Archive for 1月, 2009

プリント価格の違い

金曜日, 1月 23rd, 2009

9.JPG 

みなさんはデジカメで写真を撮ったあと、お店でプリントする派?しない派?
それとも自宅でプリントするんでしょうか?それともパソコンやデジカメの中で
眠ったまんまでしょうか?

今やフイルムの時代と違って撮ってすぐ見れる いらないものはすぐ消せるという
メリットがあるので、枚数を気にせずバンバン撮れますよね。
フイルムだと現像しないと見れない枚数も限られている12枚撮り 24枚撮り
あるいは36枚撮りと枚数に制限があった分、むやみにシャッターを切れなかったと
いうのもあります。

例えばお店プリントに出した場合、お店によってプリントの値段が違いますよね。
安いお店もあれば高いお店もある。その値段の違いは何だろうって思ったことは
ありませんか?

それにはちゃんとした理由があるんです。まず使う現像液の違い。名の通った有名な
ブランド(例えばFUJIFILM)とかその他いろいろありますね。
メーカーが出している純正の現像液はもちろん高いです。それを使うにはコストがかかる。

プリントにするペーパーもそうです。裏にきちんとブランド名が印刷されているものは
高いです。ペーパーもピンからキリまであるので、純正のものを使うともちろん高くなる。
そうなると1枚あたりのお値段に差がつきます。どうしてもこれ以上値段を下げられない
というしくみがわかりますね。

やっぱりお値段の安いペーパーのものは何年かしたら変色が激しいですが、いいものを
使っているお店のものはキレイなと私は思います。もちろん保管状況にもよりますが・・・。
いい状態で残したいときはプリンターが良くなったとはいえ、お店プリントとは仕上りが
全然ちがいます。使い分けて1番いい状態で残しておけるようにしたいものですね。

私は今まで撮ったものを全部お店でプリントして残していました。写真屋さんで働いて
いたメリットとして、割引価格でプリントさせてもらえたからなんですが、その写真の
数も半端じゃないくらい多くて、アルバムがもういっぱいです。

今は写真屋さんから離れてしまったので、全部プリントとなると破産しかねませんので
気に入ったものだけをプリントに出して、あとはCDに保存しています。
これ以上を写真が増え続けると、アルバムに部屋を占拠されてしまいそうで・・・。
これからの何か参考になればと思い、お店プリントのお話させていただきました。

毎日違う月の印象

金曜日, 1月 9th, 2009

 8.JPG

私たちの目に映るお月さまは、大きく見えたり小さく見えたりあるいは
白く見えたり黄金色に輝いて見えたりとさまざまです。
お月さまはちょっぴりわがままで、前の日と同じ位置に顔を出さないこと。

顔を出す時間も隠す時間も違うので、写真に撮るのは難しいなと私は思っています。
まだ、月の出はじめで空が微妙に明るさを残していれば、手持ちでも撮影できますが
お月さまが色濃くしてくる頃には空は真っ暗になり、三脚は必須になってきます。

お天気によってもお月さまの印象は違うので、毎日毎日違うように思います。
私が持っているレンズは多くないので、撮れる大きさが限られてくるため
いつも同じような感じになってしまいます。

私が好きな写真は月のある風景が一番好きで、お月さまそのものを大きく撮るよりは
何かと一緒にに映っているお月さまがとても印象的でインパクトがあるように思います。
だからお月さまを撮るときは、あまり天空高くいるお月さまより低い位置に顔を出してる
お月さまの方が私には撮りやすいと思っています。

例えば街中にぽっかり浮かんだお月さまだったり、電柱の影からこっそり見えるお月さま
だったり、マンションの横に大きなお月さまだったり、何かと一緒に映りこむことで
こんな位置に顔を出していたんだなってわかる方が楽しいから好きです。

でも、お月さまだけを撮ることになるときは、それはあまりにもお月さまがまんまるで
大きくてキラキラ輝いてて美しいから、どうしてもこの目に収めておきたいと思う一心で
ファインダーを覗きこんで、その美しさを確かめているのです。

写真を見て感動を与えられるほど素晴らしい写真を撮れる腕もないけれど、上を見れば
キリがないし、自分にしか撮れないモノ。自分の感性を信じて写真を撮ってるだけの私。
自分が感動したときにシャッターを押す。ただそれだけ。それが伝わるときもあるって
信じてます。人のマネをするのではなく、私らしく伝えていけたらと思っています。

新しい年が始まりました。また心新たに頑張りますのでよろしくお付き合いくださいね。