Home > 世界で活躍、日本人シンクロスケーター

2015/04/12

ご無沙汰しておりました、シンクロのみわです。

仕事で年の半分近くを海外で過ごした今シーズンは、
ブログを休載し、シンクロの勉強も中断せざるを得ず、心苦しい一年でした。
再開させていただき、有難い限りです。

4/10(金),11(土)とカナダ・ハミルトン で開催された
世界シンクロナイズドスケーティング世界選手権を観戦してきました。

2015世界選手権 看板

日本チームはもちろん、海外チームで活躍する日本人選手らが5人も出場するので、
これは観なければ一生後悔すると思い、チケットを無理やり購入。

(仕事との調整がつくか最後まで不安でしたので、直前まで誰にも言えずじまいで、
現地で突然お会いした皆様はびっくりさせてすみませんでした。。。)

日本チームは、東京シンクロが全日本不出場。派遣の決まった神宮アイスメッセンジャーズグレースが出場、12位。
1位:カナダ1、花本悠さん、5位:スウェーデン1 木内千彩子さん、6位:カナダ2 内田靖子さん、
7位:アメリカ1 小川真理恵さん、10位:ドイツ 橋田佳那さんが出場。

内田さんはカナダ初年度でショート出場。
みなさん、両方滑っているところをしっかり目に焼き付けてくることができ、うれしい限りです。

今回は、順位やニュースの速報まで。

■CBCのニュース Nexxice 早速出てました。花本さんの名前も載ってます。
http://www.cbc.ca/sports/figureskating/canada-s-nexxice-in-1st-at-world-synchronized-skating-championships-1.3029188

■国際スケート連盟の結果のページ
http://www.isuresults.com/results/wcsys2015/

2014/03/31

世界フィギュアに湧いた先週末。いよいよ今週末は世界シンクロ。
日本チームの活躍は元より、世界で活躍する日本人がどんな滑りを見せてくれるか楽しみです!!

世界フィギュアは、こんなにも世界に注目されるものなのかと、集まる人々の多様さに驚かされました。
日本でいつか世界シンクロを開催できたら。。。シンクロスケータ関係者はみなずっと望んできました。
これの2倍の選手数をハンドリングするだけの組織力がなければできませんよね。

多くのスタッフとボランティアが支える巨大スポーツイベント。
輝く選手の存在あってこそですが、ようやくそういった存在に助けられてシンクロのワールドも
多くの国々で開催されてきたんだなあと、肌身で感じられるようになりました。

選手の皆さん、輝いてきてください!!!

1060f906537a11e3a0060ea01cc2c0a1_8 (1)

2014/01/10

RedSoxのホーム、フェンウェイパークに作られたスケートリンクで
シンクロナイズドスケーティングのエキシビションが1/13(月)行われるとのこと!

全米男子チャンピオンや、全米クラスのペアスケーターらと共に、世界銅メダリストのヘディネッツも出演。
朝8:30開始と朝早いのですが、シンクロナイズドスケーティングが一般の方の目に触れる
絶好のチャンスで、企画した方々に大絶賛の拍手を送ると共に、小川選手の活躍が本当に楽しみです!!

スケート場がフェンウェイパークに設営されるのは初めてで、期間は2週間ほど。
ホッケーやそり遊び?といったスケート競技で利用されるようです。

Red SoxのFBページから詳細をどうぞ。

1524615_10201275326757637_870601427_n

2014/01/06

日本を飛び出し、世界トップクラスのチームで研鑽を積む
日本人シンクロスケータがいます。順番に紹介していきましょう。

今回は、カナダ・トロントで活躍する花本 悠(はなもと ゆう)選手。

1525229_10152090369633363_1699095849_n

ここ数年世界選手権で圧倒的な強さを誇るカナダチーム NEXXICE(ネクシス)。
このチームに、日本から果敢に挑戦した花本選手。(写真2列目左から2人目)
最初は、シニアチームのトライアウトでペンディング扱いとなり、2軍で練習をしていたとのことですが、
練習に励む彼女を見たコーチが、「シニアチームの夏合宿に参加しないか」と声をかけ、
その後ますます練習に励んで、なんとシニアメンバー入りを果たした、ガッツある選手です。

チームのFacebookページはこちら

いよいよシンクロもシーズンイン。
北米、ヨーロッパ各国で大会が毎週のように行われています。
花本選手、小川選手、木内選手が活躍する大会情報を発信していきます。
競争の激しいシンクロ強豪国で、日本人がどこまで通用するのか?
彼女らはスタメンを勝ち取れるのか?
言語も生活環境も慣れない環境で、頑張っていることと思います。
頑張れ、日本人シンクロスケータ!!

2013/12/08

スパイラル

木内選手が所属するスウェーデン強豪チーム、Team Surprise。
オーストリアでの合宿風景がとっても美しいのです!
こんな大自然の前で、ダイナミックな技が一枚の写真におさまっている様子は、ため息が出るばかりです。

Instagram で Team Surpriseをフォローすると、毎日素敵な写真がアップされるのを楽しむことができます。
こちらのブログでは、ピックアップ版を紹介していきたいと思います。

2013/11/30

「2013 Boston Synchronized Skating Classic」に小川選手出場!!

ボストンスケートクラブ所在地は、2013世界選手権の際、練習リンクになっていたところで、
Team Excelという地元のチームがあります。
そこで開催されるシンクロの大会は、競技開催期間は1日ですが、出場カテゴリが19。
とんでもない数のチームがあるわけですね。

2013 Boston Synchronized Skating Classic

ヘディネッツチームはずば抜けた点数をたたき出し、優勝! 
映像が確認できないのでわかりませんが、写真の感じだと出来のよい演技だったのではないでしょうか。

競技カテゴリと結果の一覧はこちら。

さて、日本では11/22に滋賀でレイクカップという大会が開催され、シンクロが5チーム参加しました。
日本で開催されるこの時期の大会で、この数のチームが出場したことはめでたいのですが、アメリカとはくらべものになりません。
同時期に、karamazoo Kick Off という、こちらもシンクロの大会が開催されており、期間は3日間、117チームの参加とのこと。

いやー、規模が違います。何とかして見習って日本もチームを増やしたいところです。

2013/11/19

小川選手の所属するアメリカチーム、ヘディネッツがTV番組オーディションを受けたということで、
そのオーディションの様子がブログに載っています。

スケート靴をはいて、でも、リンクのない通常の屋内で宣伝してきたんですね。

たくさんの面接等を経て、リアリティールームで、プロデューサーに何か芸を見せなさいと言われて、
リフトをするくだり、シンクロを応援する一人としては、「これでシンクロがもっと日の目を見るかもしれない!」
と心沸き立つものがあります。

記事はこちら

シンクロ・プロモートのチャンスとして挑戦するチームのスタンスがあっぱれです。
オーディションに受かれば2月オンエアとのこと。楽しみです!!

2013/10/31

世界で活躍する日本人選手シリーズ。今回は木内選手の紹介記事を紹介します!

スウェーデンのフィギュアスケート事情は、あまり知られていないところで、
木内選手の練習の様子は想像するのも難しいわけですが、
こちらの記事では、豊富な写真とインタビューで、世界を舞台に華々しく活躍する
彼女の様子の一端が垣間見えるようです。

記事はこちら

Team Surprise

Team Surprise

2013/10/04

アメリカ ボストンで活躍する小川選手が、エキシビションに出演します!

第43回 An Evening with Champions!

10/6(土) 19:00から
10/7(日) 15:00から ※小川選手出演

場所:the Bright Hockey Center in Allston (ハーバード)
Harvard Athletics Complex and Bright Hockey Center
65 North Harvard Street, Boston

料金:通常$25

詳細はこちら

癌撲滅のチャリティイベントのようで。ハーバード学生により運営されているとのこと。
ワールドクラス、オリンピッククラスの選手らが集うゴージャスなエキシビション。
前回は、キム・ヨナ選手も出演したのですね、写真が出ていました。

残念ながらボストンまでは行けませんが、小川選手の出演も確定しているとのこと、
チームや彼女のFBを覗きにいくのが、とても楽しみです。

YouTubeより小川選手所属ヘディネッツチームの過去のインタビュービデオ ”CN8’s Broadcast of An Evening With Champions – The Haydenettes Synchro Team”

2013/09/26

日本を飛び出し、世界トップクラスのチームで研鑽を積む
日本人シンクロスケータがいます。順番に紹介していきましょう。

今回は、アメリカ・ボストンで活躍する小川 真理恵(おがわ まりえ)選手。

OgawaMarie

アメリカはシンクロナイズドスケーティング発祥の地であり、長い歴史を持つチームが多くあります。
(シンクロ自体が1956年から始まったとされているので、長くても60年程なわけですが。)
小川選手が所属するのはヘディネッツ(Haydenettes)という、全米選手権で21回優勝(1984年から)してきた強豪チームです。

Wikipedia(英語)

世界選手権では。ここ数年ブロンズメダルを連取。これからますます注目したいチームです。

小川選手は、日本の神宮IceMessengersGraceのチームでシンクロを始め、2011ー2013の2シーズン世界選手権に出場。
シンクロにのめり込んだ小川選手は、ヘディネッツチームのオーディションを受け、見事合格。
まだまだレギュラー争いもありますが、今後の活躍が楽しみです。

★チームサイト 小川選手紹介

★小川選手出演 Xperia CM

Next »