Home > ゆるい映画劇場

2009/11/15

bote_jacket.jpg 

原題はBeginning Of The End(「終末の兆し」と、よく訳されていた作品です)。監督はバート・I・ゴードン。そのイニシャルから“ミスターBIG”と呼ばれる人。彼が最初に生き物を大きくした作品がこれです。(デビュー作では元から大きい恐竜を出していましたが…。)この監督の作品は「魔法の剣」と「巨大生物の島」を僕は訳しているので、これで3本目になります。

いきなりですが、この作品で巨大化したのはハチではなく、イナゴです。いえ、正確にはバッタです。いえ、正確にはイナゴです…。イナゴはバッタの一種というか、バッタはイナゴの一種というか…。ここら辺の詳しい説明は昆虫学者に任せるとして、この作品で巨大化したのはイナゴ。「食感と味がエビに似ている事からオカエビと呼ぶ地域もある」(Wikipedia)イナゴです。

なぜバッタとイナゴを混同するかと言うと、主人公の昆虫学者、エド・ウェインライト博士(名字が長すぎで字幕にしたくない役名)自身が「locust(=イナゴ)、またの名をgrasshopper(=バッタ)です」と言っちゃったりするので、この作品に出てくるイナゴがイナゴなのかバッタなのか、昆虫の専門家ではない僕には分からんのです…。

前置きが長くなりましたが、アメリカの中西部にある“農務省イリノイ試験場”で放射能を使った農産物の栽培実験をしていた(名前が長い)ウェインライト博士の管理不足で、試験場に入ったイナゴが放射能を浴びた飼料を食べて巨大化し、さらにイナゴなので大群になりシカゴを襲う、という話です。

この作品は印象に残るセリフがいっぱいあります。

まず巨大イナゴが人を襲っているという事が、ついに判明し、軍隊が出動する場面。

兵士A:
バッタって食えるか?

兵士B:
マスタードとケチャップで

兵士B:
メキシコでは本当に食ってた

兵士C:
用心しないと食われるぞ

兵士C:
ウェインライトさんは
科学者だ 冷静に話してる

AとBは冗談半分ですが、Cは真剣。

こんなセリフもあります。

兵士D:
最近は収穫も天気も
悪ければ放射能のせいだ

確かに、50年代のゆるい映画は何でも放射能のせいで変身したり巨大化します。

少尉A:
巨大イナゴなら州兵で充分だ

巨大イナゴを見くびってはいけません。というか、この少尉、州兵の兵力は知っているでしょうが、「巨大イナゴ」の強さをどう見積もって言っているのでしょう…。

さらに…。

ウェインライト博士:
ああ 軍を説得できないと
人類が絶滅しかねない

女性記者:
絶滅?

ウェインライト博士:
その通り
終わりの始まりだ

すごい大げさです。「世界終末の序曲」です。実際、イナゴが巨大化して大群になれば、世界は終わる可能性があるでしょうが、なんかこう、イナゴという言葉と世界の終わりという言葉が一緒になると微笑ましいと思ってしまうのは僕だけでしょうか…。それにイナゴの大群というと、作物を食い尽くし、空を覆うように飛ぶイメージが浮かぶと思いますが、この作品の「特撮」では、イナゴが飛ぶのは面倒だったらしく、(名前が長い)ウェインライト博士に「羽は巨大化しなかったので飛べません」と言わせて終わり。「巨大イナゴの大群」は出てきますが、それが空を覆う様子は一度も出てきません(「都合がいいにもほどがあるだろ」と言いたくなりますが、前回書いた「昆虫怪獣の襲来」でも、飛ばなかったし…。50年代の放射能には昆虫を飛ばす力がなかったんでしょう。)

試験場の管理が甘かったと自分を責める(名前が長い)ウェインライト博士は「地球が怪物の星になる」とつぶやきますが、羽が巨大化しなかったイナゴなら、北米だけがイナゴの餌食になるだけで…。(ま、いいです。)

シカゴの街にイナゴが進んで来る時のテレビの臨時ニュースでは「敵に対して私達が有利なのは攻撃の瞬間が明らかな点です」「イナゴは攻撃前に高い音を出します」「音は耳が壊れそうなほど激しくなります」「最も激しくなった時に彼らは攻撃を始めます」と放送されますが、疑問①巨大イナゴの音は大きいのに、建物の裏から急に姿を現わしたイナゴに襲われる人がいるのはなぜか…。疑問②「最も音が大きくなった時」、どれくらいの音になるのか…。(ま、いいです。)

巨大イナゴは時々ピョンピョン跳ねますが、さっき言った理由で飛びません。でも、前線の兵士が無線で言ってきます。「迫ってきます」「ジリジリ来ます」「波状攻撃です」「防衛線を突破される」「囲まれた ダメです!」。どう見ても「防衛線」の人達が何もしていないだけではないのか…。

さて、色々ありますが、(名前が長い)ウェインライト博士は、ついにシカゴに原爆を落とす以外の方法で巨大イナゴの大群を退治する方法を思いつきます。それは、なんと…。(わざとネタバレさせず)

で、「準備に必要な物は何でも言ってくれ」と言われた(名前が長い)ウェインライト博士「生きた巨大イナゴ」「巨大イナゴ1匹」。なんか訳していて楽しくなってくるセリフです(笑)。その理由は…。(ネタバレ回避)

その後、見事に生きた巨大イナゴ1匹を捕獲した(名前が長い)ウェインライト博士は言います。「小さめで幸運だった」。いや、でも頭だけで大人の身長くらいありますけど…。そして「イナゴ史上初だな」と言いつつ、巨大イナゴにウソ発見器をつなぐ(名前が長い)ウェインライト博士。

最後に、もう1つ印象的なセリフ。「イナゴだらけです」。

前回の「昆虫怪獣の襲来」は緑の地獄が舞台だったので、映像的にもメリハリがあまりなく「森の中」とか「砂漠」という場面が多かったのに対し、今回はシカゴを逃げ惑う人々とか無人のシカゴとか、都会の映像も出てきます。何より、巨大イナゴがものすごくリアル(=本物)で、動きもハッキリ。ピョンピョンしますし、名セリフも多いので、色々楽しめます。

シカゴの街は当時も都会だったのね。とか、当時もループがあったのね。とか、色々な見方ができますが、じつは絵葉書の上をバッタが跳ねているだけの映像も忍び込ませてあったり、よくよく見て下さいね(いや、一目瞭然かも…)。

さて、最後に本題です(やっと)。

今回訳していて最初に気にしたのが、イナゴとバッタの違いでした。それなりに調べたのですが、どういう時にイナゴがイナゴでバッタがバッタなのか分かりにくく…。調べても分かりにくいものを、字幕を見ている人に分からせるのは大変。と判断し、英語のセリフでイナゴと言っているところはイナゴ、バッタと言っているところはバッタと、忠実に訳しました。(大げさだ。)

どうもイナゴって強そうな感じがしないし、怪物や怪獣ならバッタの方がいいと思ったりもしたものですが、、やっぱり「大群」といえば「イナゴ」にしたいし…。

それから、(名前が長い)ウェインライト博士。これは最初に「エド・ウェインライトです」みたいに自己紹介する機会があったので、そこで1回だけフルネームを出し、その後は「エド」7回に「ウェインライト」7回と使いわけました。昔の字幕(それも90年代になっても多くの字幕)は、ファーストネームかファミリーネームに統一しちゃう事が多かったものです。実際、その方が訳していて楽ですし、僕自身もそうしていた作品もありますが、今は何とか工夫して使い分けています。

といった感じで、また、どうでもいい事を悩みながら「ゆるい映画」を訳してしまいました。

DVD発売日: 2009/12/29

2009/11/06

ゆるい映画劇場、過去に訳した作品についても書きたいのですが、それなりに見直さないと書けないわけです。でも、そこまで時間を割くのがキツいので、また近く発売される作品いきます。

 mfgh_jack.jpg 

Monster From Green Hell (1957)。出演:ジム・デイヴィス(この人も後に「ダラス」に出てます)。監督:ケネス・G・クレイン(この監督は他に「非道の雪男」とか「双頭の殺人鬼」とか「地獄の口が開いた時」みたいな映画を1950年代に数本撮った後はEDITORのクレジットが延々と続く人)。

さて、原題を直訳すると「緑の地獄からの怪物」です。「緑の地獄」はアフリカのどこかにあります。緑深い活火山の近くです。一番近い空港からだと、歩いて1ヶ月近くかかります。その道の大半は砂漠で、水は貴重品です。「怪物」は、ある昆虫が巨大化した結果の怪物です。なぜその「昆虫」が巨大化したのかと言うと、放射能のせいです。放射能といっても爆弾とか、そういう怖い兵器がアフリカに落ちたというわけではありません。アメリカで宇宙飛行による生物への影響を調べている主人公のブレイディ博士は、ある日、サル、スズメバチ、カニ、クモ、モルモットをロケットに乗せて大気圏外に飛ばします。「空気のない世界で生物はどうなるか」「宇宙飛行に害はないのか」「環境はどう変化するのか」「我々は確認の実験を続けた」のです。1957年の話ですから、大変な実験です。

ブレイディ博士はこうしたロケット実験を過去にも繰り返しており発射は慣れたものです。でも今回は失敗でした。ロケットは無事飛び立ちましたが、「宇宙放射線が飛び交う真空の世界」まで飛び上がれたのかどうかも分からず、行方不明になりました。

ブレイディ博士は様々なデータをコンピュータに入力(音声入力してます)して、ロケットの行方を調べます。「人が住む地域に落ちたら大惨事」です。どうやら落ちたのはアフリカ沿岸でした。それで博士は安心してしまい、半年くらいこのロケットの事を忘れてしまいました。(ロケットが行方不明になっても大事件にならない不思議な時代ですが、そういう事は気にしないで下さい。)

でも、このロケット実験から半年ほど過ぎた頃、「混乱する中央アフリカ」という新聞記事を見て博士は思い出します。ブレイディ博士:「半年前のロケットはアフリカに落ちた」「考えすぎかもしれませんが…」モーガンさん:「君の想像通りなら悪夢だな」。という事で博士と協力者のモーガンさんは大至急、現地調査の許可を政府に求めます。(やっぱり政府に許可を求めるくらいの事件なんだから、ロケットが行方不明になった時点で…。いや、気にしない。)

とにかく政府の許可を得てTWA機を予約して(妙に細かい)彼らは空路アフリカへ。

一方、現地では村人のために診療所を作り、人々の生活を向上させようと奮闘しているローレンツ医師と娘のローナが村人の不審死の原因を探っています。弟(たぶん弟で、兄かも…。)を失ったアロビの証言から、どうやら弟は怪物に殺されたという事が分かってきます。進歩的なローレンツ医師は「迷信だ」「分からんか」とアロビに言い聞かせますが、「迷信でサルやゾウや鳥は逃げません」とアロビは正論で返します。答えに困ったローレンツ医師は緑の地獄へ調査に行ってしまいます。

その頃、やっとTWA機でアフリカに着いたブレイディ博士とモーガンさん。ここから歩いて27日くらいでローレンツ医師がいる村に着くと聞かされ「遠いね」と思いながらも、すぐ出発できるのかと思ったら、長旅だから準備が大変なので、出発までに1週間も空港近くのホテルで足止めです。

それでも何とか一行は出発し、どうにか全行程(途中、敵対的な民族に襲われそうになって120キロほど遠回りしましたが)を歩き通してローレンツ医師の診療所に辿り着きます。でも残念ながら、その時すでにローレンツ医師は行方不明…。

「君の名は」をも連想させる(しない?)擦れ違いメロドラマのような展開ですが、仕方ありません。

ここでついに我らがヒーロー、ブレイディ博士とヒロイン、ローナが対面します。

ここまで、さっきも書いたように敵対民族の襲撃とか、放射能に汚染された水を飲んで死ぬ案内人とか、王蟲くらいに巨大化した「ある昆虫」の襲来とか、見せ場はタップリ(?)。

さらに楽しいのがブレイディ博士の日記です。こうした苦難をモノローグで話しながら綴られる日記が、とても真剣な口調で、「いかに水が大切なものか実感した」とか「サファリを歩くには足を前に出し続けるしかない」とか、その大変さが切実に伝わってきます。

いよいよ、ローナを初め村人一行とブレイディ博士とモーガンさん達が緑の地獄へ。

この怪物は何と、放射能を浴び突然変異したブンブン音がうるさい昆虫でした。(どんな昆虫なのかは本編を見てのお楽しみ…)

とにかく、アメリカでテレビが一般家庭にやっと普及し始めた当時、映画はやはり映像メディアの王様でした。こうしたゆるい映画でも、人々(特に子供)はそれなりに怖がり、楽しんで見ていたわけです。

それにしても、せっかくここまで作るんだから、もう少しディテールを気にしようよ。と思う事も多いもので、そこがゆるい映画の魅力です。王蟲みたいに大きいかと思ったら、ワンボックスカーくらいの大きさで人を襲ったり、巨大な昆虫の大きさがシーンごとに変わるので、そこを突っ込むのもよし。ブンブンいう割りに飛ばないじゃん、と突っ込んでもいいでしょう。

とにかくディテールが破綻している部分はいっぱいありますが、細かいところは見てのお楽しみという事で本題です(また遅すぎ?)。

今回、翻訳していて面白かったのが、先ほども書いたローレンツ医師とアロビの会話でした。(あと、ブレイディ博士のモノローグ。)

その中で印象に残ったのが…

(アロビの弟の遺体を見て)
ローレンツ医師:なぜ こんな事に

アロビ:緑の地獄に行ったんです

ローレンツ医師:お前の弟だろ アロビ

ローレンツ医師:その時 どこにいた?

アロビ:近くにいたのですが
    曲がり道で見えませんでした

アロビ:悲鳴が聞こえて 駆けつけると…

この中で、「近くにいたのですが」と訳した部分の英語は
(I was) no farther than a small stones throw (from where he was).
でした。

直訳だと「小石を投げて届く距離より近くにいた」になります。
この表現から連想する距離は10メートルくらいでしょうか。
とにかく、それほど遠くはないだろうと思います。

字幕にすると「近くにいたのですが」だけになってしまいますが、
本当は「小石を投げて届くくらいの所にいたのですが 曲がり道で見えませんでした」としたいところです。

ゆるい映画は、面白い言い回しをできるだけ活かして訳すのが正しいというか、突っ込みどころを殺したらもったいないです。ここでは活かせませんでしたけど…。

それと、もう1つ。主人公のブレイディ博士が疲労で倒れるシーン。最初は…。

助手A:大丈夫ですか
ブレイディ博士:ああ 大丈夫だ
助手A:手を貸します

と訳したのですが、よくよく見ると助手Aだと思った人はモーガンさんでした。古い作品で英語の原稿もないし、暗い場面だったので助手みたいな人がブレイディ博士に話しかけているのだと思ってしまった結果です。

とにかく助手Aはモーガンさん(ブレイディ博士より年上)だったので…。

モーガンさん:大丈夫か
ブレイディ博士:ええ どうにか
モーガンさん:手を貸そう

と訳し直しました。重要なシーンではなく、誰が誰を助けてもいいような部分なので最初の訳でもスルーして見てしまう人も多いとは思いますが、気がついちゃう人もいるでしょうし、いくら突っ込みどころ満載の作品とはいえ、字幕で突っ込みどころを増やす必要もなく。気づいてよかったです。

この作品も近いうちにDVDで発売されます。

DVD発売日: 2009/11/27

2009/10/05

よく「B級映画」と呼ばれる映画ですけど、「B級」と言うと「A級」の次。そんな生ぬるいのじゃダメです。C級?ダメダメ。Z級?甘い。「級」という分類が間違ってます。ゆるさを楽しんじゃえば、こいつら全部A級です♪

これまでずいぶん翻訳してきたのですが、なかなか書く時間がなくて…。だいたい、こういう映画は「心に残る名場面」とか「心に残る名セリフ」とかないし。それどころかストーリー自体が細かくは頭に残らない事が多いので、翻訳してしばらくすると何も書けなくなっちゃうんです。映画のデータベースを見てもストーリーを細かく書いてあるものは少ないし。

それじゃ、もったいないです。こいつら「心に残る迷場面」とか「心に残る迷セリフ」満載ですから。だいたい、いつも翻訳ばかりしていて(仕事に追われて)、こうした作品は「やったら終わり」、「やりっぱなし」になるんですが、これこそ「僕が書かなくて誰が書く!?」なわけです。(でもない?)

ではさっそく最近訳した作品から。「Son Of Blob」、別名「Beware! The Blob」。邦題「人喰いアメーバの恐怖2」。もちろん劇場未公開。以前、ビデオで発売された時に付けられた邦題が「悪魔のエイリアン」ですが、原題は「ブロブの息子」(または「ブロブに気をつけろ!」)。当然、「ブロブの親」もいます。そっちは「SF人喰いアメーバの恐怖」というタイトルでテレビ放映されていました。この1作目も以前、ディレクTVがあった頃、SFチャンネル用に翻訳しましたが、オープニングからバート・バカラックのテーマ曲で飛ばしてくれるスティーブ・マックイーン主演の楽しい作品でした。(詳しい人に聞いた話ですが、1作目は昭和40年にまず「マックィーンの絶対の危機(ピンチ)」のタイトルで劇場公開され(併映は「最後の海底巨獣」)、その後(昭和40年代後半)、「SF人喰いアメーバの恐怖」のタイトルでTV放映され、ビデオの時は「マックィーンの人喰いアメーバの恐怖」。そしてDVDの時に最初の劇場タイトルが復活したという、タイトルまでアメーバみたいに変わり続ける作品です。)

  sonofblob-2.jpg

で、その続編がこれです。「人喰いアメーバの恐怖2」(テレビ放映時は「SF/人喰いアメーバの恐怖NO.2」)。1作目でせっかく永久凍土(たぶん南極の)に葬った人食いアメーバを、パイプライン敷設作業をしていた作業員が掘り起こしてしまい、それと知らずにアメリカに持ち帰っちゃった事から始まる話です。(1作目を見ると、このアメーバは隕石に付着していた生命体だというのが分かりますが、この続編では何の説明もありません)

冒頭2分半ほどのタイトルバックは野良猫の散歩。70年代テイストの電子音BGMで、「これからどんなに恐ろしい事が起きるんだろう」と、全然思わせない始まり方です。この野良猫が最初の犠牲者。次の犠牲者が、この野良猫にエサをやっていた優しい奥さんマリアン。次がその亭主チェスター…。

タイトルバックが終わり、最初のセリフがすごいです。チェスター:「釣りのエサは?」マリアン:「買ったわ イクラをね」です。不幸な事にチェスターは釣りに行く前にアメーバのエサになります。彼はなぜか自宅の居間にテントを張ってビールを飲んでいるんですが、本当に釣りに行く気だったのでしょうか?(釣りに行く前に一発奥さんと…という気分もムンムンだし。)マリアンも「花瓶」という単語を思い出せず「これ」とか言うので、ちょっと頭がゆるい気がします。

彼女はアメーバのエサにならなければ、ボビーの誕生パーティに行く予定でした。ボビーの彼女がリサで、リサがアメーバの第一発見者として最後まで生き残ります。(ネタバレしてごめんなさいですけど、ネタバレしても怖くないのが、ゆるい映画の強みです。)あ、ボビーも生き残ります。(っていうか、誰がエサになって誰が助かったかとか、そういうの、どうでもいいんです。)

ボビーとリサの周辺にはマリファナやLSDの臭いプンプンの連中がいっぱい。麻薬入りのブラウニーを食べてラリッたり、お巡りさんまで「君達がトリップしようと私は知らんが」なんて思いきり60年代的セリフを言っちゃいます。(最近の事件もあって、「いくら昔の映画でも、お巡りさんに言わせちゃっていいのかよ?」と翻訳しながら心配になっちゃったりもしましたが。)

トルコ人が裸で夜の町を走ります。バージェス・メレディス(「ロッキー、立て!」オヤジです)は「カモノハシ野郎」なんて悪態をつきます(意味不明)。「散髪は芸術だ」とのたまう理髪師も出てきます(散髪料400ドル)。ボーリング場では機械の整備係がピアニスト(指を傷めないようにね)。ボーイスカウトのリーダーはハイキング中にマスタード(芥子菜)を摘んで、リサにプレゼントします。(マスタードは強い植物で、どんな土地でも育つそうです。アメーバとは関係ないけど。)そういえば、ボビーは「アボカドサンドはベーコン抜き」がいいそうです。(でもリサはベーコン入りが好き♪)

話題満載の87分。ゆるい気分で見ると、とっても楽しい作品なんです。見なきゃ損です。いや、見ると損?いやいや、世の中不景気だし、思いきりゆるい気分で、こういう映画を皆でワイワイ言いながら楽しむのは安上がりです。

…やっぱりこう書いてみると、ストーリーを細かく書く気になってない…。(あらすじを書く文章力がない…)

さ~て、ここからが本題。この作品を訳していて印象に残った事を書こうと思います。それはさっきも書いたマリアンの花瓶。ゆるい翻訳です。

キッチンでマリアンが野良猫のサミュエル君にイワシの缶詰を上げたりしているシーン。

先に結果を書いておくと:

Samuel?
サミュエル

What’s this?
何これ?

Oh, Samuel.
サミュエルったら

You broke my 49 cents thing.
49セントのヤツを割ったわね

I really did like that thing.
お気に入りだったのに

You are a bad cat. You really are.
本当に悪い猫ね

という字幕になりました。

サミュエル君はマリアンが目を離したスキに、流しにあった花瓶を床に落としちゃいました。それで上記のマリアンのセリフになるわけですが、「ヤツ」は間違いなく花ビンです。まあ、普通なら(1)「私の花ビンを割ったわね」(2)「49セントの花ビンを割ったわね」(3)「花ビンを割ったわね」にしちゃうでしょう。そもそも、サミュエル君は最初にアメーバに食べられちゃうだけで、作品全体としては他に重要な意味もないし。という事で深く考えず、(3)「花ビンを割ったわね」で全然問題はありません。(ストーリーを追うためには)でも、なぜこのゆるい映画を撮った監督(“ダラス”のJ.R.役が有名な俳優ラリー・ハグマンが監督してるんですけど)が、なぜvaseという単語を避けてthingにしたのか悩みました。単に撮影現場が本当にゆるくて適当に撮っちゃって、そのテイクを使ったのか。マリアンというキャラをゆるくしたいという演出があったのか。はたまたマリアン役を演じた女優さんが、実際にゆるい人だったのか…。分からない…。で、ストーリー的には全然重要ではないセリフではあるし、『せっかく彼女がthingって言ってるんだから「花ビン」と訳すのは大きなお世話だ。』と僕は考え、直訳で「49セントのヤツ」を割らせました。

う~ん、どうでもいい事で悩むんですよ。字幕翻訳って…。

でも逆に、冒頭のセリフ(イクラ!)は工夫があります。

チェスター:釣りのエサは?
Did you get my salmon egg?

マリアン:買ったわ イクラをね
Yes, honey. I have your salmon egg.

にしました。これは直訳すれば「イクラあったか?」「あったわよ」なわけですが、この2人が食べるわけではなく、チェスターは明らかに釣りに行く支度をしている(でも、なぜか居間にテント張ってビール飲んで「エコだぜ」とか言ってるけど)ので、「釣りのエサ」にしたのです。(大きなお世話かな…)

まあ、マリアンもイクラを見つけるのに3軒もお店を回ったみたいだし、ストーリー的には全然重要じゃないイクラも、単なるイクラじゃなくて釣りのエサなんだと主張できれば、それなりに重みも出てくる(出ないか)と考え、「釣りのエサは?」という字幕になった次第。

いや、本当にどうでもいい事を考えながら「ゆるい映画」は翻訳されていくわけです。

ちなみにこれは11月にDVD発売されるので、お楽しみに♪

予告:
「ゆるい映画劇場0002」は、不景気だろうと何だろうと景気よくデカくなっちゃう話です。(ストーリーを忘れないうちに書かないと)

 DVD発売日: 2009/11/27

« Previous