Home > ブログロール

2014/10/26

読書の秋、食欲の秋、そして芸術の秋・・・・と言いますが、やっぱり秋はライヴ続きでした。

9月末からですが、9/26が奈良の飛鳥でソロライヴ、9/27が京都のゼスト御池でシャンソンのチャリティコンサート。

そして9/28が京都国際ホテルでランチコンサート。

 

関東に帰って、9/30は横浜関内でライヴ。

10/3がシャンソニエ 赤坂「バルバラ」。10/5は浜松シャンソンコンクールへ特別賞審査員で参加。

10/10,11が東京で2日間ソロライヴ。

10/14がシャンソニエ 銀座「蛙たち」

10/23がシャンソニエ 六本木「ピギャール」

10/24がヤクルトホールのコンサート 「るたんフェスティバル」出演。

そして10/28がシャンソニエ 新宿「QUI」

 

ほんとうによく歌いました~。

体と声に気を使いながら、そして調整しながら、忙しい毎日を駆け抜けてきた気がします。

 

今月に限らず、今年はたくさん歌ってきました。

もうあと2ケ月・・・

早いですね。

 

今年の自分にいい評価を上げられるかどうか、後半も気を抜かずにがんばります。

 

表現できる場があること、そして続けることができることに感謝の気持ちをいつも持っていたい。

2014/03/30

今回はカンツオーネの曲から、

「Una Casa In Cima Al Mond ~青空に住もう~」です。

 

1966年、サンレモ音楽祭入賞曲。

作詞 V.Pallavibicini   、  作曲 Pino Donaggio

広がるような音の広がりはまさにカンツオーネらしい曲。

 

愛し合っている二人だけど、何らかの事情でこの世では結ばれない・・・。

それならば、あの空の向こうに家を建てて、私たちは一緒に住みましょう、という歌。

いわば、一緒にあの世へいきましょう、というちょっとこわい歌でもあります。

 

とても美しいメロディの中に、切なさや哀しさが入り混じっている。

命を絶つてまで一緒になりたいという究極の愛の歌です。

 

主に歌われている訳詞は、荒井基裕さん。

シンプルでとても素敵な訳詞だと思います。

一応私も歌っていますので、参考に聴いて頂ければと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=QKiMIKsCIac

 

2013/06/29

舞夢さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの方のイメージがなかなかつかめませんでした。

他のメンバーは割りと曲がパッと浮かぶのだけど、最後までどうとらえていいのかわからない方でした。

 

小さい頃からバレエリーナを目指し、ずっとレッスンしてきているから,ミュージカル「コーラスライン」の「at the ballet」はどうかなと思ったのですが、これも違う・・。

 

地球と自然が大好きで、自分を心から幸せものだと思っているとのこと。

 

しかしながら私はこの人から見えてくるものが違うのです。

 

私も歌と芝居もやってきて、昔はダンスをメインで活動してたこともありました。

華やかなステージとは裏腹にかなり過酷で辛い現実。そして努力努力の日々です。

努力しても報われないことが多い。でも努力しない人にやる資格はない。

 

バレエも同じ。

自分と向き合い、自分に負けないよう常に自分と闘い続けている。

まわりにたくさんの人がいてくれても、孤独な自分と闘い続ける。

 

どれだけやってもここまででいい、という答えがない世界なので、今の現状では「ここ」と線を引くのも自分。

けれども結果になかなか満足はできず・・。

芸を志す人は、常にそういう状況の中で生きています。

 

ということで舞夢ちゃんからイメージされたものは「孤独」

 

実は誰とも付き合ったことがないらしいといううわさも・・

そんな自分を必死で隠していたら、ますます孤独が似合うかも~~。

 

舞夢ちゃんには、素敵なシャンソン歌手 Barbaraの「La Solitude~孤独」はどうでしょう~。

http://www.youtube.com/watch?v=HPBmR-RQWro

 

 

12:18 | 未分類, | 1 Comment
2013/06/20

かなんちゃん。

とってもかわゆいですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわさによると、由緒正しい家柄の超お嬢様とか。

庶民生活がしたくて高円寺に住んでいるらしいけど、そんな「白鳥麗子」様みたいな方がいまどきいるのでしょうか~。

いるんですね~。

 

このなんともいえない、ななめっている感じのうつむきポーズ。

きっとかなんちゃんに逢えるのを、今か今かと楽しみにしているおじさまたちがわんさかいることでしょう~。

 

そんなかなんちゃんに合う曲はこれ!

とてもかわいい歌詞だけど、結構上からな感じがこれまたいいのです。

(最初の広告がじゃまですが・・)

 http://www.youtube.com/watch?v=eAI40-h3O74

 

永遠のキラキラなアイドル 聖子ちゃん。

ほ~ら、聖子ちゃんの笑顔がかなんちゃんに見えてきたでしょう~~。

 

2013/04/20

シャンソンを知らない方でも、エディット・ピアフならみなさんご存知の方も多いでしょう。

数年前、映画にもなりました。

 

波乱に満ちた人生。

でも彼女は人生そのものを歌う歌手であり、常に愛を必要としていた人でもありました。

今年は、ピアフの没後50年ということもあり、あちこちでピアフの歌を歌う人も多いです。

 

今回はそのピアフの曲の中で、最後のヒット曲となった「水に流して」を紹介します。

邦題 「水に流して」

原題 「Non,je ne regrette rien」 (私は何も後悔しない)

 

幼い頃から波乱の人生だったピアフですが、恋人マルセルと出会い、彼女の人生はバラ色に変わります。

けれどマルセルは飛行機事故で亡くなってしまい、ピアフはどん底に。

 

その後、恋人などもできますが、自動車事故で大怪我、薬物中毒など、入院を繰り返し、もう歌手として復帰は無理だといわれていました。

そこへシャルル・デュモンがピアフをたずねます。

彼は持ってきた曲、ミッシェル・ヴォルケールの詞がついたこの曲、それが「水に流して」

 

[いいえ、何も後悔はしていない。

過去のいいことも悪いことも、そんなことはどうでもいい。

過去は清算し、忘れた。

思い出も、悲しみも、喜びも、みんな火をつけて燃やしてしまった。

過去を清算して、ゼロからやりなおすの。]

 

 

まさにピアフのためにあるような歌。

この歌でピアフは復活を果たし、ふたたびパリのオランピア劇場に立ちます。

 

 http://www.youtube.com/watch?v=Q3Kvu6Kgp88

 

2012/09/06

飛鳥ライヴに続き、1週間後の9/4は東京でのソロライヴ。

忙しくてまったく余裕なかったので、ちょっとアップが遅くなってしまいました。

2つとも無事に終了しました。

 

さて、songs第3弾は、ダイアナ・ロスの歌った「HOME」

これは、1978年「THE WIZ」というミュージカル映画の主題歌です。

 

「THE WIZ」というとピンとこない方も多いと思いますが、もとは「オズの魔法使い」です。

ドロシーがダイアナ・ロス。マイケル・ジャクソンも出てます。

なんとキャストが全員黒人という異例のミュージカル。

 

その中でドロシーが歌う「HOME」

~もうすぐ家に帰れる。私を待っている家に帰れるわ~

という歌ですが、これがとっても素敵な歌なのです。

 

私も以前よく歌っていて、最近シャンソンなどをやり始めてからあまり歌っていなかったのですが、去年久しぶりに歌ったら、やっぱり自分の中にヒットしちゃいました。

それからまたライヴでもよく歌っています。

 

私の思うこの「HOME」の歌。

HOME、もちろん「家」ですが・・・

HOMEという意味は色々あります。

 

もちろん住んでいる家。

家族がいるところ。

愛する人たちがいるところ。

大切な仲間たちが迎えてくれる場所。

自分にとって大切な場所。

そして、自分が自分らしくいられるところ。

 

そんな思いをこめて歌っています。

 

そして私自身、この歌を歌うととってもとっても懐かしい気持ちになれるのです。

 

みなさんも大切な「HOME」をたくさん見つけてくださいね。

 

では、ダイアナ・ロスの「HOME」をお聴き下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=4E39haxpE74&list=FLaBdyNWpttHN3eqCQuedPRw&index=78&feature=plpp_video

 

2012/08/03

先月から始めたsongs。

今回は、EAST  ENDミュージカル「MISS SAIGON」の中の名曲、「I’d  give  my  life  for  you ~命をあげよう」をご紹介したいと思います。

今年も日本で再演される「MISS SAIGON」

私はこの作品をブロードウエイで観て、衝撃を受けました。

なぜなら、そのときの主役キムをやっていたのが、オリジナルキャストのlea salongaだったから。

その後、この作品がNYでもクローズされると知って、おまけにキムとエンジニア(役名)がオリジナルキャストが演じると聞いて、再度NYへ渡り、7回+千秋楽まで観た私。

そのときの興奮たらすごかったです。

くわしくは昔のJUNK STAGEコラムに書いた

http://www.junkstage.com/noa/?p=22

を読んでください。

 

この話はベトナム戦争のさなか、ベトナム駐在のアメリカ兵クリスと、家族を失って一人になってしまった17歳のキムが、愛しあうようになり、お互いに永遠の愛を誓うけど、でも戦況が激しくなる中、アメリカ兵はベトナムから撤退してしまい、あとに残されたベトナム人は悲惨な状況になります。

そんな中キムはクリスの子を一人で産み、クリスがきっと戻ってくると信じて待っていました。

戦後の混乱の中、キムが息子のタムに「おまえのためなら私の命をあげよう」と強い思いで歌いあげるのが、この歌です。

 

クリスはアメリカでエレンという女性と結婚していました。

でも友人のジョンから、「キムがクリスとの子供を産んで、タイにいる」と知らされ、クリスとエレン、そしてジョンはタイへ向かいます。

 

ジョンからクリスがタイにきていると聞き、大喜びするキム。

でもその後、クリスがエレンと結婚していると知ってしまうのです。

そして自分がいると息子が幸せになれない、息子をアメリカで生活させたいと願い、キムはみずからの命をたってしまうのです。

 

 

衝撃のラストで、とても重く激しい作品ですが、とにかく音楽が素晴らしい。

作詞、作曲は、ミュージカル「レ・ミゼラブル」と同じ、アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク。

心弾かれる歌や曲がたくさんあります。

 

私は特にこの作品の「movie  in  my  mind」と「I’d  give  my  life  for  you」が好きです。

基本的は私は、想いがガ~~~っと強い歌が好きみたいですが(笑)

 

そして私が衝撃を受けた、lea salongaの「I’d  give  my  life  for  you」

体全体から、そして背中じゅうから、声が、パワーがあふれていた。

それがブロードウェイの劇場の3階で観てる私にもメラメラと燃える魂が伝わった。

 

こういう歌が歌いたいと思いました。

こういう想いを伝えたいと思いました。

この歌を聴いて、歌に本気で向き合いたいと思いました。

ただでさえブランクがあって、遅れをとっている私。

このあと、人の3倍努力しました。

 

私の中の魂を目覚めさせてくれた歌。

それが、「I’d  give  my  life  for  you  ~命をあげよう~」です。

 

2012/05/21

下町育ちでお祭りが大好きな私。

とくに浅草は小さい頃からよく行っていたし、三社祭も昔から楽しみにしているお祭りです。

去年は震災の影響で自粛になり、お祭りもやりませんでした。

なので今年は2年ぶり。

どこもそうだけど、いつも以上に盛大に盛り上がってる感じです。

 

さて、その三社祭の楽しみには本社神輿。

一之宮、二之宮、三之宮の3騎の本社神輿があります。

それが3つの別々なルートで、朝6時に宮出しをし、それぞれ町内から町内に引き渡され、最後20時前後に浅草寺に戻って宮入をするのです。

三社のルートは毎年変わります。

今年、最後にメインの仲見世を通って入ってくるのは三之宮でした。

そして私は一之宮の大ファン。

もちろん3騎とも神様のお神輿だから素晴らしいけど、一之宮がだんぜんかっこいい!!

 

でも下町のお神輿好きはみな熱いのです。

担ぐ人も、もう本社神輿を担ぎたくて担ぎたくて、引き渡しのときはもう争いになるほど。

大の大人、大きな男の人たちが、お神輿を担ぐために必死になってるのもかわいいです。

それだけ魅力がある本社神輿。

お祭りやお神輿にあまり縁のない人はこの感覚はわからないと思うけど、ほんとうに待ちに待った~という感じです。

 

さて、今日は用事があり、到着が19時になってしまったのですが、とりあえずルートマップを見て、まずは近くにいる三之宮を発見。

その後、一之宮を探しに裏道へ。

発見しました~。

もう・・・感動です。

「やっと会えた~」と心の中でつぶやく私。

やばい。もう一之宮に恋してるのかという感じ。

そして流れ流れて、裏から境内の中にまで一緒に入ってしまった。

本来は半纏を着ている担ぎ手か関係者しか入れないのだけど、どさくさにまぎれて一般人も流れ、その中にまんまと入る私。

浅草寺境内には、もう朝早くから場所を陣取っている人たちであふれてます。

そこを最後の挨拶にお神輿が行き、そして宮入のため蔵に向かいます。

そして最後の最後、かつぎ終えて、まわりにいる人と3本締め。

最高~~!

木やりの歌に見送られ、また最後に担いで宮まで入ります。

数年前にも同じようにここまで入ってこれたことがあった。

これで2回目。

めっちゃラッキーです。

すごい感動。

これはもう、すごくついてるかも。

そのあと、二之宮や三之宮が入ってくるので、一之宮組は裏から退出しました。

 

今年も三社祭の宮神輿が見れてよかった。

それも一之宮の宮入のほんとうに宮入まで見れるとは。

縁起がいいね~~。

 

 

さて今週の出演のご案内です。

 

☆シャンソニエ
・新宿「QUI」出演 新宿三丁目 C4出口徒歩1分

5/22(火) 19:45~、21:00~、22:00~

チャージ 5500円(1ドリンク&オードブル付)
・「Pigalle」出演 六本木(ミッドタウン横)

5/24(木)(毎月第4木曜日出演) 19:30~、20:50~、22:00~

チャージ 4000円+チャーム+ドリンク

すべて入れ替えなしです。

予約先  tel&fax 03-5901-9066  メール  noa_heart_soul_1song@yahoo.co.jp

お時間あったら是非いらして下さい。

2012/01/14

2月になにわシャンソンコンクールがあります。

おととし私は第1回なにわシャンソンコンクールに出場し、準グランプリをいただきました。

それにより、その年は高槻のjazzストリートに出演したり、大阪巴里祭に出演させていただきました。

そこからいいご縁が続き、去年はなにわシャンソンコンクールに出場していないのに、大阪巴里祭にまた呼んでいただきました。

いい出会い、いいご縁が続くのはほんとうにありがたいこと。

大事にしていきたいです。

さて今年は第3回目。

一応私の方からもご案内させて頂きます。

第3回 全国なにわシャンソンコンクール

プロ・アマ参加可

1次審査  テープ審査(テープ、MD、CDなど) 3分以内

2次審査  2/18(土)

本選    2/19(日)

会場    大阪中之島 中央公会堂

主催・事務局   日仏シャンソン協会 関西支部   

  門奈さん 080-5707-3381

 http://www.afjc.net/jp/news_naniwa2012.htm

審査料、他は事務局へお問い合わせください。

締め切りは1/16となっていますが、1月末まで大丈夫だそうです。

なんといっても重要文化財である、この中央公会堂がほんとうに素敵なホールです。

このホールで歌えるだけで嬉しいと当時の私もホントに思っていました。

http://osaka-chuokokaido.jp/

そしてなんと、私は今年のなにわシャンソンコンクールのゲスト歌手として出演することになりました!

通常こういった大きなシャンソンコンクールのゲスト歌手は、ベテランのフランス人歌手です。

なのでほんとうにびっくりしました。

事務局の方からオファーの電話を頂いたとき、「ほんとに私でいいんですか?」と思わず言ってしまいました。

なにわコンクールでは準グランプリでしたが、たぶん去年浜松シャンソンコンクールでグランプリを受賞したことで、主催者の方もすごく喜んで下さって、お声をかけてくださったんだと思います。

せっかく頂いた大役、精一杯がんばって、そして楽しんできたいと思います。

昨日は新宿のシャンソニエで今年初のライヴでした。

今年も歌を歌っていけることに感謝して、自分の道を進んでいきたいと思います。

2011/10/12

11/11,12に2年ぶりに2日間ライヴをやります。

今回は昔から考えていた一人ミュージカルをやります。

1部で一人ミュージカル、2部では歌を中心にお届けします。

一人ミュージカルでまず大事なのは脚本。

プロの脚本家に頼むとすっごく高くなるし、公演というよりライヴの中のだからそんなに高いお金はかけられない。
じゃあ自分で書くか~! といっても書いたことないし・・。

とりあえずもともとある題材から選んで、最初は語りミュージカルを書くことにしました。
いつも演奏をしてくれる深町エリ先生も色々相談に乗ってくれたので、「私も何か探して書いてみるよ」と言ってくれたのです。
9月はとにかく本番やら、コンクールやらで忙しく、その中でなんとか書いてはみました。

その間、エリ先生がいい題材を見つけて、知り合いの本を書くのが好きな若い女性の方に頼んで、ちょっと台本もどきにしてもらい、それを先生が手直ししながら、ちゃんとした台本が出来上がりました。
さて私のと比べて・・・・当然先生の方がいいものに決まってる。

また私を知らない人が作るより、私のことをよく知っている先生が作ってくれたので、私がやるにあたって、とてもいいものが出せる作品ではないかと思います。

作品は短いながら、とてもおもしろい。

曲もオリジナルで全部作って下さって、もう感謝感謝でただ頭が下がります。

さて、これをどう作りあげていくか・・・。とても楽しみ。
というわけで、オリジナルミュージカルをやります。

どんなものが出てくるか、乞うご期待!!

脚本を書くのはとても難しい。

でもいつかは自分で書いた本で、一人ミュージカルをやりたいと思います。

頭の中に次にやりたいテーマはある。

まずは資料集めからするので、時間はかかりますが。
まずは今回いい作品をお見せできるように、そして楽しんでいただけるようにがんばります。

今年もたくさん色々ソロライヴやシャンソニエステージ、、ジョイントライヴなど歌ってきましたが、今年の私の集大成です。

2部は色々な想いを込めて歌います。

コンクール受賞記念ライヴでもあります。

是非、観にいらしてください。

鈴木希彩ソロライヴ ~今~
  1st 一人ミュージカルvol.1
  2st 歌・歌・歌!
 

vocal 鈴木希彩 
piano 深町エリ
 チャージ  3000円+ドリンク別途

11日(金)ミノトール2(新宿) 19:30開演

12日(土)えとわ~る(曙橋or牛込柳町) 19:00開演

   どちらも開場は30分前

予約先(予約優先です)

 tel&fax 03-5901-9066
 メール   noa_heart_soul_1song@yahoo.co.jp

ミノトール2
 新宿区新宿5-11-4 龍生堂ビルB1F
 03-3341-2655
 http://www.mino-2.com/hp/index.htm

えとわーる
 新宿区市谷薬王寺町83番地 SOEDA HOUSE B1F
 03-6280-7136
 http://salon-de-euro.com/

また、今週日曜日(16日)には新宿シャンパーニュに初出演します。

http://www.champagne-live.com/#schedule

19時開演

チャージ 4950円(1ドリンク付)

ご予約は私まで。

ご連絡お待ちしております。

Next »