Home > あまり歯科の臨床的でないこと

2013/09/26

こんにちは。根本齒科室の根本です。

前回は、最後の最後に強引に歯科につなげてしまいましたので、今回はもう少し自然な流れを試みてみます。

もともと”弱者の戦略”信奉者であった私は、新自由主義にかぶれて道を誤りそうに、いや、誤っていました。
その頃に開業したあたりまでをお話しました。

今回はその続きになります。

<リベラル主義的史観時代>
(さらに…)

2013/02/09

こんにちは。根本齒科室の根本です。

予算委員会、YouTubeで見ましたが、初日から面白かったですね。

 レーダー照射の報告が遅れた ← 民主政権時代は公表せず政治判断で隠蔽?
 グーグルアースで船が分かる ← 船は動いてるんですが何か?
 日銀の独立性がそこなわれる ← 「外債を買え」と日銀に言ったその口で?

さっそくのブーメラン連発、野党になって本来の切れ味を取り戻したというか
大いに楽しませてもらいました。
ここ数日、鼻の調子が苦しいというのにw

  あ      べの        み      くす

安 倍 美 楠


あまりにも時宜に合致しすぎて、逆に追及ネタに苦しむ野党に、ある意味同情します。
「足りぬ足りぬは工夫が足りぬ」「欲しがりません長妻では」うん、企業努力ですね。
ところで、

「日銀の独立性」最近この言葉をよく耳にします。
「手段の独立」同じくらいこの言葉も耳にします。
「ガバナンス」さらに多くこの言葉も耳にします。

歯医者の立場で、この言葉を聞くと、若干「どきっ」とするところがあります。
(さらに…)

« Previous