« | Home | »

2009/12/14

2009/12/19(土)夜7:50 WOWOW (再放送:2010/1/26(火)深夜2:30- 2010/9/21(火)午前4:15)
2010/11/2(火)午後4:45

WOWOWでこの週末に放送されるライブですが、正式名は:
ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイム25周年記念コンサート ロックの創造者たちの音楽祭
だそうです。 The 25th Anniversary Rock and Roll Hall of Fame Concert (2009) これは今年の10月29日と30日の2日間、ニューヨーク・マジソン・スクエア・ガーデンで行なわれた“ロックの殿堂”創設25周年を記念したスペシャルライブです。出演アーティストは多彩で豪華そのもの。まさに夢の共演といったコンサートです。出演者のラインナップなどはリンクを辿って見てもらう事にして、ここでは何点か僕が気がついた事を書いておきます。

まず、この番組の製作総指揮の1人にトム・ハンクスの名前があります。以前、訳した同時多発テロの10日後に放送された「アメリカ:ア・トリビュート・トゥ・ヒーローズ」 A Tribute to Heroes でも、彼は最初にスピーチをしていました。アメリカのショービズは音楽界と映画界が近いというか、連動して動きやすいのかな、と思ったりします。

それからクリエイティブ・アドバイザーにはザ・バンドのロビー・ロバートソンもクレジットされています。(ザ・バンドの解散コンサートの模様を捉えた「ラストワルツ」は1999年のリバイバル公開時に字幕を付けましたが、僕の字幕が焼かれたフィルムは配給会社の倒産後、どこに行ったんだろう…。)ロビー・ロバートソン自身は画面上では確認できませんでしたが、「ラストワルツ」以来、彼はマーティン・スコセッシ監督と組む事も多く、スピルバーグ監督たちのスタジオ、ドリームワークスにもクリエイティブ顧問のような立場で参画していたり、映画界ともつながりの深い人です。ここでもアメリカのショービズの音楽界と映画界の連動性を感じます。 

彼に興味がある人は「ラストワルツ」もお勧めです。それから、こちらもずいぶん前に訳した作品で、クラシック・アルバムズというシリーズの1本として「メイキング・オブ・ザ・バンド」があります。(翻訳作業は1997年の夏に行ないました。)ザ・バンドの入門編のような作品なので、こちらもお勧め…。

さて、話がずいぶん逸れましたが25周年記念ライブに戻りましょう。コンサートの前半、デヴィッド・クロスビーに紹介されてステージに現れたボニー・レイットがに言います。「ノー・ニュークスから30年後にまた共演ね」。

これで思い出しました。この25周年記念ライブの出演アーティストの多くが「ノー・ニュークス」にも出ていたのでした。ノー・ニュークスというのはジャクソン・ブラウンらの呼びかけで開かれた反原子力を掲げるコンサートでした。コンサート自体は1979年9月19日~23日にマジソン・スクエア・ガーデンで行なわれたもので、ライブドキュメンタリーとして映画になっていましたが、日本での初公開は2001年でした。こちらも訳したのですが、スプリングスティーンの若いこと…。(このフィルムもどこに行ったんだろう…。)

ところで、ここで字幕的に問題です。「ノー・ニュークスから30年後にまた共演ね」という字幕を見て「ノー・ニュークスってなに?」と思う人が多いのではないか…。「反原子力のイベントから~」にして、ノー・ニュークスのルビを付けるか…。でも反原子力のイベントって、なんか社会運動の印象が前に出すぎて、コンサートっぽい感じがしない…。ひとまず最初の訳でも30年前に彼らは共演していたんだという事が分かるわけだし…。結局、ここは「ノー・ニュークスから30年後にまた共演ね」のままでいこうという話になっています。

さらに、U2のボノが“ビューティフル・デイ”を歌う時、1フレーズだけ歌詞を替えて歌うところを字幕にすべきかどうか…。と悩み中。結論はOAでチェックして下さい。

そろそろ閉めましょう。今回の25周年記念ライブでは、さすがに皆、年をとりました。でもパワフルです。それにカッコいい。オジー・オズボーンとサム・ムーアが同じステージに出てくるショーっていうのもすごいですが、とにかくお祭りですから、誰が誰と共演しようが楽しければいいです。実際、楽しいです。ロイ・オービソンの“オー・プリティ・ウーマン”を誰と誰が歌うかは見てのお楽しみ。他にも名曲をいっぱい聴けます。

いわゆる洋楽に興味がある人はチェックしてみて下さい。

2009/12/19 夜7:50 WOWOW

2009/12/14 09:16 | 翻訳作品(音楽) | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>