« アーティストを探す作業って案外大変なんです。 | Home | 何かにつけ継続することは… »

2010/03/19

前回のコラムに続く感じですね。お気に入りのアーティストとの出会いは案外難しいって感じのお話でしたが、告知していたアートイベント『Geisai vol.14』に行ってきました。場所は湾岸にあるビックサイト。参加アーティスト…総勢…いったい何人なんだ?300人くらいかな(アバウトですいません)。さてそんなエネルギー溢れる会場を回っていると案外疲れるんですよね。あれは何なんだろう…パワーを持っている皆さんに吸い取られている感じかも。それでも力を振り絞り会場を歩いて回りました。しかし思いのほかピンとくる人に出会えない…。もちろんうまい方はそれなりにいる。しかし上手いだけで魅力があるのとはまた別もの。まー上手いだけとはずいぶんと失礼な言い方になってしまったが、正直上手くなくても魅力的な作品の方に私は興味が湧いてしまうんです。…誤解されるとまずいので一言「魅力的なものに上手くないものはきっとありません」。さて、会場の半分を回ったところで声をかけたアーティストは一人も出てこず、もちろんいいかもって思ったアーティストは二名ほど…だけど声をかけて話すまではいたらなかった。今回の作家さん探しは空振りに終わってしまうのかと思って少々焦り気味で後半戦にいざ出陣。そしたらやっと見つけました。白と黒を組み合わせていろんなものを表現している「さひとろしし」というアーティスト。その作品を言葉で表現するのは難しいのでぜひホームページをご覧ください。ちなみに作品ではカラーを使った作品も制作中とのこと。いずれ遠くない日に556での展示が実現するといいのですが…。さて一人見つかると一安心、勢いにのってまたまた素敵な絵描きさんに出会えました。心温まる作品を描いている「サカモトセイジ」さん。温かいという表現がぴったりの作品なんです。色使いと空間の使い方、あとは距離感の描き方が私は気に入りましたね。昨日の事、サカモトセイジさんが556に来てくれて七月に作品展を開くことも決定しました。しかも作品展に向けて556に合った新作を制作してくれるとのこと。いやいや嬉しい限りです。今回お声をかけたのはもう一人、最後の方は写真でアートを表現している人なんですけど、一見何だか全く分からないんです。カラフルな色合いのでっかい写真が飾られていて、まー綺麗なのでついつい足を止められてしまう。作家の中山淳一さんにお話を聞いたら、小さい玩具を接写してその作品が出来上がっているのだと。もちろん写真は思いっきり寄って撮影しているので、それが何かなんて全く分からず、いろんな色が混在して映っている作品なんですけど、それでも心惹かれるものがある。ギャラリーBARやっていることをお話し、名刺をいただいてその場を離れました。ということで、本日の『Geisai』で出会ったアーティストは三名。その方々の556での作品展が実現することを祈ります。

その夜に帰宅し出会ったアーティストさんのホームページ等を見てたら、最後に会った写真家の方のプロフィールにちょっと驚きました。なんと昨年の『Geisai』のグランプリ受賞者だったんです。いやいや私の見る目も間違っていないなって、自分を褒めてあげました。(つっこみはごもっとも)…すいません、私ではなく受賞したその方が素晴らしいだけなんですけどね。ただ評価された人に出会えたことはそれはそれで良かったのかなって思いました。評価された人に会ったのではなく、会った人が評価されていた人だったってことがね。

2010/03/19 03:53 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.