« ボードゲーム作家 山本光夫 | Home | ココだけの話が飛び交う真夜中のBAR »

2010/01/31

バーにはいろんな業種のスペシャリストが夜な夜な集まってくる。ただでさえそのスペシャリストが話すスペシャルなお話は面白く、そこに酒が加わるとさらに饒舌になり面白さが倍増してくる。ある夜、フリーカメラマンS氏とウェブデザイナーK氏と元テレビプロデューサーO氏のクリエーター三人が席を囲んだ。いつものようにおバカなお話が延々と続くわけだが、その日のテーマは『美人時計』だった。

※美人時計とは、一日24時間1440分の一分ごとにその時刻を表示するプレートを持った美人を配し時刻をお知らせする時計です。今では美男時計とギャル時計のシリーズも展開中のようです。

その後『美人時計』に出ているというお客様も現れ一気に話とテンションが盛り上がる。ちなみにその美人時計に登場する美人さんは、六本木をお友達と歩いている時に声をかけられそのまま撮影されたのだと…。世間の話題になっている『美人時計』に出ているっていいですよね。ついつい出てくるまで美人時計見続けていたりしてね。

さてクリエーターの皆さまのお話が面白い理由の一つに突飛な発想と展開がある。この夜の美人時計話でもそのジンクスは壊れることもなく、いつしか美人時計に続くいろんな時計の可能性をかなり真面目に語り合いました。その中から出てきたのがタイトルに書かれた計算式から導き出された答え『鈴木時計』です。

『鈴木時計』とはいったい何なんだ?

一日 24時間 1440分、その一分ごとにいろんな鈴木さんに登場していただこうという趣向。1分ごとにその時刻を知らせるプレートを鈴木姓の方々に持っていただき1440分をつなげていこうということです。「美人は観ていたいが別にいろんな鈴木さんを観たくはない!」なんて冷たいお言葉は心の内に納めておいてください。しかし佐藤に続き日本で2番目に多い姓の鈴木だけあって案外見たい人も多いかもしれませんね。それにしてもなぜトップの『佐藤』ではなく2番目の『鈴木』なのか、それは…この時点では秘密にしておきます。

『鈴木時計』のお話、一夜だけの戯言だったらコラムに書いたりしないのですが、実際に作ってしまおうという具体的な動きが出てるから面白い。この夜集まったカメラマンS氏が写真を担当し、ウェブデザイナーK氏がフラッシュを駆使しサイトを制作、元テレビプロデューサーO氏が企画・制作進行を務めることに。とりあえずはmixiに『私の名字は鈴木です』というコミュを作りました。そこで鈴木姓ネットワークを作り完成まで走り続けたいと思います。さてさて完成はいつになることやら。

せっかくなのでこのコラムを読んだ皆様方にも『鈴木時計』にご協力いただきたい!もしもご自分が鈴木姓なら家族諸共ご参加ください。もしもお友達に鈴木姓の方がいらっしゃったらぜひ声をかけて下さい。よろしくお願いします。

私の名字は鈴木です』…よかったら見てみてください。質問等ありましたらmixi経由で問い合わせください。

556ogawa

2010/01/31 11:21 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.