Home > LGBTと教育

2014/09/05

今回は中橋と香川さん(仮名・34歳女性)との対談です。

中「香川さんとは同性婚制度をめぐって、かつて激論を交わした事がありましたが、それをまた再現しようと思いまして、今回はご協力をお願いしました」

香「お手柔らかにお願いします(笑)」

中「こちらこそ(笑) まず、香川さんの素性から教えて頂けますか?」

香「素性ですか?(笑) まず、セクシャルマイノリティではありません。専業主婦です。子供が二人います。夫は会社員です。ごく平凡な家庭の一般市民です」

中「ありがとうございます。さて、香川さんは、同性婚制度に反対の立場でしたね。今でも意見は変わりませんか?」

香「はい。変わりません」

中「同性婚制度に反対する理由を教えて下さい」

香「まず、子供の教育に良くないと思います。家族観が歪んでしまうと思うのです。同性婚をする人が増えたら、少子化に拍車がかかるでしょうし、極端な事を言うと、国が滅びませんか?」

中「家族観が歪んでしまうというのは、香川さんの考える家族観のことですよね。多様な家族の在り方が認められても良いのではないかと私は思いますよ。同性婚をする人が増えたとしても、それを選択するのはそもそも同性愛者の皆さんですから、少子化と結び付けるのはおかしいと思います」

香「多様な家族の在り方って何ですか?家族というのは、父親と母親と子供で構成されるものではないですか?」

中「例えば、シングルマザーやシングルファザーの家庭、ゲイカップルやビアンカップルの家庭なども家族と呼んでも良いのではないかということです」

香「そういう家庭があるのも理解はできます。でも、基本は、両親と子供で構成されるべきだと思います。その基本形を尊重する事が、法律的にも重要なはずです」

中「なぜ、基本形にこだわるのですか?」

香「様々な家族の在り方というのは、結局、無秩序な家族観につながって、家族という概念自体を破壊してしまいかねない気がします。だからこそ、基本形である両親プラス子供という形を大切にし、そういう古来からの家族観を法的にも保護する必要があるのです」

中「両親プラス子供という家族形態が基本であるということには異議はありません。でも、それ以外の家族形態との法的格差を設ける必要はあるのでしょうか?香川さんが心配している無秩序な家族観というのは、あまりにも突飛な考えではないですか?」

香「私から言わせると、ゲイカップルやビアンカップルを夫婦として認めて、法的な家族として認めろという主張の方が突飛ですよ。家族というのはやはり、子供を産み育てるという側面が大きいと思うのです。だから、両親プラス子供が基本形なわけで、子供を持つ可能性が低い人たちの集団を家族として法的に保護する意味はありますか?」

中「現在では生殖医療が発達して、ゲイカップルやビアンカップルが必ずしも子供を持てないとは限りませんよ」

香「そういう先端医療を利用すれば可能かもしれませんが、大切なのは、自然な状態で子供を持てることだと思うのです」

中「香川さんは、自然な状態で子供が持てるカップルでなければ家族と認められないというわけですか?」

香「法的な保護に値する家族には当たらないとするのが妥当だと思います」

中「その考え方だと、家族の価値は子供の有無、あるいは自然に子供を持てる可能性の有無にあるというわけですか?」

香「法的に保護する家族の価値としては、そうだと言えますね」

中「それは何故ですか?」

香「国家にとっては、次世代をきちんと産み育てていくことがとても重要だと思うのです。だからこそ、その機能を果たすべき家族は法的に保護されるべきだし、それ以外の家族は法的な保護の価値までは無いと思います」

中「まとめると、同性婚制度は、子供を産み育てる基本的な家族とはかけ離れた家族像だから、制度自体を法的に保障する必要まではないだろうということですか?」

香「はい。別に、同性カップルの存在自体を否定する気はありません。でも、法的に夫婦と認めて、家族として法的に保護するまでの必要性を感じません」

中「香川さんの言う必要性とは、国や大多数の異性愛者の人たちにとっての必要性であって、当事者の気持ちは全く無視されています。セクシャルマイノリティ当事者が同性婚制度の導入を切望しているのであれば、そこに必要性が生じるのであって、その必要性の内容について吟味すべきです」

香「そもそも家族とは何か?という意見の対立だと思いますよ。私は、家族というのは、子供を産み育てる最少構成単位だと思っています。だからこそ、法制度上の保護を受ける事ができるという見方です」

中「そうですね。家族の定義についての対立かもしれませんね。この溝は埋められないのかもしれませんが、結局のところ、法改正には国会の審議を経る必要があるので、政治的にそういう機運になり得るかという事が全てです」

香「それに当事者の皆さんが本当に同性婚制度の導入を望んでいるのかという点も知りたいですね」

中「その点には同意しますね。だからこそ、当事者の側から法改正に向けた政治的なアピールがされないと、世論に訴えるきっかけすらできませんね」

香「欧米で同性婚制度が導入されつつあるからといって、日本も同じようになるとは限らないと思います。家族観について、私と同じように考える人は多いと思いますよ」

中「そうですね。私もすぐにそういう機運の高まりは無いだろうと思っています。しかし、多様な家族の在り方について、社会はもっと寛容になるべきだと思いますし、そうすることが国益にも適うと思っています。今回はありがとうございました。またいつか続きをお願いしたいと思います(笑)」

香「またいつでも戦います(笑)」

2014/05/02

今回は、中橋とFTMのリキさん(仮名・33歳)との対談です。

中「リキさんは、子供が欲しいと真剣に願っているそうですが、そのための具体的な行動は計画しているのですか?」

リキ「はい。時間的にのんびりしてはいられないので、パートナーとも話し合って、実際に行動しようと情報を集めています。そのためのお金も、パートナーと頑張って稼ぎまくってます!(笑)」

中「逞しいですね。リキさんはFTMですから、産むのはパートナーさんということでよろしいですか?」

リキ「はい。でも卵子は私のを使ってもらいます」

中「リキさんは、性別適合手術を受けていないという事ですね」

リキ「そうです。子供が無事に産まれたら、性別適合手術を受けたいと思っています」

中「つまり、卵子はリキさんのものを使って、それを精子と受精させた後に、パートナーさんのお腹に移し、出産してもらうということですね」

リキ「そうそう。私のパートナーが代理母みたいになります。戸籍上も母親となるでしょうけど、遺伝子的には私が親です。この繋がりで家族を作りたいと切に願っています」

中「精子はどう調達するのですか?」

リキ「精子バンクでもいいし、協力者もいないわけではないですし、それはけっこうどうでもなるんです(笑)」

中「そうなんですか!精子の価値、何だか低いですね(焦)」

リキ「そんなことはないですよ(爆) でも、海外に行けば、かなり選べます。そこは、パートナーと色々検討しています」

中「やはり海外でないと難しいのですか?」

リキ「日本でも色々と動きはあるようですが、現実的には海外に行った方が早くて確実ですね」

中「同じようなことをされた方は多いのでしょうか?」

リキ「実際にはどれくらいいるのかわかりませんが、今は結構いるんじゃないですかね」

中「そんなにまでして子供が欲しいと思う理由は何ですか?」

リキ「そりゃあ、男の本能でしょう!自分の子供を孕ませたいですもん(爆)」

中「あぁ、なるほど。男性的発想ですね、確かに。。」

リキ「だから、一刻も早く性別適合手術を受けて、戸籍上も性別変更をしたいけれども我慢しているんですよ。子供ができるまでは!って」

中「確かに、現行の制度だと、戸籍上の性別変更には、性別適合手術を受けて、生殖機能を失う必要がありますね」

リキ「酷い制度だと思いますよ。性別変更させてあげるから、生殖機能を失えっていう拷問じゃないですか? LGBTだって、子供が欲しいと思いますよ。今は医学も発達していることだし、そういう手段で子供を持てるなら、LGBTのカップルだって子供を持ち、育てていきたいですよ」

中「確かに、自分の遺伝子を後の世代に受け継がせたいと思うのは、性別云々ではなくて、人間的な本能かもしれませんね」

リキ「自然じゃない妊娠・出産をすべきではないという人がいますが、ヘテロセクシャルの夫婦でも不妊治療で妊娠・出産する人たちが多くいますよね。こういう人たちも自然な妊娠・出産ではないじゃないですか。それと区別する意味がわかりません」

中「確かに、差別的な取り扱いだということもできると思います」

リキ「子供はもちろん大切に育てていきます。普通の家庭ではないのは確かだけど、そういうマイノリティの家庭に生まれ育ったことを恥じる事がないような育て方をしていきたいと二人で誓っているんです」

中「様々なハードルがあると思いますが、お二人の夢が叶うように頑張って下さいね」

リキ「はい!頑張ります」