、4年前にも開催されております。

ぼくらのバンド名がサッカーちなみということもあり、当時このお店をフランチャイズとしていたこともあり、お店のブッキングマネージャーとぼくらが相談して開催されたんですね。

そんな経緯から、今年もぼくらを主体的にお考えくださり、初日は演奏しないまでも司会でどうよ、という流れになった次第なのです。

そのお心遣いに、ただただ感謝しております。

とはいえ、ぼくはMCはほぼほぼ素人です。

バンドのライブでは、ボーカルのMCをサポートする程度でぼくもMCを挟みますし、それがぼくの知り合いの一部には好評だったりもしていますが、まあ内輪ウケというレベルなわけです。

今回の司会は、それに比べると相当にハードルが高かったです。

まず、ぼくのお客さんはゼロ。

バンドメンバーも誰1人いない、正真正銘の完全アウェイです。

(お店のスタッフの方々はすべてお友達ですから、その点ではホーム、とは言え…)

で、お店のブッキングマネージャーの方とツーマンで司会かな、とも思っていたのですが、完全ワンマンでした。

さらに、出演者の方の転換の時間、ずっとしゃべりっぱなし、という形式…。

演奏が終わったらステージの袖に駆けつけ、出演の労をねぎらい、そして話をつなげ、次の準備が整ったところで、紹介&スタートを告げる、という流れ…。

なんのために、ここまでハードルが高いのか、さっぱりわからないまま…。
(もちろん、ノーギャラ…。交通費持ち出し…)。

一応、録音しました。

せっかくやる以上、後から反省すべきと考えたからです。

ところどころ盛り上がっています。

各所からお褒めのお言葉もいただくことができました。

がんばったほうだと思っています。

しかし、お店のブッキングマネージャーの方からは、おほめをいただきつつも、有意義なご指導もいただきました。

基本、自虐体質なので、噛んだり、詰まったりすると自虐に走っていたのですが…。

「おーたさん、あれだけしゃべれたら大したものですよ。しかし、ネガティブなことをときどき言うのはいかがなものか。反応がなくたってみんなMCを聞いているものです。そんなとき、ネガティブな発言を耳にすると、テンションが下がってしまうものなんです。ネガティブな発言はやめましょう」

アーティストを育てるのがブッキング・マネージャーの仕事。

大いに鍛え上げられたぼく。

おかげで、MCとして、確実にスキルアップできました。

まじです。

問題は、この学びをどう活かすか。

(司会者じゃないからな…)

(いや、ライブのMCに、相当に活かしますよ)

押忍

2014/06/13

2014W杯ブラジル大会が開幕しようとしております。

日本時間、6月13日午前5時に開幕カード、ブラジル:クロアチア戦がキックオフです。

今、まさにその時を待ちながら、今月1本目のコラムを更新している次第です(開会式が行われているようですが、まだテレビは着けていません。静寂です)。

そして…。

W杯が開幕するということは、かねてからお知らせさせていただいておりますとおり、W杯にかこつけたライブイベント、それも2夜連続のイベントに、2夜連続で出演してきます。

といいましても、初日は司会ですが。

といいつつ、まだお店のブッキングマネージャーには報告しておりませんが、一応楽器を持参いたします。

出演アーティストのお1人が知り合いでして、1曲演奏参加させていただけないものかとお願いし、快諾をいただけました(断りづらい、って話ですけども…)。

といいつつ、リハで合わせてみてだめだなと思ったら、勇気ある撤退も視野に入れております。

司会者が突然参加するハプニング性という観点でアリだな、と捉えていただけたらとは考えているのですが…。

さてさて。

3月のライブからちょうど3か月。

自己ベストの更新。

果たしたいものです。自己ベストを更新することが、毎回の目標です。

そのために十分な準備ができたか、否か…。準備ができたかどうか、これがすべてです。

その意味ではもうすでに結果はでているわけですね。

特に5月は忙しく、マックスには練習できていないです…。

まったく練習をしなかった日は1日だけでしたが、頑張れる余地はもうちょっとあったように思います。

ただ、上向き感はなくはないです(絶好調感はないのですが)。

日々の練習の中で、調子を定点観測しているんですね。

その感じからは、調子は悪くはないんです。

調子の定点観測とは、練習終わりのタイミングで、ちょっと難しめのフレーズがどれだけラクに吹けるか(どれだけキツいか)を試すんです。

練習は1セットを30分と決めているのですが、その30分終わりの都度、それを試します。

その感じ的には、調子は悪くないんです(半分自己暗示)。

そしてここ数日は、少々危険ではありつつ、ちょっと追い込んで練習を積みました。

唇に疲れを溜めてしまった感もなくはないのですが、若干絶好調感に近い感じが、ようやく出てきたかも…、という手応えも少しあります(さらに自己暗示)。

さらに最近、1つ、心のよりどころを見つけられた気がしています。

心が折れそうなとき、思い出して気持ちを建て直すためのよりどころ。

それは。

『腹筋は裏切らない』

バテていても、調子が悪くても、お腹に力を入れて吹けばなんとか音は出る。

って、音が出ても、フレーズを間違ってしまったらアウトなんですけれどもね…。

間違えようもないほど慣れたフレーズでも、突然の小さなアクシデントに動揺して、まったく思い出せなくなる瞬間があるんですよね。

ライブはメンタルだ、と、つくづく感じます。

とりあえずフレーズの反復練習は十分積みました。

それを信じて冷静に、そして『腹筋は裏切らない』これをよりどころに、自信を持ってステージに臨みたいと思っています。

まずは、明日の司会から。

司会に関しては、訓練を積んでいる芸ではありませんので、だめでもともと。

開き直って攻めてきたいと思います。

そんなこんなな、ライブ前の心境でした(まとまりがイマイチですみません…。試合が始まっちゃいそうです…)。

押忍

2014/03/28

3月21日のイベント参加、23日のライブと無事に終了いたしました。

日にちが空いてしまいましたが…。

改めまして、イベントにお声かけくださいました主催者さま、女子サッカークラブ・スフィーダ世田谷FC関係者の皆さま、選手の皆さま、本当にありがとうございました。

ライブハウス・楽屋(らくや)の皆さま、共演の皆さま、本当にありがとうございました。

そして何より、イベント会場で足を止めてお聴きくださいました皆さま、ライブ会場までお越しくださいました皆さま、本当にありがとうございました。

反省点は多々ありますが、まずはとりあえず、乗り切れてほっとしています。

1月、2月とライブはなかったわけですが、3月になって2本、それも中1日で2回。

イベントのほうは15分ステージ(3曲)というコンパクトなものでしたが、緊張感は相当でした…。

勝手に入れ込んでしまっていて…。

クラブの顔に泥を塗るわけにはいきませんし、道行く人たちの足を止めるという役目のハードルが高く…。

本番当日、少々機材トラブルなんかもあったりして、心の弱さを露呈しつつも、なんとか…。

演奏中、選手の皆さまに盛り上げていただけて、本当に助けられました。

あと、サポーター仲間の皆さまも、ありがとうございました!

ライブのほうは逆にリラックスして臨めました。

と思いきや…。

前日の夜あたりから、やっぱり緊張してきましたです…。

ステージ上でも、さまざまなことで瞬間瞬間に心が乱れました…。

今後のがんばりポイントは、ずばり、メンタルです…。

ただ、お客さまが本当に温かくて…。楽しい時間を過ごせました。

良い雰囲気の中で演奏ができて、印象深いライブになりました。

重ね重ねになりますが、お聴きくださいました皆さま、本当にありがとうございました。

3月は濃い月でした。

確定申告もありましたし…。

なおかつ、うれしいことに、お仕事的にも新規の案件があったり…。

イベントとライブでメンバーと曲が違っていましたので、仕込み的な部分でも少々慌ただしかったです。

そんな中、新曲を仕上げることができたのはラッキーでした(音源を聴かせるわけではないので言っちゃいますが、これがなかなかいい曲です)。

そして返す返すも、2つのライブ、乗り切れて良かったです。

メンバーもそれぞれいろんなことを抱えて生活している中、それぞれ真摯に音楽と向き合っていて、リスペクトしますし、感謝もしています。

当日も最高のパフォーマンスをしてくれました。

こんなことは直接言えばいい話ですが…。

みんな、本当にありがとう。お疲れ様でした(リーダーっぽくやや上から…)。

ライブが終わったあと、対バンのnaminote(ナミノート)の小林さんと、サシでがっつりと(周りは女子ばかりのおしゃれカフェで)いろんな話をさせていただきました。

いろいろと思いも新たにできました。

さてさて。

今年のバンドの活動指針は「イベント色のあるライブを開催する」です。

次は、6月14日(土曜・夜)、以下のような方向でいってみようと思っています。

<仮タイトル>
サッカー好きのバンドの中で、今もっとも勢いのあるバンドのひとつ
『3-4-3』Presents
サッカーW杯2014ブラジル大会開幕記念
☆サンバ・ナイト☆
@KICK BACK CAFE (京王線仙川)

今後、情報を小出しにしていきながら、皆さんの注意を引いていきたいと考えています(せこい!!)

最後、イベントとライブの写真を載せさせていただきます。
(ぼく、着てる服、同じですが、お洗濯して着ていますので…)

写真をくださったTさん、Gさん、ありがとうございました!

4月も元気にいきたいです!

(って、3月中にもう1コラム、いかせていただきますけれども)

押忍
2014.3.23_PH

2014.3.23PH-2

2014/03/17

緊急告知です!

来る3月21日(金・祝)に開催される、『スフィーダ世田谷FC・キックオフイベント』への参加が決定いたしました!

午後1時から2時の1時間、経堂コルティ(小田急線経堂駅北口すぐそば)1F正面入り口付近で行われるイベントです。

女子サッカークラブ「スフィーダ世田谷FC」の、シーズン開幕をPRする、春の恒例行事です。

その中で、最初の約15分ほど演奏させていただきます!

その後、クラブのPRタイム、そしてちびっ子を対象にしたサッカー体験会と続きます。

イベントを盛り上げ、人の足を止めることがぼくらの使命だと考えています(ハードル高っ!!)。

全力で臨みたいと思っております!!

「スフィーダ世田谷FC」は、4月6日(日)、駒沢オリンピック公園陸上競技場で、今シーズンの開幕戦を迎えます(午後1時試合開始です)。

クラブが所属しているリーグは『プレナス チャレンジリーグ』。

男子サッカーで言うところのJ2です。

その上に、『プレナス なでしこリーグ』があります。

クラブの悲願、なでしこリーグ昇格を目指す長い闘いがスタートするわけです。

昨年は『入れ換え戦』への出場権を獲得し、ホーム&アウェイで死闘が繰り広げられ…。

2戦合計で同点。そのまま延長戦に突入するも決着つかず。

そしてなんと、無情にもPK戦で敗北…。

今年は、その雪辱を期すシーズンです。

昨年のあの涙が、歓喜の笑顔に変わりますように…。

選手の皆さん、躍動してくださいっ!

楽しみです!

今年も応援し続けたいと思っています!

そして、このキックオフイベント。

この会場で行われる「スフィーダ世田谷FC」PRイベントはこれで3回目です。

2012年の夏、2013年の開幕前、そして今回です。

ぼくらは、12年夏以来、2度目の出演となります。

この時の演奏はとても印象深いです。

録音を聴くと、とにかくセミの声がすごい!

セミの声の生ナマロク音源ではないかというくらいのセミの声。

その中で始まる1曲目のギターイントロ…。セミの声のほうがやや大きいか…、というようなイメージです。

夏っぽさが、とにかくぱない音源です。

夏好きとしては、ある種、死んでもいい…、と思えるレベル。

前回は、ギター、トランペット、ボーカル、という3人編成で出させていただきました。

メンバーのスケジュールが合わず、フルメンバーでの演奏は叶いませんでした。

今回は5人編成で演奏できます。

ギター、ベース、パーカッション、トランペット、ボーカルです。

前回よりも、よりグルーヴィなサウンドをお聴かせできると思います。

と言いつつですね、今回も、純メンバー5人での演奏は叶いませんでした。

ギターとドラムス担当のスケジュールが合いませんでした…。

で、その2ポジションに、強力なサポートメンバーを迎えて臨みます。

ギターが2012年の同イベントでも手伝ってくれた沼尻くん、パーカッションは、ぼくらの準メンバーである千田くん。

ふたりとも相当にナイスなミュージシャンです。

というか、この人たちしかいないというファースト・コールがそれぞれスケジュール的にOKだったという奇跡!

昨日(16日)、リハを行いました。23日のライブのリハをやっていたスタジオで、それに引き続いて行いました。

この5人で音を出すのは昨日が初めてでしたが、ばっちりです。

いつもとはちょっと違うサウンドですが、これはこれで、相当に気持ち良いです。

そして彼らのいいところは、ぼくに優しいところです。

ぼくが、「いやー、全体の音を気にしながら演奏すると、自分が間違えちゃうんだよな…」とつぶやけば、

「いや、リーダーはそうなっちゃうんですよ。大変です」と言ってくれるし。

くぅ〜。。。。。。

(いやいや、間違えないようにがんばります!)

そんなこんなで。

3/23のライブはもちろん、3/21の当イベントにも、ぜひ!

お待ちしております!!!

押忍

2013/11/13

8月31日付けの当コラムで触れさせていただいた、女子サッカークラブ「スフィーダ世田谷FC」の今シーズン、その後をお伝えさせていただきます。

該当コラムの投稿時点で、リーグ4位(16チーム中)、昇格条件を満たすチーム中2位、でした。

9月22日のリーグ最終戦終了時の最終順位は、堂々の、リーグ3位、昇格条件を満たすチーム中2位!

なでしこリーグへの昇格のチャンスを得ています!

そしていよいよ、今週日曜、11月17日…、

『2013なでしこリーグ&チャレンジリーグ入替戦』第一戦が行われるんですくぅ〜〜〜っ!!!(川平さんをイメージして言ってみてください)

詳細は以下です。

●対戦カード:スフィーダ世田谷FC vs FC吉備国際大学Charme
●日時:11月17日(日) 13時キックオフ(開門 11時30分予定)
●会場:東京都・味の素フィールド西が丘(旧西が丘サッカー場/北区)
●入場料:一般 1,000円/会員 800円/中・高校生 500円※全席自由席

そして運命の第二戦は

●対戦カード:FC吉備国際大学Charme vs スフィーダ世田谷FC
●日時:11月24日(日) 13時キックオフ
●会場:兵庫県・加古川運動公園陸上競技場

ホーム&アウェイの2回戦で、雌雄が決します。

2001年クラブ創設、チャレンジリーグ(なでしこリーグ2部)に昇格して3年目。

いよいよ悲願のなでしこリーグ昇格が目前に迫ってきております。

ぼく自身は、クラブを応援するようになってまだ2年なのですが…。

クラブの方とお話をさせていただく機会を得ることができたのが2012年の1月でした。

チャレンジリーグ昇格1年目を戦い終わり、2年目に向けて準備をされている時でした。

もちろん、なでしこリーグ昇格が当面の目標の1つであるというお話もお聞きしました。

いよいよ、それが現実のものとなる瞬間が、訪れようとしているわけです。

この2年間、ホームゲームにはすべて応援に行かせていただきました。

アウェイゲームは、今シーズンに関しては近場でのカード、1.5試合しか行けていないのですが…(0.5というのは、中止になった試合の再試合です)。

なので、サポーターとしては甘チャン野郎です…。

しかししかし、わくわくが止まりません…。

緊張もしております…。

正直に言うと、試合が始まらないでほしいという気持ちもないではないです…。

ところで、2011年のFIFA女子ワールドカップでの日本優勝から丸2年以上が経過しました。

それ以前の日本女子サッカーリーグを知る方に、現在の女子サッカーを巡る周辺の雰囲気についてお聞きしますと、公式戦の集客状況など、ワールドカップ以前の感じに戻っているようです。

しかし、スフィーダ世田谷FCに関しては、今年は昨年以上の方々が試合会場に訪れています。

チーム力、認知力、いろいろな部分でクラブは前進を続けられています。

そして返す返すも選手、スタッフの皆さん。

全選手アマチュアですから、日々フルタイムで仕事をしているか、学校に通っているか。

スタッフの方々に関してもそのほとんどが、他の仕事をしながらクラブ運営に携わっていらっしゃいます。

これはスフィーダ世田谷FCに限った話ではないのですが、いろいろなものを犠牲にしながらサッカーに打ち込む姿には、ほんと、頭が下がりますし熱いものが込み上げてきます。

ここをお読みで、東京近郊にお住まいの皆さま、11月17日、お時間ございましたら、ぜひともスタジアムまで!

会場までのアクセスは下記をご参照ください。

こちら!

ぼくはいつも、赤羽からバスに乗っていきます。バスについての詳細も上記リンクに掲載されています。

バスですと、スタジアム脇まで連れて行ってもらえます。

※追記(11/14 午前1時)上記でバスを推奨したのですが、当日、午前11時頃から12時頃にかけて、赤羽で不発弾処理が行われる関係で、赤羽まで行くJRと、赤羽からの国際興業バスに運休が出るとのことです。以下、URLをご確認ください。ちょうど開門時間と重なりますので、赤羽からのバス経路は避けたほうがよろしいかもしれません。
※ただ、埼京線には運休がないようなので、池袋経由で赤羽には行けるようです。あと、国際興業バスの運休も、スタジアムへのアクセスには影響がなさそうです。しかしながら、一応、ご確認ください!

●JR(PDFファイル)

●国際興業バス

単なる、試合告知的な内容になってしまいました…。

またここで、歓喜の昇格を、リポートしたいです。

クラブをあまりご存じない方、当バンドが製作した以下の応援PVも、ぜひぜひご覧ください!

こちらです!

押忍!

2013/09/30

次回ライブが、ようやく決定いたしました!

●2013年12月8日(日曜・夜)
●下北沢・mana records
http://www.mona-records.com/

前回のライブが、8月17日でしたので、実に4か月ぶりのライブになります。

真夏だったのにもう、年の瀬・冬ライブです。

詳細はまた改めてお知らせいたします、がつっとした対バンライブになると思われます。

多分、4つくらいのバンドが出ることになると思います。

なので、演奏時間も最近のライブに比べると、少々短めになると思われます。

どんなバンドと対バンになるのか楽しみです。

今回、4か月ぶりとなりますが、今年はこれが6回目のライブです。

1月、2月、5月、7月、8月、と良いペースでライブができました。

1月は大雪、5月はメンバーの体調不良、7月は炎天下の屋外と、やや受難の相が出つつでしたので、最後はビシッといきたいところです。

と、明日から10月というタイミングで、すでに今年を振り返る的なタッチになっておりますが…。

10月、11月と、新曲の製作も含め、良い準備をしてライブに臨みたいと思います。

サッカー日本代表の本田選手も言っていました。

「準備がすべて」。

まさにです。

あ、12/8って、ジョン・レノンの命日ですね…。

押忍。

2013/08/31

今回は、ぼくらのバンド『3-4-3』(さん-よん-さん)をサポートアーティストとして位置付けてくださっている、女子サッカークラブ『スフィーダ世田谷FC』のここまでの戦況をお伝えさせていただきます。

『スフィーダ世田谷FC』の今シーズン、プレナス チャレンジリーグ(なでしこリーグ2部相当)も、残りあと4試合となりました(全22試合・8月31日現在)。

9月は毎週末試合が行われますので、9月22日で、もろもろ雌雄が決します。

我らが『スフィーダ世田谷FC』は、なでしこリーグへの昇格を目指して今シーズンを闘っています。

先に、昇格規定をご紹介しておきますね。

○チャレンジリーグ1位チームは、なでしこリーグ10位チームと自動入れ換え
○チェレンジリーグ4位以内で、なでしこリーグ準加盟資格を有するチーム中、2位のチームは、なでしこリーグ9位チームと入れ替え戦を実施。

さて、残り4試合を残したところでの、チャレンジリーグ上位の順位は以下のようになっています(8月31日現在・日本女子サッカーリーグHPより抜粋)。

(順位 チーム名 勝ち点 試合数 得失点差)
1  常盤木高     51     18     +62
2 ☆AS狭山     47     18     +71
3  ノジマ     42     18     +57
4 ☆S世田谷     42     18     +49
5 ☆福岡AN     37     18     +20
6 ☆静産大ク     36     19     +19

☆印は、準加盟資格を有しているチームです。

あと4試合を残していますので、全勝した場合、勝ち点12を上乗せできます。

まず、準加盟を持っているチーム中で1位となるためには、2位・AS狭山との勝ち点5差をひっくり返さないとなりません。

AS狭山とは直接対決を1試合残していますので、『スフィーダ世田谷FC』としては、直接対決を含み全勝し、その上でAS狭山がもう1試合勝ち点3を落とす、という状況にならないとなりません。

また、4位以内で準加盟資格を有するチーム中2位に入るためには、5位の福岡ANと、6位静産大に抜かれなければいいわけですので、福岡AN、静産大が全勝したとしても、『スフィーダ世田谷FC』は、1敗までなら許される、という状況です。

ただ、『スフィーダ世田谷FC』の残り試合4試合には、2位のAS狭山戦、3位のノジマ戦が含まれています。

厳しいカードを残している、というわけです。

もちろん、その他のカードも、決して楽な試合はないでしょうから、最後の最後までしびれる展開になることが予想されます。

チャレンジリーグの試合結果はなかなか一般マスコミでは報道されませんので、お時間がございましたらぜひぜひ、日本女子サッカーリーグのHPをチェックしてみてください。

コチラです!

(スマホでチェックされる場合は、スマホ版のページに行かないほうが分かりやすいです)

とにもかくにも、残り4試合。

最後の最後に、選手、関係者、サポーター、みんなが歓喜するところが見たいですし、その現場で一緒に歓喜したいです!

信じています!

重ね重ねになりますが、ぜひぜひリーグ終盤の動向を、『スフィーダ世田谷FC』の動向をチェックしてみてください!

そういえば、クラブの公認応援歌のYouTube音源の再生回数が、ついに4000回を超えました!(公開からは概ね1年半が経過しております)

よろしかったら、ご覧ください!

コチラです

そして、チームを紹介・応援するPV(3-4-3の楽曲使用)は、再生回数1200回を超えました!(公開から概ね5か月です)
こちらもよろしかったら、ご覧ください!

コチラです

まずは明日(9月1日)、第19節です。

もちろん応援に行って来ます!

がんばれ! 『スフィーダ世田谷FC』!!!

押忍

2013/04/30

今月最後のコラムは、近況やら次回ライブのお知らせやらを…。

ということで、まずはフライヤーをご覧ください!(今日でき上がりました!)

今回のライブは、3月にレコーディングを行った新曲の、シングルCD発売記念ライブです。

いわゆる、『レコ発』ライブです。

今回のシングルCD表題曲『SFIDA』は、ぼくらがバンドとして応援している女子サッカークラブ『スフィーダ世田谷FC』に「クラブ公式サポートソング」としていただいている曲です。

そしてこのシングルCDは、クラブのホームゲーム会場および、ぼくらのライブ会場でしか販売いたしません。一般流通には乗せないんです。

(配信発売を計画しているのですが、CDを買うことができるのは、ホームゲーム会場とライブ会場だけ、なんです)。

で、ホームゲームは4月7日に今季初戦が行われまして、すでにお買い上げいただいている方も多々いらっしゃるのですが(本当にありがとうございます!)、ライブ会場で販売するのは今回が初めてです。

なので、堂々の『レコ発』ライブです!

その割に、フライヤー的には『レコ発』の打ち出しが若干弱めか…(遠慮がち…)。

(音源はコチラで聴くことができます。まだお聴きになっていらっしゃらない方はぜひ1度お聴きください! クラブからお借りした写真を使ってバンドが製作した、クラブを紹介・応援するPVです)

そうそう、せっかくですので、スフィーダ世田谷FCの今シーズンの滑り出しについて簡単にレポートさせてください。

ここまで4試合が行われ、4連勝を飾っております! 現在、堂々の首位!

今期の試合数は22試合ですので、まだまだ序盤ですが…。しかしここまで、これ以上ない滑り出しをキメてくれています。

ちなみに、プレナスチャレンジリーグ(なでしこリーグ2部)には計16チームが所属しています。それが昨年の順位を基準に2ブロックに分けられていて(1ブロック8チーム)、まずはその中の7チームとホーム&アウェイで計14試合が行われます。

その後、別ブロックの8チームと1試合ずつ行い、計22試合を闘うことになります。

まずはブロックの中での対戦が一巡する第7節終了時点でどれくらいの順位をキープできているか、ここが最初のポイントになると思われます。

今はその最初のポイントまでの折り返しを通過したところ。これからあたるチームは好調なチームですので、今後も厳しい試合が続くと思われますが、好スタートを切れていることは間違いありません。

(ちなみに、2チームだけ天候不順により1試合、消化試合数が少ないので、順位としてはその意味で暫定です。ただ、その2チームとは得失点差で差をつけることができているので、本当の意味でも首位にいると考えていいと思います)

ご参考までに、リーグの公式HPをご紹介します。以下で順位表が見られます!

コチラ!

最後、フライヤーの説明を…。

今回のデザインは、シングルCDのジャケ写を発展させたイメージです。

変化を付けるべく、「空の一部をめくってみたら、夕焼け空が出てきた!」的なギミックを入れてみました。

思ったよりメルヘンチックにならず、シリアスなタッチです…。いかがでしょうか…。

というわけで、5月は練習のピッチを上げていこうと思っています。

レコーディングが終わってからいろいろとばたついたのもあり、ここ最近2週間ほど風邪を引いていたこともあり、4月は日々の練習量が落ちてしまいました…(丸っきり吹かない日も計2日ありました…)。なので如実に調子が落ちています…。

ここから張り切って巻き返したいと思っています。

お近くでお時間ございます方は、ぜひぜひ1度ライブにお越しください!

バンドHPに記載のメールアドレスや、Facebookページのメッセージなどで、ご予約ください!

Facebookページはコチラです!

それでは皆さま、よい5月をお迎えください!

押忍!

Next »