« 雑誌掲載のお知らせ | Home | 日常の写真 »

2010/10/03

8月だったか、母に「家に現像してないフィルムがあったら送って」と言って
カメラに入ったままのフィルムも、巻き上げて送るように言いました。

それがあるとき、荷物と一緒に送られてきたのですが、
中に1本、見たことのないフィルムが。
わたしは10年前から写真をやっているのですが、
1度も使ったことのないフィルムでした。

何が写ってるんだろう?と、どきどきしながら、
写っていない可能性もあるので、同時プリントではなく
現像だけしたのです。

ネガを受け取って、家で見てみると、
なんと、今25歳の弟の、
七草祝い(地元の、七五三みたいなもので、男女とも数えの7歳でやるお祝い)
の写真が写っていました!

なんと20年前の写真。
自分も子どもで、祖父母や、曾祖母なんかも写っていて
本当にびっくり!
感動して、ちょっと泣きそうになってしまいました。

結局、実家に送るためにプリントしたのですが、
お店の方も、こんなにきれいに残っているなんて、と
驚かれていました。

写真って、フィルムってすごいなぁ、と思いました。
ずっと、残ってほしいな。

2992.jpg

2010/10/03 01:21 | 写真のこと | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.