Home > 錦絵 曲独楽 UKIYOE > おもしろ帖

2012/07/03
曲独楽三増 巳也 レポート

曲独楽 江戸から明治 三増 巳也 レポート

いきなり 左朴全さんだ

そうです 曲独楽は

 
遊び 占い 宗教 見世物から
 
芸へと 進んできました
 
 
この 江戸から現代まで
 
日本の市民の
 
にぎわいの場所で
 
他の不特定多数の人と
 
一緒になって
 
楽しむという文化が
 
何よりも
 
海外へ自慢できる
 
平和であり
 
和む事を好む 人の多さの証明でもあるのではないでしょうか
 
 
ところで 歌舞伎も文楽も 曲独楽も 一般市民の娯楽で
 
 
今まで 残っておりますが
 
 
その 成立のことは 今まで 偉い方の説を拝読してまいりましたが
こと この曲独楽に至っては
 
江戸から明治大正昭和の
 
変化のありようの事が
 
今ひとつ
 
私には 納得がいかないということですが
 
 
ナゼ
 
曲独楽は
 
大人数の興行形式を 残せなかったのか
 
ここらで
巳也の勢いのいい加減で
 
説を 書きとめたいと考えました
 
が!!!
 
曲独楽師としては
 
とても つらい話も 含んでいます
 
 
 
見世物研究の先生方の 色んな意見から
 
西欧の サーカスと曲馬団 マジックなど 興行が盛んに行われた明治中期に
 
ほとんど 曲独楽の平均20人程度だと 思われる 出演者をかかえた
大規模な曲独楽興行形式は 衰退します
 
 
原因として
 
 
  • 曲独楽そのものに 新しさを入れられなかった事
 
西欧の技術や美の演出を 巧みに取り入れていく マジシャン達に比べ曲独楽は
渡欧米するが 帰ってきて 工夫をしても 興行的には 失敗してしまうのです…
衣裳を 着物から 洋服に変えたり
海外で評判が高かった 水芸だけを 強調したりしましたが 無理でした
 
悲しい~
 
(ここで 渡欧し 大成功をした日本の 芸人の一例として
女性マジシャンの 松旭斎天勝の話を ↓ ご参照いただければ 嬉しいです)
 
 
ええ?
話じゃ つまらないですか~?
それじゃあ 写真を↓
美人でありますので どうぞ↓ いっぺんご覧ください
 
 
どうです
 
美人には 勝てないのですね~
 
  • 資金不足 技術面の衰退
そして 人々の興味であった 最先端の たとえば電気を使った演出は
 
資金が保証されている 政府側の 勧業博覧会などに 技術が移っていき
芸人側が使えるものが 技術的に 低いものに限定化されます
 
誰だって 報酬の良いもの 話題になる事を優先するから
世の流れは 芸で 止めたり 変えたり 出来るはずも無く
結局 観客の 「新しいものが見たい」気持ちに 応えられなかったから
後継者が途絶える事につながったのではないでしょうか
 
 「何を一番の芸として見せるのか」が 完成する前に
各曲独楽師の生まれつつあった流派は 衰退して消滅
主に 今伝わる 形として 独楽つぶり として 平安期に 僧が布教のために
曲芸を披露して 人を集めていた記述があり それが最初の記録ですが
具体的には まったく描写されていませんので
前述の 博多の初太郎が登場する 元禄時代が 最も 一般市民が楽しんだ
曲独楽と言えると考えて そこを出発点にしますと
 
江戸時代の 曲独楽師は ほとんど 博多や松井(※で説明してます)流であることを
 宣伝文句として使っていて
江戸や名古屋 大阪 京都 山口 大分 などの興行記録からも
他の曲独楽師は 登場しません
 
曲独楽師ではなく 富山の薬の行商人が
幕府公認で全国を 歩いていますが
その時に 庄屋や大きな農家などに来て
必ず 曲独楽・長崎からの輪鼓(りゅうご~鼓の形をしたディアボロの原型で くびれ部分に紐を一回転させて投げた勢いで演じた)を 使っていたそうですので
これは 博多とは ちょっと違うみたいです
…富山の薬売りの歴史は 父 源氏太郎の出身地でもあるので
もう少し 調べたいのですが あまり詳しい資料が有りません…
しかし ※松井源水という人が 江戸 浅草田原町に居を構えていて
曲独楽の腕前の良さや 人望で 大岡越前に 大道芸と十三香具師を
取りまとめる役目を 与えられ それからは
松井流という 流派を こぞって曲独楽師が 名乗るようになります
(直系ではないけれど松井源水は十八代目まで昭和30年頃までかな…いました)
 
江戸中後期の 曲独楽の大きな興行形式には
必ず 添え書きとして
 
松井流
 
が 書き入れられていますので
正式な曲独楽師であることの 証として この名前を使ったということですね
 
さてさて
 
 
 
博多(筑紫・のちに筑前)の流派 や
越中富山の松井源水が
 
曲独楽師の名流として お墨付きだという事を
私なりに まとめて お伝えしました
 
それに加えて 江戸時代の曲独楽が衰退した もうひとつの理由があります
 

女性の「見られ方」が 変わったことです

 
 
女性の文化も 明治中頃に
大変化をした事が 化粧の文化史から わかります
西欧に行った 国産第一号の女優
 
貞奴が
 
欧州で出会ったレディに 白粉化粧を紹介されて
帰国した時には 今時にも通じる ドレスと化粧で
美しさと上品さから 男女とも 憧れたという女優姿
 
明治の近代化を 政府が慌てて宣伝し
お歯黒 眉剃りやめましょうとか
いくら 言っても
市民は日常の姿を変えなかったのに
 
貞奴や
鹿鳴館で踊る皇族華族婦人のドレスや化粧
 
そして
銀座松屋や三越の 化粧品ポスターが
西欧の美容クリームや白粉を売り始めて
 
普通のおばちゃんも
 
町のおねえさんも
 
島田や丸髷をほどいて
 
どんどん身軽な動きやすい姿へと 変わっていったのでした
 
日露戦争 日清戦争 これが実は相当 影響しています
活動的に 動ける事が 女性を 戦力として見る国からも 歓迎された様子です
 
こちら ↓ わかりやすいです
 
女性の見られ方については また 後日 生人形の話などしながらね…

 

てなことで
西欧から一気に芸人として活動的な女性たちが来たため
オニイサンの色気で押し通してきた曲独楽は大打撃
 
曲独楽師の男性中心の 興行には ほとんど 「女性美」が なかったのも悲しいなあ
言ってくれれば 出たのに…(^w^)/ヒュ~ヒュ~
 
唯一の女流曲独楽師として
江戸末期から明治に
博多 小蝶が登場しますが
これも ごくわずかな間でした
 
あっという間に 観客を奪われてしまい
興行主が 地方公演のみに 限定したことで
曲独楽の都市部での居場所が 寄席の他に
大道で 無許可のあやしい虫歯の治療薬を売ったりする 大道芸に身を落とし
(のちに保健衛生法 道路交通法などで100年間 取り締まられまくります)
芸として 曲独楽単独に公演する大規模な方式は無くなったのでした
 
 
このように
 
話題性とスピード感の無さが 祟って
 
曲独楽の大規模興行は
 
明治中頃に 無くなった といえると考えます
 
日本の大衆文化が ほとんど この時期に
 
西欧式に入れ替わっていくのを また違う機会にご紹介しますね
 
 
 
あああ…
 
 
書いていて
 
こんなに悲しくなる話は ありません
 ・・(-O-・)・・・シクシク
 
でもね
 
 
ココロの美を 失わなければ
 
人の心からは 無くならないのですね
 
 
寄席という場に
 
新しい 表現の場所を 結集すること
 
当時の曲独楽の 頑張った様子がうかがえます
初代の 三増流である(三升屋 紋弥)は 電気を身体に仕掛けて
踊りながら 曲独楽をご覧に入れていたと 聞いています
 
初代は 着物に 紋を入れるのを 仕事にしていた人で いわば セミプロから
専業曲独楽師になった人です
 
洒落に
 
紋 屋 だから
 
もんや と名乗ったようです
 
 
そんなこんなで 市民の娯楽は
 
 「自分で表現する」楽しみも 多かった…
 
 
三味線 躍り 謡など 武家の文化の一般化や 農村部の祭などからの
交流による 発達も 都市と 地方の 人の交流が盛んになるに連れて
変化が早くなったと 思われます 
 
専業の芸人はというと
 
寄席での 名人登場による
講談 落語 浪曲 の 大流行時代へと 進んでいきます
 
数寄者の文化も 三増流初代のように 寄席に 取り込まれたりして
 
大衆文化は
 
こうやって進んできたといえると
 
私は ざっくり 考えます
 
そして 後へ 残したり 伝えたり
江戸の曲独楽が衰退した現実と
今置かれている 曲独楽の製作者不足のこと
 
何の為に 曲独楽を残そうと考えるのか
私が 曲独楽に一生を賭ける想いとは どんなことなのか…
 
などなど
 
こうやって ありがたい事に
JunkStageのライターの皆さんと 同居 (@―@?)して 書いていくと
 
私自身 いまひとつ 腹の底から納得いかなかった 細かい事色々が
 
気持ちの中から あぶりだされて 言葉として残り
 
今後の活動に どのように 生かしていけるのかを
 
意識しながら 曲独楽と向かい合う事が出来るのです
 
読んでいただいて ありがとうございました
 
今関わっている事にも また 頑張れると思います
 
 
この辺で
おあとが よろしいようで… 
2012/06/29

曲独楽 演技 弓張り 巳也トザイ トォオオザァアアイ

今回は 曲独楽を ご覧頂く時の

舞台での 構えというか

道具仕立てを

解説してみようという

 

またまた 生意気盛りで ございます

 

もうじき 人生五十年にさしかかろうという私ですから

まあ

20代ならいざ知らず

最近はもう

これでもかという状態で

書きなぐっているわけでありまして

 

「巳也が嫌いになっても 曲独楽は嫌いにならないでください!!!」

(以前AKB48総選挙でトップ当選した時に

あっちゃんが言ってたみたいに言ってみました)…わかるかっつ~の

 

ええ さて

今回は

曲独楽を演じるときの 道具との考え方について

錦絵を見た話と 自分の曲独楽のあり方を

★クルクル★からめて ご説明していきます★

 

絵でご紹介しているように

舞台上では 机を置き

その上に 曲独楽 コマを配置していますが

その昔は こんなわけにはいきませんでした

 

いちばん 古い種類の文献とか

一生懸命見てみると

曲芸と一緒に コマを演じていた(かもしれない)

説明は たくさん出てきます

でも

肝心の 情景描写が まったくありません

 

繰り返し書いておりますが またまた説明しますと

曲独楽というひとつの型として

観る側演じる側ともに 成り立った一番最初が

京都 四条河原での

博多の曲独楽師 初太郎(他にも異名がありますが ここでは統一)の

公演を 初演と考えるのが 研究者皆さんの意見です

 

当時の絵も ありませんので

これまた 現場がわからないのですが

 

一番年代が近そうな

市中屏風絵とか 襖絵に 描かれている芸人らしき

演技中の風景を見渡してみますが

どうやら

道具を描きこむ所まで 絵師の神経がいっていないという事で

もっぱら 地面に 箱が置いてある程度です

 

その大きさについても

 

当時 遠近法が確立していないので

今時の大きさ推測は 役に立ちません

 

でも 膝くらいの 箱が 置いてあることに 気がつきました

 

まあ この程度です

 

無理も有りません

当時はまだ 曲独楽師などには小屋を仕立てて公演をする事が許されておらず

この

博多の 曲独楽師の 大評判が

町の人の動員数数万人に及んだという状態を生んで初めて

町の取り締まり上

そして 興行したら儲かるなあという欲

それが両方整ったので

曲独楽も 歌舞伎と並んで 小屋での興行が叶ったわけです

 

※ ここまで 独断で言い切っていますが 合ってるかどうか 私と一緒に真剣に考えてくれる人は誰か居ませんか~?紋也師が亡くなってから、研究者の方と最近接点が無くて寂しいです…。

 

そして

江戸時代後半になり

文化文政に

曲独楽は小屋がけの興行を各地で行い

名人といわれる各芸人を生み

道具も増えて

楽しみ方も

曲独楽だけではなく

曲独楽という題名で興行をするのが

縁起をかつぐ関係もあると思うのですが

その大当たりをとった型を

明治時代まで 続けていく事になるのです

 

曲独楽 コマの曲芸として

興行されていたであろう演目といえば

手妻(マジック・和妻とも、手品とも言い、中でも水芸が有名)

 

(水芸については コマに火をつけて回転させる芸をするのが始まったと同じく

登場したと思われるのですが これは もう少し調べてみたい事です

研究論文で現在の「水芸」の第一人者である

藤山新太郎先生と一緒に書かれているものを

もう少し 勉強してから 私もしっかり把握しておきたい事です)

水芸については ここをご覧下さい 藤山新太郎先生のサイト↓

http://www.tokyoillusion.co.jp/index.html

身体能力の高さを見せる見世物的な芸(バランス芸・つまり玉乗り、綱渡り、竹乗りなど)

 太神楽曲芸(ジャグリング・マス、桶、卵や道具を使って高く積んだり、投げる芸)

力自慢の芸(特に、足芸が派手だったようで、大きなコマや、人、襖を回したりした)

 

それと舞台小道具に関連する事として

特に書いておきたいのは

 

 

見世物小屋としての

作り物の話です

 

和紙という丈夫な素材

竹という強靭なもの

そして 鯨の髭など

知識の楽しい活用としては

現代でもお手本になる 物作りの大事典みたいなものですが

 

明治に近い頃には

平賀源内の技術とか もうすでに 電気仕掛けも登場してきますから

幻燈仕掛けも 結構やっていたのではないかと思います

(これも もう少ししっかり考えようと思います(^^;))

 

それから熊本に 生人形(いきにんぎょう)の職人さん松本喜三郎がいて

たぶん 当時はこういう表現も

曲独楽の中にあったのではないかと

私は考えます

松本喜三郎など生人形については

こちらの↓熊本市近代美術館の記載が詳しいです

http://www.camk.or.jp/event/exhibition/ikiningyou/index.html

 

 

西欧との交流の中で

彫刻とか 遠近法や 宗教モラル 医術の違いなど

そういうものがあって 西欧の人が表現できなかった世界を

庭師は庭に

生人形師は 人形に

芸人は 芸に

 

日本の職人・芸人の技術が やすやすと日常に発揮しているのを見た西欧の人は

どう思ったのでしょうか

 

アメリカの自称興行師は

そういう純粋な芸人の一行を騙して

先に手数料を半額もらい

アメリカ N.Yで数回興行し

その興行収入とともに

ドロン

 

今も昔も

ある程度は 知識を持っておかないと いけないという好例ですが

 

さて

その明治までの 曲独楽の公演では

道端で演技をする 大道芸人と一線を画し

 

様々な 道具を 曲独楽の友として 登場させていきます

 

今に続く 曲独楽の舞台で使う道具

これは

お客さんの数と

見ていただく状態に応じて 軽量化が進んでいきます

明治から大正になると

もう 日常に西欧の感覚が入り込んでいて

髪を結う人も珍しくなっていったくらいですから

寄席にも

その影響が出ていきます

 

興行形式が 曲独楽の江戸の興行で成り立っていたのは

明治の10数年頃までです

 

西欧のサーカス

そして

アメリカやドイツの金髪のダンサーや曲馬に乗る 大胆な衣裳の女性を見に

大勢の人が行くんですから

 

すっかり

曲独楽や日本の芸も

寄席に落ち着いて

芸も洒落の効いた舞踊の動きと

奇抜な電気仕掛けを利用したりして

工夫をしていく時代に突入したのでした

その小道具を 私たちも

受け継いでいる事になりますが…

 

さて 今回も この辺で

お後が よろしいようで…

巳也曲独楽

 

 

2012/06/20

おもしろ 曲独楽1

300年とも 800年とも いろいろな考え方で 曲独楽 コマの曲芸の歴史は語れますが

盛んであった 18世紀から19世紀の

集客ツールといえば

 

この錦絵が 最も多く使われた手段だといいます

 

お客さんである 女性を多く集める事で

男性も 美しい女子目当てで大勢集まるわけですから

そりゃあ 気合でもって

チラシやポスターにあたる この錦絵を製作するという事で

 

絵師も 人気の 国芳が

曲独楽師を 一番たくさん描いている様子です

 

最近 また 資料が整理整頓されているので

日進月歩 調べ物も 要する時間が短くなって有り難い事です

 

梅雨時期の 泥落とし

洗濯物や息子らの 運動靴も

乾かすタイミングが計りやすくて感謝してます

 

さて 今回から その整理整頓の恩恵を 受けて

曲独楽の資料の解説なんぞ

生意気この上なく 開始しました

 

初回は この絵からです

 

モデルは 竹澤藤次 たけざわ とうじ

この人は ものすごく評判が高かった曲独楽師です

 

ここ ボヤキ

松井源水という 富山の薬売りから発生した系列の曲独楽師が

他の商品を 販売する本業の 客寄せとしての大道芸ではなく

舞台の芸人として 磨かれていく流れが おそらくは あるのですが

まだ あまり いつからそうなったのか 記録が何しろないもんですから

錦絵が多く出回ってくる

この頃の資料しか残っていないので

 

松井源水が 大岡越前とタッグを組む以前の活動を

知ってる方がいたら 教えてほしいです

 

豆知識

さて この竹澤藤次の芸ですが

これは 長煙管を使っています

煙管といえば 現代での悪者に仲間入りしつつある

タバコの友達です

しかし ちょっと前には アヘンを吸引するのにも 使われていました

洒落人が 長い煙管を競って作った遊びも

江戸にはあったのですが

このアヘン煙管は 危ない方の遊びです

曲独楽には もちろん 安全な煙管を使っていますので

安心して下さい

 

アヘン、麻、これはモルヒネを含んだ毒にも薬にもなるものですけれど、

 

文化が違う国を 武力以外で制圧する時の方法として

 

子供の洗脳

宗教

嗜好品に常習性のあるものを ばらまく

 

のような事がありました

 

あと お金に当たる 価値を 粉々にして 社会を混乱させるのも よく使われる手です

アヘンも その手段に使われた 怖い 歴史があるので

それを思わせる 長煙管であります

 

ところで

 

諸外国が 他国の脅威に始終神経を働かせて行動しているのに

日本は 江戸時代も安定していた頃には

豊かになった町民が 旅をして回ったり

寺子屋で 読むことを覚えて

女性でも 小間物やが持ち込む黄表紙の色っぽい話や

連載マンガの原型本を 読めるようになり

 

三味線や琴を習ったり

芝居に凝ったりして

それぞれが自分の好みで 身の回りを楽しむ世が完成していって

お金をだしてもいいから

珍しいもの 人と話す時の 楽しい話題を探して

いわば オタク文化の元の気風が 江戸市中には あふれていったのでした

江戸時代というのは 四方を海に囲まれた日本の

楽園の実体化

でもあったかなと ちょっと 考えました

 

そういう中での 曲独楽の舞台化でありますから

そりゃ もう いろんな要素を入れ込んで 芸を作っていきます

 

町の話題を芝居にしてみたり

作り物、という楽しみもその中に入ってきます

藤つるや 竹で編んで骨組みを 形にして

まわりに紙を貼っていき

大型の舞台効果も 製作していた様子です

もともと

提灯や傘を 竹と紙で作ってきたのですから

各村や町単位に 必ず居なくてはならない種類の手わざですので

腕のいい人が 専業化していったのは

容易に想像できます

竹 紙 木 着物 漆

こういう 素材が

全国から 集まってこそ

この曲独楽の公演も出来るのでありました

 

宅急便とか 航空便があるなら

遠い所の品が 目の前にあっても おや

ぐらいで済むでしょうが

 

どうにも すごい話です

 

日本の 技術のすさまじさを 今に残すって大事だぞと

本当に思います

 

ところで 曲独楽のこの絵の芸は

煙管の棒の部分で

回転する独楽を操作している芸です

いくつか 煙管の形状を利用して

バリエーションがあります

やっていても 動きがその度に 微妙に違うから

発見もあって本当に面白い芸です

 

私たち三増流の場合 投げてコマを回します

これは 集客数の増加により

曲独楽師も道具を替えて対応して

早い 上手い を実現してきた形のひとつですので

 

江戸のお座敷芸のような

お客さんが膝同士温めあう場面では この道具は使いません

ご要望により 特別にすることも可能だけれど

危険な芸をして物が壊れても

保険がおりませんので

やめてくださいね

 

この芸の準備として

3Mの麻縄を自分用に乾燥した麻のたばから曲独楽に合わせて作りますが

 

正月の神棚によくある 縄の飾りみたいに

よって作っていきます

 

自慢させて

これが 実に美しいので

紋也師匠に習ってからというもの

愛媛の伊予ちょんがけ名人の右紋さんにも

更に素早く出来る作り方を教えていただいたりして

DIYで手に入る種類のロープとは比べようがありません

 

てな具合に 投げ独楽を演じる時に

思い入れをつい 舞台上で つぶやいてしまう

このあいだは 気が付いたらこの話だけで

10分話してしまった…(^-^;)

自慢にならない…

 

ところで

最近は投げる曲独楽を 趣味で製作者さんから購入した方が

紐が無いと 嘆いているのを聞いた事があります

 

どんな紐でも 投げることは出来るんですが

 

曲独楽に 慣れているかどうかが問題なわけで

 

怖がって投げたら 練習になりませんし

とりあえず言える事は

 

貴重な曲独楽を 投げる前に

 

まず 他のものを投げて練習することを薦めます…

 

こういう風に

自分に合っているやり方という事が実は意外と気がつかない…

 

オカメハチモク

 

身近な人の 見たままの 一言を 参考にするのを また 薦めます

 

日本の趣味人というのは

 

本当に文化の高い素晴らしい事のあらわれなのだから

 

決して 恥ずかしがらずに 交流を 楽しみましょう

 

もし この芸を 投げる独楽で 楽しみたいのでしたら

得意な趣味とかスポーツで体得している動きを

一度取り入れてお試し下さい

 

今回は こんなところで

お後がよろしいようで

曲独楽 要留め 巳也画