« | Home | »

2010/04/25

アウトブレイク
【OUTBREAK】1995年。

私にとってこの映画は“ダスティン・ホフマン【Dustin Hoffman】”の映画。
79年のクレイマー、クレイマー【Kramer vs. Kramer】でも、88年のレインマン【Rain Man】でもなく。
82年のトッツィー【Tootsie】は大好きで良く見たけれど、
ホフマンだったからではなくストーリーが良かったから。

アウトブレイクのホフマンは、なんと言ったらいいのか、
演じる陸軍軍医ダニエルズ大佐【Colonel Sam Daniels MD】の人柄が本人に近く見えた。
早口でまくしたてる話し方や、ジョークを小刻みに入れ、
そして筋肉を動かさずに声だけで感情を表現するところとか。

本人に会ったことなどむろんないのだけれど、とにかく演技には見えない
その本質っぽいイメージが好印象で、勝手に私の中のホフマン像に決定した。

この映画、そんなにドラスティックなストーリーでもなんでもない。
未知のウィルスがアフリカからアメリカに持ち込まれ、それを食い止めようとするダニエルズ大佐。
その裏では、病原をつきとめるよりも数年前の隠された事実を隠蔽する為
町一つを破壊しようとする上官。

ホフマンが出るシーンではないが、ストーリー中盤、
このウィルスがアメリカ全土に広がるのを食い止める為、
住民もろとも街を破壊すべきかどうかが論議されるシーンはなかなか見モノだ。

+++
権威ある専門学者に完備した実験資料を提示させ
“一掃作戦以外に道はなかった”と証言させること
…I want an army of experts citing thousands of lab experiments…
…telling the media there was no other way!
+++

確かにその通りだけれども、人の命の重さって量なのかだろうか。
けれど、集団や国を治めているヒトにとって、
その選択肢を迫られる時があるのだろうと思うとすごく怖くなる。
自分ゴトにしかできないけれど願わくはそのような選択を迫られる時が来ないことを祈る。

余談だけれども、ダニエルズ大佐の同僚ケイシー【Casey】役で
ケヴィン・スペイシー【Kevin Spacey】が出演している!
95年と言えばユージュアル・サスペクツ【The Usual Suspects】で主役を演じた年。
何度も見ていた映画だったのに、全く気がついていなかった。

2010/04/25 11:24 | movies | 3 Comments

Trackback URL
Comment & Trackback

[…] “ダスティン・ホフマン【Dustin Hoffman】”の映画は『アウトブレイク』と思っているけれど 恐らく彼を初めて知ったのは、年代的にこの映画と思う。 […]

[…] ーエンディング・ストーリー【The Neverending Story】の映画化版や コラムにも書いているアウトブレイクを手掛けている。、 結局自分の好みの作品はどこかでつながっているモノなんだ、と […]

[…] 1995_アウトブレイク【OUTBREAK】】_ダスティン・ホフマン【Dustin Hoffman】 […]

Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">