« ココだけの話が飛び交う真夜中のBAR | Home | アーティストを探す作業って案外大変なんです。 »

2010/02/22

BARを長い期間やっていると懐かしい顔に再会することが間々ある。数年ぶりに見るその笑顔は全く変わってなく、しばし思い出話に花が咲いたりもする。会わないでいたその間にあった笑えることも苦しかったエピソードも酒のつまみには最高なものだ。もちろん久しぶりの再会を喜ぶその気持ちが一番にあるのだが、当然ながらその懐かしい顔の主は会って数時間後にはまた556を出ていき、元の生活に戻ることになる。いつになく盛り上がったその高揚感はその激しさの分寂しさをより深くさせるもの。…なんて感傷的な文章を書いてしまいましたが、まんざら偽りな気持ちではなく、再会したその懐かしい友の変わっているその状況が羨ましく思うことがあるのだ。私のお店556は今11年目に入ってますが、1999年8月27日のオープンから日曜、祭日、年末年始、急用での臨時休業を除くおよそ3100日余りを、わずか20㎡の狭い箱の中で暗証番号を押して入って来るお客さまをお迎えし続けてきました。オープンした1999年と2010年、オーナーバーテンダーという肩書が変わることもなく、変わったことといえば少しだけ髪の密度が減ったくらいだろう。なのに久しぶりに訪ねてきた懐かしい顔の主は、数年前のちょっと荒削りな社会人一年生の姿から成長し若い社員を指導する管理職になっていたりする。しっかりと確実にその地位を上げ任される仕事の重要度も規模も大きくなっている。そんな晴れ晴れとした懐かしい友の姿を見ていると、一か所に留まっている自分がものすごく守りに入っている感じでほんの少しだけ焦燥感を抱くことがある。しかし逆にその友は『自分の城があっていいですよね』と私を羨む言葉を口にしたりする。どっちがいいのかってことは答えがないんでしょうね。

2010/02/22 03:46 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.