Home > 未分類

2018/11/22

2018年12月4日発売

少し前に書いた「地獄のヒーロー2」はベトナム語のセリフの部分がどうなっているか確認した結果、字幕では出さないという事になりました。

「戦争の犬たち」はアフリカの架空の国ザンガロを中心に展開する物語で、現地の言葉がたくさん出てきます。でも撮影は北米大陸のメキシコの南にあるベリーズという国。映画の中で使われている現地の言葉が何語なのか特定する手立てがなく、ひとまずフレデリック・フォーサイスの原作の日本語訳を読んでみました。すると映画版と原作版の違いがずいぶんある事に、まず驚きました。映画ではクリストファー・ウォーケン演じる主人公が視察のためにザンガロに潜入し、帰国後、作戦の準備をし、そして決行する流れですが、原作では依頼主とのやり取りにかなりのページが使われます。原作は600ページもある長編で、映画は2時間弱なのでムリもありませんが。いずれにせよ現地の言葉が原作ではどのように扱われているのかを見ていくと、これがほぼ皆無でした。正直言ってホッとしました。現地の言葉だけで数分も続くような部分がありますが、何を言っているのか分からないまま話が進みます。実際、何を言っているのか分からないままでも分かる展開になっていたので、それでも構わないとは思っていましたが、原作者もその意図で書いていたのだという事が確認できたわけです。

というわけで、この作品の新訳も現地の言葉に字幕は入っていません。少し地味な「ワイルド・ギース」という感じの本作ですが、エンディングのカタルシスはこちらの方が上だと思います。それから、新訳では主人公と黒人の少年との交流の部分が、より分かりやすくなっていると思います。

2011/02/06

受賞の弁をリクエストされたので書いておきます。

これで「賞」と言われると、かなり気恥ずかしいものがあります。一番更新しているというのは、場合によっては単にヒマであるというだけで…。

というわけですが、更新が多いのには、恐らく1つ理由があります。

僕は毎日字幕を作っています。土日もたいてい仕事をしているので、1年365日のうち、24時間連続して何も仕事をしていないという事はほとんどありません。

そうすると「案外忙しいのか?」とも思いますが、それは自分ではよく分かりません。

では「案外忙しいかもしれない」のに更新が多いのはなぜか?

考えてみると通勤時間がほとんどないからではないかと思います。今年に関して言えば、もう1ヵ月以上が過ぎましたが、自宅か仕事場以外にいた時間は、おそらく50時間くらいでしょう。

忙しさに波はありますが、忙しければ忙しいほど、自分が作った字幕の事を書き留めておかないと忘れてしまうというか、後で調べ直さないと分からなくなる事も多いし、そうした事の中に人に伝えたい事も多いし、それで更新が多くなったり減ったりしているのでした。

ただ、今は5足走行中。普段は4足走行で、その状態だと、その時に作業している事もキーワードなどを軽くメモしてエントリーのネタを書き留める事ができますが、5足走行だと本業で手一杯状態になります。(って、4足とか5足とか、シフトの車のギアの例えですが、これの意味自体分からない人も多いのかも…) 

今年はどんな年になるのやら…。

2/8追記: 

4足とか5足とか、全部間違えました!4速とか5速です。なんとなく違和感はあった。確かにあったけど、そのままアップしたら、こうです。言葉を選ぶ仕事をしている人間としては恥ずかしい限りですが、Nobody’s perfect.

だからこそ人は人とコミュニケーションを取るもの。ですよ。へへ。