Home > 映画・TV

2009/03/15

wowowで映画「ERATH」を観ました。去年映画館では観れませんでしたが、素晴らしい作品でした。

地球上の自然界で必死に生きている生物たちを追っています。

弱肉強食の世界なので、もちろん追うもの追われるもの、季節の変わり目に長い道のりを大移動していくもの、乾いた土地を水を求めてずっ~っと歩き続ける像の群れ、温暖化で氷が溶け、泳ぎ疲れて獲物をとる体力もないホッキョクグマ・・・。

生きるためにみな必死に戦っていて、喰うものも喰われるものもみな一生懸命生きていて、生きていくことの大切さをあらためて感じました。

人間はこんなに必死に生きているだろうか・・(もちろん必死にがむしゃらに生きている人もたくさんいると思いますが・・)。

とくに温暖化は人間が引き起こしてしまった罪です。ホッキョクグマの本来入られるべき氷も人間が奪っています。このままでは2030年までもホッキョクグマは絶滅するそうです。

日本など恵まれた国はまだまだ温暖化の意識が薄いですが、一人一人がもっと気にして、気をつけて温暖化を止める努力をしなければ本当に大変なことになるなと改めて感じました。

この映画、残酷な場面ばかりでなく、かわいいくほほえましい場面もたくさんあります。そして地球が本当に美しい。よくこんな映像が撮れたなと思うほど、素晴らしい映像がたくさんあります。

まだ観てない方、是非おすすめです。

心にズッシりときますよ。