Home > 7月, 2010

2010/07/23

20100722_1760150.jpg

22日から、記念すべきVOL.20が配布スタートになりました!!
撮る人はLOST IN TIME海北大輔さんです!!

以下、配布場所です。(7/22現在)

【東京・下北沢】 
下北沢CLUB Que
下北沢GARAGE
ライトスタッフ(美容院)
【その他東京】
渋谷7th FLOOR
渋谷Lush
渋谷HOME
COKAGE(東松原)
monogram(学芸大学)
ポパイカメラ自由が丘店
LomographyGalleryStoreTokyo(南青山)
カメラのキタムラ渋谷買取センター(3F)
吉祥寺STAR PINE’S CAFE
吉祥寺曼荼羅
MANDA-LA2
南青山MANDALA
ROCK JOINT GB
吉祥寺スタジオ・レダ
吉祥寺スタジオαベガ
 【千葉】
千葉LOOK
【埼玉】
STUDIO CHIKO(川越)
HEAVEN’S ROCK熊谷VJ-1
【神奈川】
ポパイカメラみなとみらい店
Spool(平塚)
【栃木】
HEAVEN’S ROCK宇都宮VJ-2 
【北海道】
musica hall cafe(札幌)
【名古屋】
今池HUCK FINN
名古屋CLUB ROCK’N'ROLL
 【大阪】
R Cafe(中崎町)
福島2nd LINE
心斎橋AtlamtiQs
十三FANDANGO
digmeoutART&DINER(西心斎橋)
南堀江CELL BLOCK
TOWER RECORDS梅田大阪マルビル店
【神戸】
Barチューリップハット 
太陽と虎
I’ma
【京都】
SOLE CAFE
京都nano
【和歌山】
FREE PAPER CAFE
【福岡】
TOWER RECORDS直方店
【熊本】
orange
【沖縄】
JET RAG

※注意
ご担当者様のご不在や定休日などにより、配布が遅れる場合があります。
もしなかったら、スタッフさんに聞いてみてください。

都内は今日・明日にはまた増える予定です。
8月になりますが、仙台でも配布予定です。
配布場所は、こちらで随時お知らせしていきます。

よろしくお願いします!

それにしても。
海北さん登場、うれしいです!!ほんとうに!!きゃー!

だって、始めた頃には想像もしなかったですよ、
海北さんに出ていただけるなんて。
でも、記念すべき号に出ていただきたい、好きなミュージシャンを考えたら
海北さんだったんですよね。

でもライブで一方的に見てるだけで、もちろんお知り合いでもないし
個人のフリーペーパーに出ていただけるのか??と
どうしよう、とすごく悩んだのですが、
言うだけはタダだ、とダメもとでマネージャーさんを紹介していただいて。

一生懸命想いを伝えた結果、実現することができました。
だからもう、本当にうれしくて。
想いは伝わるんだな、と思えました。

今回はVOL.20ということで記念に2000部発行。
ぜひたくさんの方に見ていただきたいです。
おかげさまで配布場所も少しずつ増えております。
よろしくお願いいたします!

先日のラジオも、いろんな方に聴いていただけたようで、
恥ずかしいけどうれしかったです。
J-WAVEのHPにもご紹介いただいてます。
FIND TOMMOROW」7/14放送分です。よろしければ。

ああ、写真が撮りたいなー。

2010/07/11

先日、J-WAVEの取材を受けてきました。
偶然の出会いから、お話をいただきまして、
写真と人」のことを取材していただきました。

10分番組の中で、写真と人の話をあれこれと・・・。
どういう感じにオンエアされるのか、楽しみ!

オンエア情報はこちらです!

◆7月14日(水)のランデブー 15:35〜
「FIND TOMORROW」のコーナーでオンエアだそうです。
http://www.j-wave.co.jp/original/rendezvous/

平 日昼間ですが、聴けるよーって方、よろしくお願いします!
わたしは後日CD-Rをいただくので、それまでのお楽しみです。

ああ、 ドキドキ。
自分の声が電波に乗るなんて、やばいですね。笑

でも、とても楽しかったです。
まさか自分がラジオに出演するなんて思いもしませんでしたが
「フォトロック」出演後だったこともあり、
これは言わないと、ということも整理できて、
いいタイミングで取材が受けられたと思います。
つくる上でのこだわりや気持ちが、少しでも伝われば。

現在、VOL.20を絶賛制作中!
折り作業をがんばっております。大変ですが、、がんばります。

2010/07/02

写真を始めて10年になりますが、いまだにわからないです。

「いい写真ってどういう写真なのか」

これは何にしても言えると思うのですが、
結局は見る人の好みじゃないかと。

例えば音楽にしても、今売れている音楽がいい音楽かというと、
必ずしもそうではないと思うのです。
好みは人それぞれ、いいと思うかどうかも人ぞれぞれだなぁ、と。

だから、自分が写真を撮る上では、
誰にとっていい写真か、というのを大事にしています。

例えば作品だったら、自分の好きなように、
自分がいいなぁ、好きだなぁと思える写真を撮ればいいし
仕事だったら、依頼してくれたその人の、
描いたイメージ以上を目指すべきだし。

なので、いい写真ってこういうもの、というのは
わたしには一言では言えません。

なのでまずは、自分が満足のいく写真を撮るよう心がけています。
それって当たり前のことですけど・・・。
自分がいいと思わないものを、人がいいと思ってくれることなんて
そうないですからね。

わたしは、気持ちが前面に出た写真を撮りたいと思っていて
とにかく、好きだよーっていう、そんな気持ちがあふれ出ちゃってるような写真。
そういう写真が撮りたいです。

とにかく1番大事なのが気持ちで、
それから場所とか構図とか、考えればいいって思っています。

わたしは目の前の光景を切り取る感じの写真が得意で、
何かを表現しようとか、絵を描くような写真は撮らないので
伝えたいことがあるとしたら、その被写体への気持ちくらい。
気持ちが何も伝わらない写真は、どうしようもないと思っています。
だから今の自分にとって「いい写真」は、
気持ちがある(写っている)写真です。それが伝わる写真。

たまにぼけーっと、なんとなく撮ってしまうことがあるのですが
ちゃんと、心が動いたときに撮らなくちゃなと思います。

仕事の場合は、依頼してくださった方のイメージや希望を聞いて
そこを目指しつつ、自分らしさも入れる、という感じです。
簡単なことではないですが、依頼してくださった方に喜んでいただけたときは
とてもうれしいです。
またがんばろー!いい写真撮るぞー!写真うまくなりたいぞー!
って思います。

・・・いいとかうまいとか、よくわからないけど使ってしまう表現ですね(笑)

今月「写真と人」のVOL.20を発行するのですが
その中で、自分で見てうれしくなっちゃう写真が撮れまして。
そんな写真、もっと撮れるようになりたいな。

VOL.20については、またお知らせします!