« | Home | »

2010/08/28

 cole_porter_fronts.jpeg

コール・ポーター・ストーリー ~ユア・ザ・トップ!~

この人の名前は知らなくてもメロディは誰もが知っている。(月光仮面じゃないけどね。)そんな彼の生涯を辿るドキュメンタリー作品です。彼が残した曲の数々を聴くだけでも楽しいし、彼の人生を知るのにもちょうどいい作品。ドラマとしては「五線譜のラブレター」で彼の人生は映画化されているので、そこで名前を知っている人もいるかもしれません。(どうでもいいですが、僕の中では彼とフレッド・アステアがいつも混ざっています。)

僕はミュージカルはそれほど見ているとは言えませんが、それでも考えてみると「雨に唄えば」「ショウ・ボート」「巴里のアメリカ人」「錨を上げて」「42番街」「マイ・フェア・レディ」「サウンド・オブ・ミュージック」「ウエストサイド物語」「屋根の上のバイオリン弾き」「踊る大紐育」…。

ミュージカル映画はシネコンには合いませんね…。1930年代から50年代まで、映画館が「劇場」だった頃。なんて気がします。

とにかくこういうアーティストがいたという事を知らない人には、見てもらいたい作品です。

この作品の最後に流れる曲、“トゥルー・ラヴ”は映画「上流社会」からの映像ですが、とてもせつないです。(この作品では、ほとんどの歌詞に字幕を入れました。)

そういえば、このタイトルは当初CDサイズのパッケージで発売され、その後背の高いケースで再発売されたもので、今もそれなりに店頭在庫もあるのではないかと思います。
DVD発売日: 2000/07/20

2010/08/28 03:39 | 翻訳作品(音楽) | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>