月に願いを・・・

5.JPG 

もしも願いが叶うなら・・・あなたはお月さまに何を願いますか?

生まれた時は、みんな丸裸の状態でお母さんのお腹の中から生まれてきた。
みんな平等に生まれてきたはずなのに、どこからどう変わっていくのか
生まれた場所が違えば、言葉や方言が違うように育っていく環境によって
全然違う道を進んでいくことになる。

今までも人生の岐路に立たされたとき、どっちの道に進むかによって自分の
人生は大きく変化していくと思う。
もしあの時、違う道を選んでいたら今の自分はどうなっていたか・・・?
なんて考えることはありませんか?

でも、お月さまはずっと見ているんです。そんな自分を見守ってくれているんです。
自分が選んだ道は決して、間違っていなかったと思える人生を歩んでいきたいと
思っています。

私の生活もある時を境に、劇的に変化していきました。でも、自分の周りにいる
すべての人の優しさであったり、人間の本性みたいなものを知ることになりました。
人は本当に辛い立場に立たされた時、ひとりでは生きていけないということを知ります。

周りの人に助けられて救われて、勇気や元気をもらったりして前に進んで行こうって
いう気が湧いてきます。それだけではなく、その人のその時の状況によっても大きく
違いはあると思いますが、私にはお月さまがありました。

もしかしたらあの時、私はもうお月さまに願っていたのかもしれません。
前を向いて歩いていく事を忘れかけていた私の行く道を、光り輝き導いてくれたお月さま。

今こうして大好きになったお月さまを見上げて、語らう時間が貴重なものになりました。

お月さま・・・。どうかこれからもたくさんの人の願いをあなたの大きな心で受け止めて
そして、見守っていてね。これからもずっと・・・そう願います。

Leave a Reply