« | Home | »

2009/03/27

ご無沙汰しておりました、たいへん申し訳ありません…森口です。
なぜこんなにご無沙汰になったかという理由を軽く申し上げますと、昨年11月から3月にかけて3Kに忙殺されておったのです。

3Kを軽くご説明させていただきますと。。

ひとつめのKはコンサートです。プロ中のプロなら三日に一回本番というサイクルも当たり前だそうですが、私は一か月に二個くらいでもひーこらで、ありがたくもそのような状態が続いておりました。

ふたつめのKはコンクールです。コンサートというのは点数はつきません。稀に何かの賞の審査の入るコンサートなどもありますが、お客様に喜んでいただくのが一番の目的です。よって自分の考えに基づいた自分の個性のたっぷり含まれた演奏をしてもなんの問題も無いし、少しの指のもつれなどもご愛敬というか、そういったテクニック方面も大切ですがそれ以上の音楽的な感動をお届けするのが重要だと私は考えています。

しかしコンクールとなると少し話が違います。点数がつく!点数をつける相手(審査員)が目の前にいる!!というプレッシャーの中でできるだけテクニック的な問題を最小限にすることを常に頭の片隅に置きながら適度に自分の個性と一般的な解釈を織り交ぜた演奏をしなければならないのです。ちょっと指が転がった~と思ったところで客席の方からカサっと紙をめくるような音とかがしたらもう生きた心地がしません。一瞬にして沸き起こる「いまのアクションは何故おこされました?何か書きました?-0.5点とかデスカ…?」というようなことを一生懸命アタマの中から追い出しつつ、次の音のことや今弾いてるパッセージのことを考え、けどさっきのカサ音が気になるじょーという葛藤にさいなまれながらなんとか止まらず最大限綺麗な音と無難な音楽性(にしてるつもり)で最後まで弾ききるのです。
ようするに私はコンクールが嫌いです…きらいではありますが、大好きなエリーザたん(モーツァルト@マドモワゼルモーツァルト)がテーマのコンクールだったので、挑戦してみました。結果は2位という…うれしいんだか悔しいんだか…苦笑。とりあえずおでこに大きなニキビが悪化してもはや怪我になったものの跡が二つ増えました。すとれす…。

三つめのKは婚約です。世の中タデ喰う虫も好き好きですホンマ。。自分で言うのもなんですが、一生に何か月かの事なんでどうかおおめに見てやってくださいまし、と言わなければならんような口を開けば惚気のような時期であります。アホです。かような人生の春めいた時期に、先に述べたコンクルでモーツァルトのアダージオK540というテンションおかしいくらい下がりまくりの世の中すべての悲しみを代弁したような曲が課題に出ていてなんとか感情移入して表現しなくてはならないというorz。。。JunkStageでおなじみの柳樂さんよりCDをお借りしたワルタークリーン先生の淡々とした拍感が見事に悲壮感を倍増させている演奏をカンバスに、なんとかヒューズを失ったときの大佐(*1)の心境を塗りこめて形にしました(ちなみに私はヒュロイベースのハボロイ(*2)派)。

というわけで、軽くのつもりが…ただの近況報告で一更新分になってしまいました。

(*1)ヒューズを失ったときの大佐・・・
鋼の錬金術師第四巻、士官学校時代からの恋人親友マース・ヒューズ中佐を電話が微妙につながってる状態で失うロイ・マスタング大佐・・・マジ切ない。いつも大胆不敵なふるまいのロイロイが目を見開いて受話器に向かって叫び続ける様はもう涎垂モノ・・・アレ?

(*2)ヒュロイベースのハボロイ・・・
マース・ヒューズの結婚を機にロイ・マスタングとマース・ヒューズの関係は不倫に変わってしまう。そこへロイの東部移動辞令・・・心も体も少しづつ離れ離れになる二人。東部で見つけた忠犬ジャン・ハボック准尉(当時)からの熱烈な求愛に次第にほだされていくロイ・マスタング(総受)、しかしいつでも一番大切な人と言われて心に浮かぶのはマースであった。そして中央移動直前に殉職し二階級特進してしまったヒューズ准将。永遠に帰らぬ者を想い続けるにはハボックの求愛は激しすぎた。罪悪感を感じつつもハボックの愛に自分のすべてを委ね始めるロイ。その居心地の良(長くなりそうなので強制終了)

2009/03/27 04:04 | 腐女子的音楽解釈 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.