« 何かにつけ継続することは… | Home | 職人の域 »

2010/04/19

556の場合、営業時間は20:00~26:00の6時間。準備と後片付けを考えると8時間程度ですか。1日は24時間あるので、単純計算でおよそ1日の3分の1を使用していることになる。使用時間が3分の1であることで賃貸料が3分の1になることはなく、当然使っても使わなくても賃貸料はフルに支払わなければならない。ならば24時間使わない手はない。いわゆる農業でいうなら、二毛作、3毛作みたいな感じですよ。

同じ耕地で1年に2種類の異なる作物を栽培することを二毛作という。ちなみに同じ作物を作る場合は2期作と言うらしい。農作物はその実りの時期があり、その時期をふまえた上で農地の空く時間を作ることなく、常に何かを作り続けることで耕地の有効利用が可能となるわけだ。

さて556的な二毛作とは?まーBARタイムは夜なので、昼間にその場所を使うことで二毛作が可能となる。さあ具体的に何をやる?まー個人事務所的ならまったく問題なく機能はする。私が今年から少し始めた不動産営業という道…ということで不動産店舗はどうだ?こちらは少々考えないといけないところもあるが、頑張れば可能なはず。ギャラリーBARと告知していることを考えるなら、単純に『ギャラリー』として場所を提供することも可能だろう。以前に、知人からスペースを貸してほしいと頼まれたことがあり、その時はカウンセリング(占い的な要素が強い)を行うためのスペースとして使っていた。まー考えてみるといろいろと出てくるものですね。

さて実際のお話、つい最近昼間のカフェを週に一度試験的に始めてみました。夜BARで昼間はカフェ、かつてバブルの頃に『カフェBAR』という呼ばれ方が流行りましたが、いわゆるソレですね。ただしちょっと違うのは、昼カフェに猫がいること。世の中『猫カフェ』って少々流行り気味のようですが、その猫カフェほど思いっきり猫中心で売るのではなく、カフェをやっているスペースに飼い猫を連れて行ってるって感じですね。まだまだ模索中ですが、夜の顔であるBARとは違う価値観を見出し、楽しいスペースができるといいですね。

2010/04/19 12:54 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.