« 尋ね人…この人知りませんか? | Home | アーティストはかっこいいですね! »

2009/12/16

私今現在45歳なのですが、いつの頃だったかな…なんとなくお店をやろうと思ってて、それでも「45歳で」という年齢だけはやけに断定的な感じで自分の中にありました。ただ元々かなりの飽き性な性格を持つ私は、お店を45歳でやろうと思っていたことさえも忘れて目の前にある楽しいことに心奪われる日々を過ごしていました。なんとなくのその時間的なスパンは2年。最初の就職先である世界のトヨタも2年で辞め、学生に戻り社会復帰してからもほぼ2年スパンはキープされていました。

さてBAR556のことに話を戻しますが、45歳で始める予定が実際始めたのは10年早い35歳でした。そして今現在も続けて11年目に入っています。奇跡です。かなりの飽き性で、ここまでしっかりと2年スパンを守り通してきた私が10年を越えてひとつの事を続けている…ほんと自他共々認める奇跡なのです。

それにしてもなぜ続けていけるのか…時々自問自答することがありますが、いつも答えを出せずにいます。ひとつ分かっていることは『楽』なんですね。けして繁盛店ではなく、裕福でもないのにその状況を受け入れている。これがいいことなのかどうかということにほんと今迷っています。ぬるま湯に浸かっている感じで、何のチャレンジもしていない。それでもなんとなく続けてきた。しかし昨年から続く世界同時不況はこんな小さなBARさえも飲み込み(※大袈裟ですね、ただお店が暇になっているだけのこと)、お店再建の策を講じなければならない状況に迫られています。

・・・アレッなんだか深刻な雰囲気になってきましたね。

まー元々水商売だし浮き沈みはあるもの。ただ私的にはこの状況をいい機会だと思っています。これまでとは違う新しい一歩を踏み出すいいきっかけができたのだと考えています。

不思議なんですけど、追い込まれるとついつい笑ってしまう癖があるんですよね。けして追い込まれることを喜んで受け入れているわけではなく、なんだかテンション上がり気味になったりするんですよね。すると状況はさておき笑ってしまう、変ですね。

少しだけ話がそれますが、しかも不謹慎な感じなんですが私台風大好きなんです。あの何かが起こりそうな雰囲気が私をいつも興奮させます。史上最大の台風が日本直撃とかコメントされると一日中天気図見てますよ…なんなんでしょうね。レールで引かれたその安心できるストーリーとは違うアクシデントをついつい歓迎してしまう。でもそのアクシデントに潰されないようにしないと。

残りの2009年とりあえず一生懸命頑張ります。

2009/12/16 01:00 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.