Home > 未分類

2016/01/04

復活一発目の投稿をしてから、ずいぶん月日が経ってしまいましたすみません。。みなさまどのようなお正月をお過ごしでしょうか。
私は今一時的に住んでいるヨーロッパの西の果てにて、まったくお正月ムードが無いので普段は進んでは観ない紅白が無性に観たくなり実家の両親にFaceTimeでテレビ画面を映してもらってパソコンで鑑賞しながら(画質悪くてアKBとか誰が誰かわからへん)おせち作りの大晦日に、生後4週間の赤ちゃんのいる友人宅に子連れで上がり込んでカウントダウンの年越しでございました。

さて、たいそうにネガティブな話題が続きそうな終わり方をした前回(数ヶ月前。汗)でしたが、とりあえず今回は”スポーツに比べてクラシック音楽への注目度が低すぎる”という事に嘆いてみたいと思います。

昨年の秋、ピアノの世界のオリンピックのようなコンクールが開催されました。5年に一度なのでオリンピック以上かもしれません。
その名も、ショパンコンクール。

近頃は、世界規模で注目度の大きなコンクールは一次審査からネットでLIVE配信され、youtubeなどを通じてどこでも見る事ができます。世界の最高峰規模のコンクールでは、一次審査とは言っても、その時点で世界中から我こそはと応募してくる若者たちから音源審査(DVD審査)を通過した上に現地で行われる予備審査を通過した人達ですから、レベルは高いです。 幽白の暗黒武術会が日本音コン(日本国内のコンクールとして最高峰の権威を誇り登竜門的な存在)ならショパンコンクール級のコンクールは魔界トーナメントみたいなもんです。戸愚呂弟すごすぎみたいに思ってたらB級妖怪やったみたいな感じで、世界中の国々の屈指の芸大やら音楽院やらで、こいつはダンっっトツ弾けるッ!みたいな人がウワア〜っと百何十人も集まって、一番ショパン上手いのは誰だ!?とか一番ロシア物うまいのは誰だ!?って決めるんです。
10月は、このライブ配信を最大音量でつけっぱなしにして、キッチンの換気扇にも洗濯機のスピンのガタガタにも子供の雄叫びやテレビの音にも負けず耳をそばだてて家事をしておりました。

ショパンコンクールほどの歴史と規模と注目度を持ったコンクールは世界中にいくつかあり、それぞれのコンクールは3〜5年に一回程度ですので、毎年ひとつずつぐらいはヨーロッパとアジアのどこかで大きなコンクールがある、みたいな感じです。昨年はピアノでは、第17回ショパンコンクールがポーランドのワルシャワ交響楽団コンサートホールにて、第9回浜松国際ピアノコンクールが浜松のアクトシティ浜松にて行われていました。

ここで、思うのが、
この規模で!このレベルで!このコンテスタント達の命の賭け具合でっ!!

テレビ中継ぐらい無いんかいっ!?

という事です。前述のようにLIVEネット配信はあります。けど、そんなんここ10年くらい?やっとです。スポーツでいうなら、世界選手権とかワールドカップに相当するイベントが、まったくテレビ中継とかされず、もし日本人が優勝しても、ちょろっと夕方のニュースで流れる程度です。 スポーツなら特番が組まれて夜のニュースの後のゴールデンまったりタイムに大々的に生中継されたり専門の評論家が解説したりですが、ショパンコンクール特番なんて有り得ません。クラシカルなジャンルで、かろうじてテレビ中継があるのは私の知る限りではローザンヌ国際バレエ・コンクールぐらいです。
金メダルを取ったら国や各スポーツの連盟や団体からも報奨金が出るらしいですが、コンクールで優勝して帰国しても誰もそんなんくれません。

原因は、なんなんでしょうね。。スポーツも芸術も、やっている人は命をかけてやってるんですが、観聴衆からは娯楽であるという事は一緒だと思います。 スポーツのように勝ち負けのはっきりしているもの(個人的にフィギュアスケートは少し芸術的な要素が入るので、あまりはっきりとは見えない場合もあると思いますが)に対して、芸術は、判りにくい、大衆に理解してもらいにくい(=見てて楽しく無い…んでしょうなあ。涙)というのも勿論あるでしょう、それと同等に、クラシック音楽が企業や世の中の資本主義さと密接では無いという事も原因かと思います。それだけ付随して動くものの範囲が小さいんしょうね。
クラシックの音楽家が企業に就職してコマーシャルなどに出演し生活を保障されながら日々練習しレッスンを受けてコンクールを受けるなんて事は、私の知る限り有りえません。外見やタレント性重視で活動している極々一部の演奏家で、事務所に籍を置き芸能人と同じように活動している方もいますが、日々切磋琢磨してコンクールを受けたりはしないし、実力は二の次なのが現状です(さらりとやっかんでみる)。

アジアは西洋クラシック音楽が自国の文化では無いので、馴染みの薄い人が大半、国が保護に積極的で無いのも仕方の無いことなのかもしれませんが、ヨーロッパでもクラシック音楽離れが加速しているといいます。 嘆く〜〜嘆きたい〜〜嘆かざるを得ませんっ!! でも何ができるかって?子持ち主婦には親子コンサートをして少しでも小さい頃から生演奏に親しんでもらう、、ぐらいしかできない。。

2015/09/02

こんにちは、ジャンクステージ読者のみなさま、お久しぶりでございます。と言っても、あまりに最初の連載期間が短く休載が長かったので、初めましての方がほとんどかと思います。

私は主婦です。日々2匹の乳幼児(あえて、人とは言わず匹です、まだ半人前ですからね)の面倒を見、旦那の稼ぎで暮らしています。ただ、毎日鍵盤を触ることだけは欠かさず、たまーに演奏会を開いたり、何方かの伴奏で舞台に上がったりいたします。今は一時的に海外に住んでいるため演奏活動は事実上休止状態で、子供らの昼寝中やテレビに夢中時間を使って毎日1〜2時間練習する以外は、完全に専業主婦状態です。

このジャンクステージには、私以外にもクラシック音楽や他のジャンルの音楽のライターさんが居られます。私よりも第一線で活躍し、日々演奏や指導の機会を持たれている方ばかりです。そこに何故、私のような兼業主婦なんちゃってピアニストが居るのか、日々ステージを熟しアグレッシブに活動を続け、熱く後進の指導にあたっている音楽家では無い私が、何をお伝えできるのか、を考えた時に、一つの結論に至りました。食えない音楽家の実態をぶっちゃけてみよう、と。

ジャンクステージのトップページから若葉マークをクリックしたら飛ぶページにも書いてあります。
「私たちは、有用な“情報”を、ほかのサイトにまかせたいと思います。JunkStageのライターたちは、その道のベテランから見れば考え方が甘かったり実績に乏しかったり、情報として不十分だったりするかもしれません。しかしJunkStageは、自らの好きなものへと対時する人としての「情熱」をなによりも注視し、可視化していく、心のあるメディアでありたいと考えます。」
よしゃ、誰がこんな情報知りたいか、て内容でもいいんやな?ぬへへへ。

というわけで、食えない音楽家の様々な心境、苦しみやら開き直りやら嫉妬心やら、、なにやら危険な内容になりそうですが、その実、ただの主婦の戯言です。生ぬるい目で多めに見ながらお付合い頂ければと思います。

2009/09/20

JunkStageをご覧の皆様、こんばんは。
いつもJunkStageをご訪問いただき、ありがとうございます。
腐女子系ピアニスト・森口綾子の「萌ゆらば楽し我が音色」更新についてのお知らせです。
現在、森口が私事多忙のため、こちらの連載を一時休載とさせていただいております。
連載再開は11月を予定しております。
御愛読くださっている皆様にはご不便をおかけいたしますが、復帰をお楽しみにお待ちくださいますよう、心よりお願い申しあげます。