« 2009年最悪や…10年続けてんのに。 | Home | ミシュラン風紳士がやって来た。 »

2009/12/27

2009も終わります。いろんな事がありました。いろんな人に出会えました。

556作品展に参加していただいたアーティストの皆様方とも出会い素敵な作品を目にしました。

記憶の糸を辿りつつ今年のアーティストの作品を振り返ってみます。

まずは helmetworks.さん。インパクトのあるおっさんのイラストは印象的でした。

helmetworks3.jpg helmetworks1.jpg

Web上で作品を見かけ声をかけて作品展を開いてもらうことになったのですが、打ち合わせでお会いするまで完全に男性アーティストだと思ってて、実際に会ったら若く可愛い女性だったことにびっくりしました。ムービーの作品もなかなか個性的で、「ラジオパンティ」は秀逸でしたね・・・ぜひYouTubeで検索してみてください。

どデカイ作品を描くのに驚かされたのは苗村肇さんでした。

naemura3.jpg naemura4.jpg

556での展示作品は控えめなサイズでしたが、事前にお邪魔したギャラリーでやってた時の一番大きな作品は、横8m縦2.5mぐらいかな。その迫力はすごかった。しかし大きさもさることながら、原色の色使いと走らせる筆のその勢いを思いっきり感じさせてくれるアーティストでした。

次に展示したいただいたのが、クールな抽象画を描く小嶋克典さん。

kojimakatsunori1.jpg kojimakatsunori4.jpg

抽象画とはちょっと違うかな…。描くモチーフはすべて女性なんですけど、556で展示している作品を見たお客様が『湖にネッシーがいる…』と言ってて・・・、観る人にとってはほんとに違う見え方、印象を持つものなんですよね。

夏前には久しぶりに切り絵作品を展示。高木亮さんのモノクロの世界に感動しました。 

takagi1.jpg takagi2.jpg

屋根の上から下を覗き込む猫…その愛くるしい雰囲気がよく伝わってきます。展示している作品の中にはカラー作品もあったのですが、モノクロもカラーもその技の細かさに驚かされます。

556の10周年の記念の月には、小楠アキコさんに作品展を開いてもらいました。

ogusuakiko3.jpg ogusuakiko4.jpg

小楠さんの描く超明るい絵は観ている人をものすごく元気にしてくれます。今回の展示作品は全てドイツベルリンに滞在して描き上げたものを展示していました。どの絵にも登場する太陽は小楠作品の象徴なんです。

 最後はライブペイントなどでも活躍するイラストレーターの須永直美さんです。

sunaganaomi2.jpg sunaganaomi1.jpg

独特の世界観を持つ須永さん、描かれるその作品の魅力は奥深さだと思います。時間を忘れついつい見入ってしまいます。

2009年の今年も素敵なアーティストと出会えました。それでも数いるアーティストの中のほんの僅かに過ぎません。これからまた来年以降もいろんなアーティストに出会えることを楽しみにしています。そして出会ったアーティストたちが注目を浴びることが私の願いでもあります。そのきっかけの一端を担えればとギャラリーBARを続けています。

556作品展のアーティストさんによくお話しすることあります。今後有名になって「笑っていいとものテレフォンショッキング」「徹子の部屋」「情熱大陸」なんかに出演することがあったら、その時は『556』のことをちゃんとコメントの端々にはさむようにって。

…このこと、全くの絵空事ではなく真剣に思ってるんですよ、真剣に。

2009/12/27 10:14 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.