月とヨガの密接な関係

 4.JPG

日本でもブームになったヨガ。このヨガと月には深い結びつきがあります。
正式には「ハタ・ヨーガ」と呼ばれいて、“ハ”は月・“タ”は太陽を意味しています。

ヨガで行なわれているいくつかのポーズの中で、「月の礼拝」や「太陽の礼拝」という
のがありますが、これは太陽や月を神として称えています。

インドでは古代から月光浴の効果を知っていて「月の礼拝」では、満月の4日前から
月の光の下で月に向かって礼拝し、月の光を全身で浴び呼吸すれば身も心も安らぎ
何ともいえない心地よさに包まれるというもの。

ヨガといえば、なんだか難しいポーズで精神統一する体がくねくねしていて
柔らかい体の持ち主しかできないものと思っていました。

私もヨガは前々から少し興味があったものの、教室に通ったりする時間がないと
あきらめていました。が・・・。最近おうちでもできる簡単ヨガなるものを見つけました。

それは、カリスマモデルのSHIHOさんが考案した「毎日、歯を磨くように、無理なく続けられる」おうちヨガというものです。
この本の中のSHIHOさんの言葉で「ヨガは自分と向き合う時間」と書かれています。

ヨガを続ける事によって、今の自分が見えてくると言います。これを習慣にすることで
3つのバランス「体」「頭」「心」をキープすることができ、バランスの中心に自分が
あることを知るということが大切だそうです。

私もSHIHOさんの“おうちヨガ”をできるだけ毎日の習慣にし、心と体のバランスを整え
心身ともに鍛えて心地よい生活が送れるように頑張ってみようかなと思っています。
このヨガが月とこんなに深い関係があることがわかり、少し得した気分になりました。

One Response to “月とヨガの密接な関係”

  1. theeasiersofterway Says:

    Thanks for the awesome post! Much love and appreciation!

Leave a Reply