Home > 8月, 2010

2010/08/18

BARって夜な夜ないろんな人が訪れます。年齢も性別もキャラも社会的地位だって違う。 昨夜、ジャズシンガーでありながら占い師という不思議な顔を持つ女性がやって来た。

「お任せしますから・・・カクテルをください」

『ブルームーン』という私も好きなショートのカクテルを作りました。カクテルの名前にはいろいろと意味があったりするのですが、ブルームーンには“出来ない相談”という言葉があります。

ミニドラマ…→ 付き合い始めて4年のカップルがバーのカウンターで飲んでいる。そろそろプロポーズをしないと…そんな微妙な雰囲気が漂っている。無言状態が続くいやな空気を破るように彼が「結婚しよう」ってプロポーズ。彼女の表情は全く変わらない。空になったカクテルグラスをバーテンダーに差し出して「ブルームーンをください」と一言。落ち込む彼氏…。こんな状況での「ブルームーン」のオーダーは無言のお断りということのようです。←…こんなベタな展開なんて実際ないか。

昨夜、ブルームーンの違った意味を教えていただきました。 ブルームーンとは、ひと月に満月が二度あり、その二度目の満月のことを意味するらしいのです。

↓ちょっとウィキペディアで調べてみました!
「月の満ち欠けは、平均約29.5日を周期として繰り返される。現在世界的に使用されているグレゴリオ暦の1暦月の長さは2月を除けば30日か31日で、月の初めに満月になると、その月の終わりに再び満月が巡ってくる。ひと月のうちに満月が2回あるとき、この2回目の満月を「ブルームーン」と呼ぶ。本来、大気中の塵の影響により月が青く見えたことを「ブルームーン」と言っていたが、1946年に「Sky & Telescope」誌の誤解により、ひと月のうち2回目の満月を「ブルームーン」と呼ぶようになった。」
さらに詳しくはこちらをクリック!

何だかロマンチックだと思いませんか。しかもそのブルームーンを見た時に願い事をすると叶うらしいです。ちなみに次のブルームーンが日本の空に登場するのは、2012年8月31日らしいです。少し先になってしまいますが、どうしても叶えたい願い事がある人はあと二年待ちましょう!